KATO CSナックルカプラーを試す

KATAのCSナックルカプラーを調達。
d0147534_20544007.jpg
なぜこれを選んだかというと「在庫があったから」。。。
オールマイティな形状のカプラーベースではないけど、カプラーポケットをアレンジすれば何とかなるかも


手始めにT社のコム。カプラーNに交換していましたが、二軸貨車だと連結車間の広さが目立っていました。
d0147534_21062600.jpg
車間短縮のために軸位置を赤丸まで下げます。


軸穴をあけて1mmの丸棒を通す。
d0147534_21114049.jpg
カプラーポケットの奥の壁を撤去し0.05mmの真鍮板を取り付け板バネに。CSカプラーの特徴?お尻の三角状の突起を押すことで、カプラーが閉じるように。


組み立て完成。
d0147534_21232552.jpg
カプラーN同士8mmの車間が約半分の4mmに。なかなかイイ感じ。


800円でLEDライトを調達。
d0147534_21264328.jpg
百均調達のブックエンドに取り付けて工作用のライトにしたり、
d0147534_21274014.jpg
撮影用のライトにしたりと便利便利。

[PR]
# by miki6375st | 2015-06-08 21:28 | 貨車 | Comments(0)

ポイントのカモフラージュ

ポイントにもレール塗装してバラストを敷設。
と、、、気になるのは切り替えレバーの存在。
d0147534_13165876.jpg

で、カモフラージュ作戦開始。レバーの頭を少しカットし、そこへ0.5mmのプラ板と2mmの角帽で蓋をします。プラ板の長さはレバー部が稼動しても穴が見えない長さに。
d0147534_13195134.jpg
突き出た金属線はカットしたレバーの頭とプラ板の接着を強固にするためのジョイントで、固着後ツライチでカットします。


KATOの線路アクセサリーの転てつ器をちょいと加工してダルマ式に。
d0147534_13231867.jpg

バラストと塗装でお化粧しカモフラージュ工作終了。
d0147534_13262906.jpg
レバーを稼動すると
d0147534_13265409.jpg
転てつ器の位置がずれますが・・・このへんはご愛嬌。。。
d0147534_13283401.jpg
d0147534_13284565.jpg

[PR]
# by miki6375st | 2015-05-17 13:29 | レイアウト制作 | Comments(0)

フィーダー線をつくる

外周複線の線路周りのバラスト施工が終了しました。
毎日コツコツではなく、気が向いた時にボツボツやって工期は約1ヵ月。

で、線路固定に向けての最終段階としてフィーダー線の敷設工事。
エンドレス約8mの3ヶ所に給電を施工していきます。

ホームセンターで調達してきた電線が0.6mmの銅芯線だったので、ジョイナーの中央に0.7mmの穴をあけて
d0147534_20454859.jpg

先端をL字に曲げてジョイナーに直接電線をハンダ付け
d0147534_20472691.jpg

電線が結構硬いので折り曲げておけばジョイナーの金属部がプラ接続部から浮き上がることもなし。
d0147534_20481821.jpg

フィーダー線は延長用の銅芯線とKATO製品のリード線をハンダ付けして、熱収縮チューブで絶縁。
d0147534_20550928.jpg

外周複線は8mのエンドレス。給電箇所が3ヶ所にしたことで、スピードが早くなったり遅くなったりがなくなって、スローでも速度が一定で安定してきました。
d0147534_20585678.jpg

[PR]
# by miki6375st | 2015-05-11 21:08 | レイアウト制作 | Comments(0)

車止めとバラスト撒き

0.5mmのプラ板で囲い板。バラストを盛る部分はカネライトで上げ底。
d0147534_21534417.jpg
バラストはKATOの茶色と濃茶をブレンド。
d0147534_21560506.jpg
d0147534_21561908.jpg


レールの塗装が終わったので、バラスト撒き作業開始。
レイアウト部屋に詰めての作業ではなく、別の部屋で少しずつ取り外してはテレビを見ながらちまちまとやっていきます。

なので本やネットで紹介されている撒き方ではうまくいかないことも練習作業で出てきたので、こんなやり方で進めることに。
d0147534_22295451.jpg
まずは4倍に溶いたスーパーフィックスをスポイドで滴下。
d0147534_22304323.jpg
KATOのバラスト茶色と儂茶を1対3でブレンド。
d0147534_22332075.jpg
一枡分の量をすくって、撒くというより繰り返し繰り返し置いていく感じ。
d0147534_22364415.jpg
その上から再びスーパーフィックスを滴下してドライバーの先でならしていき、
d0147534_22374971.jpg
仕上りがこちら。
d0147534_22414793.jpg
d0147534_22420293.jpg
さらにレール外側の枕木間にも同様の作業を。バラストは耳かきの先ですくって。
d0147534_22452166.jpg
ここまでの作業時間はテレビを見ながらぼちぼちをやってレール長50cmで1時間半ぐらい。


[PR]
# by miki6375st | 2015-04-10 22:54 | レイアウト制作 | Comments(0)