<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1枚の銅板から

0.2mm厚の銅板。これだけの大きさは必要ないのですが、切れ端として余っていたものです。
d0147534_20373880.jpg

これを半分に折って適当な大きさに切り出します。
d0147534_20381061.jpg
うちのC62-2のスノープロウははDD51の余りパーツを加工して代用していましたが、NHKのSL映像館やBSの鉄道番組をみているうちに、やっぱりこのままじゃちょっと・・・ということで、自作に挑戦してみます。

図面なしの現場合わせ工作。左右の対象は目測で。
折りシロを確保するためにまだまだ仕上り寸法よりもデカイのですが、だいたいの形になってきました。
d0147534_20384075.jpg

工作イメージを描いている時に一番のネックだったのは中央下部のとんがった先っぽの成形処理。裾が「<の字」に広がった形状は普通に折り曲げただけでは成形できない。
中央で分割した左右対称のパーツを接着する方法も考えましたが、微妙な傾斜や角度のあるモノをうまく合うように作ったりくっ付けたりするのはどうもツボりそうなニオイがプンプンするので、1枚成形工法で。
ネックだった裾の<の字曲げは、先っぽに切り込みを入れて双方を曲げて足らない部分は何かで埋めることで凌いでいきます。

曲げたい部分をプライヤーでつまんでL字スケールで曲げてニッパとヤスリで形を整えていくという作業です。
d0147534_2039785.jpg


先っぽの部分はハンダを盛ってヤスリで成形。
取り付け足もハンダ付け。
d0147534_203929100.jpg

裏側はこんな感じ。0.2mmの銅板は柔らかいので折り曲げ角度維持のためにハンダを盛って強度アップしています。舞台裏はちょっと不細工ですが。。。
d0147534_20395249.jpg


仮付けして雰囲気と線路とのクリアランスを確認してみます。
d0147534_20401852.jpg

金属製パーツなので、線路に接触するとショートの恐れがありますが、これぐらい空いていると大丈夫でしょうか???
d0147534_20403868.jpg


先台車との干渉もなさそうです。
d0147534_2041144.jpg


ミッチャクロンマルチ→サフ→GMの黒→半ツヤクリアと塗装工程を終えて完成。
d0147534_20451252.jpg
d0147534_20445742.jpg
d0147534_20444142.jpg


やっぱりコレがないとモノ足りませんね。
d0147534_23463982.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-02-17 20:47 | 蒸気機関車 | Comments(4)

オープンデッキ化工作 終了!

オハ35のオープンデッキ化工作。
ボディ天井部に穴をあけて、0.75mmの光ファイバーを通します。
d0147534_1525404.jpg

天井の形状に合わせようとすると室内灯の導光板のアクリルを台形に削らなくてはなりません。側面を斜めに削るのは面倒なので、2mmのアクリルに1mmのプラ板をくっ付けて凸状にしてみました。
d0147534_15313512.jpg


思いつきの行き当たりばったり工作でしたが、ようやく完成しました。
d0147534_15325867.jpg
d0147534_15351849.jpg
d0147534_1535222.jpg
d0147534_15344892.jpg

行き先サボは、呉線経由の広島⇔三原
d0147534_15373950.jpg


d0147534_15383976.jpg
d0147534_15382794.jpg
台車や下回りにもウェザリングマスターで汚してみましたが、ライトをあててアップで見るとかなりやり過ぎ感が強いですね。目視する分にはそうでもないのですが。。。

d0147534_15431868.jpg
d0147534_1543691.jpg
d0147534_15425585.jpg
d0147534_15424340.jpg
d0147534_15422854.jpg
d0147534_15421615.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-02-12 15:46 | オハ35系 | Comments(8)

まだまだ、こまごまと

只今16連勤中。間には残業も6日ぐらい交えているので、どんよりと体がだんだんと重くなってきてます。なので工作の進行状況はペースが上がらず。。。

オハ35の車端部に雨樋を。
d0147534_20291815.jpg
真鍮線につぶした銅線を巻き付けて
d0147534_20295534.jpg


乗降扉のてすり。0.26mmの真鍮線を曲げて、ミッチャクロンマルチで下処理を。
d0147534_20311024.jpg

接着にはこの前ホームセンターで見つけた接着剤を試してみます。
d0147534_2036975.jpg
売り場のPOPには「めざましテレビで紹介されました」とあって、軟性プラにも使えるというふれこみ。
スーパーXほどねちゃねちゃ感はないようです。
d0147534_20371991.jpg
接着剤の色が白なので使う場所が限られそうですが、ほとんど見えない茶色のボディにあけた0.3mmの穴がよく判別できました。
硬着後は弾力のあるシリコンぽい感じ。周りにはみ出た余分な接着剤もきれいに除去できて、ボディや塗装への影響はないようです。

別パーツの扉の加工。はめ込み用のツメや突起をニッパでカット。厚みのでるガラス窓パーツもはずしてしまいます。
d0147534_20514780.jpg

扉の張り付け状況。
d0147534_20595782.jpg

扉越しビュ〜はこんな感じ。
d0147534_21142.jpg
ライトを照らしてアップで見ると・・・キタナー! アラもめだつし、、、塗装でごまかせるでしょうか?
[PR]
by miki6375st | 2011-02-08 21:15 | オハ35系 | Comments(4)

こまごまと

オハ35の整備作業の続き。
車端部カプラー周りの部品工作。
d0147534_20221918.jpg
0.3mm&0.5mmプラ板や0.3mmのケンタカラーの黒を組み合わせて。
d0147534_2030418.jpg


ジェイズのスエード調を吹かして、シャビシャビのエナメルブラックで軽く1回ウォッシング。
d0147534_20354664.jpg
レボFの屋根上ステップの取り付けていきます。折り曲げて使用する足は、細くて取り扱いが難しく折れやすいので、ハナから切除して、
d0147534_20404652.jpg
0.26mmの真鍮線で足を別パーツ化。
ステップのプレート部と脚部をシャープに曲げるのが難しいし、接着作業もこっちの方が容易のような気がします。
d0147534_20415361.jpg


ベンチレーターはジャーマングレーを塗布した後、薄く溶いたブラックで側面や上面フチ際にグラデーションを。
d0147534_20501187.jpg


ほぐした2本のリード線をよじって
d0147534_20511096.jpg
ホロに取り付けて
d0147534_20521591.jpg
安全鎖の出来上がり。

オープンデッキのはめ込み具合を確かめてみます。
d0147534_20533966.jpg
デッキ壁と車体壁との接続は多少シャープさには欠けますが、、、合格の許容範囲???

デッキ壁と天井には少し隙間がありますが、ここらへんは見えないし、、、よし!としましょう!!
d0147534_20563689.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-02-02 21:03 | オハ35系 | Comments(8)