<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トンネル山とポータル

カネライトを継ぎ接ぎし木紛ねんどでパテ埋めしたトンネル山がある程度の形になりました。遠目や俯瞰でみると取ってつけたようないびつな形ですが。。。
d0147534_21132064.jpg

トンネルポータルはGMのローカル単線用を使用する予定でしたが、電車やELが通過するには高さが足らず、R348に設置するので左右も窮屈。ということで1.2mmのプラ板をベースに自作することに。
d0147534_21220829.jpg

木紛ねんどを盛ってデザインナイフの刃先で模様をつけて石積みの表現を。
d0147534_21222759.jpg

トンネル側面はカーブトンネルなので丸めたボール紙では造作が難しそうなので、カネライトの端材で。
d0147534_21254743.jpg

トンネル内側にも木紛ねんどを盛って石積み表現を施しました。
d0147534_21311301.jpg
d0147534_21335638.jpg
d0147534_21341811.jpg

レイアウトに設置してみます。
d0147534_21343285.jpg
d0147534_21354168.jpg
アップで見るとアラが目立ちますが、今後塗装や仕上げでごまかしていきましょう。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-31 21:40 | レイアウト制作 | Comments(0)

木紛ねんどを試す

百均で調達してきた木紛ねんど。
d0147534_21115797.jpg
発砲パネルの隙間を埋めるための「パテ」代わりに使用していましたが、使い勝手をいろいろと試してみます。
d0147534_21142168.jpg
地形にデコボコ感をつけるため爪でむしり取って。むしり取った発砲パネルのかけらを木紛ねんどと合わせて
d0147534_21205506.jpg
崖の一部にくっ付けてみました。
d0147534_21212856.jpg
落石跡のような感じになりました。木紛ねんどは喰い付きが悪く表面乾燥が早いので少し水を含ませてゆるくしています。



下地材だけではなくて表面材として利用できないかとまずは岩石を試作。
d0147534_21250403.jpg
指でねんどを馴染ませて歯ブラシで仕上げました。
d0147534_21273189.jpg
今度は岩肌を。
d0147534_21313738.jpg
赤丸の部分、くしゃくしゃにしたアルミホイルを押し付けておおまかなデコボコをつけて歯ブラシで仕上げてみました。いろいろと加工方法探っていくと使用範囲も広がりそうです。ただ今後、伸縮やひび割れがあるかどうか。

30分ほどで表面が乾燥し形状を維持してくれます。2〜3日もするとしっかりと硬化します。汚れないし支度も片付けもいらない便利な素材です。ただ使いくさしのねんどは乾燥しないようにジップロックなどで保管しないと。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-24 21:57 | レイアウト制作 | Comments(0)

気が変わりました

気が変わって、トンネル山を撤去しました。
d0147534_18085579.jpg
R718のS字カーブをトンネルで隠してしまうのはもったいないなという思いで。
d0147534_18125439.jpg
で今度は小さな山を作って複線の片側だけトンネルに。もう一方は落石防護柵でも。
d0147534_18160506.jpg
d0147534_18161989.jpg
トンネルの全長が短いので今度は点検窓は設けずに。
d0147534_18174715.jpg


海ゾーンの絶壁エリア。
d0147534_18193018.jpg
カネライトでおおまかな地形成形。
d0147534_18204243.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-05-22 18:21 | レイアウト制作 | Comments(0)

段々畑の成形 & 山の覗き窓

高台の一件農家。手前に段々畑を配置して高台までのアプローチを形成していきます。 朝の連ドラの「はな」の実家が以前から漠然とイメージしていた情景に近いものがあったので、イメージの輪郭がはっきりしてきました。 カネライトを使って工作。
d0147534_09530533.jpg
地形の調整は木紛ねんどを使って。
d0147534_09565744.jpg


すぐ横のトンネルのある山ですが
d0147534_09572927.jpg
全方位鑑賞型のレイアウトにしたいので、山に断面の壁を作らず、覗き窓は「はめ込み式」にしてはめ込み部も緑化していく予定です。
d0147534_09580868.jpg
ただどうやって抜き取ったりはめ込んだりするか。隠し取手でもつけようかと、、、方法を模索してみます。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-17 10:04 | レイアウト制作 | Comments(2)

ありえない???

ネットで木造の橋を検索していたところ、目が釘付けになる橋を見つけたので早速工作開始。素材は3mm丸の竹ひご。
d0147534_21062990.jpg
簡単な図面を元に組み上げて
d0147534_21080737.jpg
竹ひごの表面がツルっとしているので、古木の丸太に見えるように接着剤をまだらに塗ってデコボコ感を。
d0147534_21115336.jpg
組み上げました。
d0147534_21143685.jpg

経年劣化した古木に見えるような色に塗装。
d0147534_21160466.jpg

塗装するとデコボコ加工の効果が目立ってきました。
d0147534_21200493.jpg
ただアップでみるとチョコ菓子の「小枝」のような感じ。。。 


さらにパステルで表面を仕上げて
d0147534_21214649.jpg
丸太とユニトラックの道床との隙間に木紛ねんどをつめて
d0147534_21223209.jpg
レイアウトに組み込みました。
d0147534_21242629.jpg
d0147534_21244013.jpg
車両がR315に干渉しないようにするために少し幅広にした分、作りが大きくなってしまったので、山側の窪みを大きく深くしました。
d0147534_21370341.jpg
渓谷ゾーンのアクセントとしてビューポイントになってくれそうです。
その昔森林鉄道だった「遺産」という設定にしていますが、実際の鉄道建設では強度的にありえないのかもしれませんね。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-13 21:42 | レイアウト制作 | Comments(4)

渓谷にワンポイント

渓谷ゾーンの奥まった一角のR315を取り外して
d0147534_14152717.jpg
凹状に切り欠いて地形にアクセントをつけていきます。
d0147534_14171494.jpg


買ってはみたもののレイアウト構想から外れているプレートガータ橋の
d0147534_14222732.jpg
枕木部を使って
d0147534_14235509.jpg
この状態ではR状に曲げられないので、枕木間の補強部を取り除いて
d0147534_14253635.jpg
中抜き加工したR315に差し込みます。
d0147534_14263770.jpg

枕木をタミヤアクリルのハルレッド、レール側面をNATOブラウンで塗装して完成。
d0147534_14274800.jpg
模型的にはこれぐらいのスパンならこの状態でも十分な強度があって車両が通過しても問題ないのですが、渓谷ゾーンのワンポイントになるような橋を自作していきたいと思ってます。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-11 14:36 | レイアウト制作 | Comments(2)

山の制作

カネライトを使って海ゾーンと渓谷ゾーンの間に山を形成しました。
d0147534_17100910.jpg
ちょっと急峻過ぎるかなと思いますが。。。
d0147534_17142744.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-05-10 17:27 | レイアウト制作 | Comments(2)