<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

久々の車両入線

gakuroku.net・岳麓堂さんより荷物が届いています。
C57-135とか14系さくらの話題で持ち切りの中、いまさらですが。。。
d0147534_982035.jpg
30年ほど前、学生時代に帰省の際に新幹線代をうかせようとよく姫路発着の普通電車でお世話になったのがこの湘南色。ただ113系だったかどうかは定かではありませんが。。。
山陽本線を走る普通電車はこれぐらいの短編成の方がイメージに合う感じです。

バスコレの限定発売品をGETしました。
d0147534_983028.jpg
狙いは前々から欲しかったボンネットバス。別に呉には思い入れはありませんが、レトロなカラーリングと製造元がTOMYTECさんという安心感に惹かれて。ボンネットバスが欲しいがための代引き送料込みで2000円弱の出費ですが、バスコレのブラインド販売をまとめて買うことを考えると、こういう選択もありかなと、、、入手しにくいモノだし。。。
私のような思いの方がたくさんいたのか即日完売の大盛況ぶりだったようです。
d0147534_9132886.jpg
レトロな風貌はいいのですが、ちょっと物足りない感じが。。。

ということで、エッチングパーツの外枠を小さく切り出して真鍮線とハンダ付け。
d0147534_9134941.jpg
バックミラーを作ってみます。
[PR]
by miki6375st | 2009-09-28 09:25 | お買い物 | Comments(10)

ここらで、ひと区切り

ワサフ8000タイプへの車体改造工作も大詰めに差しかかったところで、機嫌良く光っていたテールライトが遮光工作をした後、光らなくなるという事態に見舞われてしまいました。その改善策として遮光工作のやり方を少し変えてやってみることに。

パテをマジックで黒く塗りながら練っていきます。前回の遮光作業から、パテの表面にエナメル塗料の黒を塗ること、デッキ部との固着のためにLEDの表面に接着剤スーパーXを使うこと、以上の2工程を省いて、黒くしたパテだけで遮光&固着しようという作戦です。
d0147534_8433772.jpg
先ほどのやり方で検証実験したものが向こうにありますが、特に不具合はなさそうです。
d0147534_8435296.jpg
チップLEDに黒くしたパテを盛るだけでバッチリと遮光できました。
通電も今度は大丈夫!、、、だと思います。

ボディのつなぎ面の平面化もパテ盛り→削りを2〜3回繰り返しましたが、思うほどキレイにならないし、いい加減なところでOK!として、ここらでひと区切り。
とりあえずみやび鉄道風ワサフ8000タイプ、完成です。
d0147534_844231.jpg
d0147534_844610.jpg
d0147534_8441638.jpg
トイレの部分の窓パーツは凸状になっていないので、ボディの厚みの分、引っ込んだ感じになってしまいます。ボディの厚みをカモフラージュさせようと、プラ板を斜めに貼り付けてトイレ窓が開いた状態にしてみました。
d0147534_8443015.jpg
d0147534_853265.jpg
初めての車体改造工作。作業内容も盛りだくさんで初体験の工程には苦戦しましたが、いい経験になりました。
ワサフ8000には程遠い仕上りですが、車掌室付きのパレット荷物車の雰囲気、これはこれでそれなりには出せたかなと。
d0147534_8444094.jpg
d0147534_8445044.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-09-25 08:49 | 小工作 | Comments(12)

テールライトの遮光工作はおいといて、他の作業を・・・

テールライトショック!の不具合の原因は掴めず改善策にも行き詰まったままですが、他の作業を進めていきたいと思います。
まずは接着面をきれいに。
d0147534_9324713.jpg
はみ出した接着剤スーパーXは除去したもののガタガタになっているので、
d0147534_933769.jpg
水分を多めにしてゆるく練ったパテを接着表面に埋めていきます。
屋根のエンドの部分のつなぎの段差が目立つので、ここは練習がてらツライチ化に挑戦していきます。
d0147534_9331035.jpg
ヤスリがけ→パテ埋め→ヤスリがけまで作業を進めました。
これだけの面積ですが平面化は手間はかかるし難しいですねえ。

車掌室の床下部分。H鋼のような構造なのでパテ埋めして平面化。
d0147534_9332874.jpg
カットし過ぎた箇所もプラ板で補修。

テールライトのレンズ工作。1mmの光ファイバーの先を丸く削ってクリアレッドを塗布。5mAのCRDを使っていますが明るすぎるので、サボなどに使っている白いシール用紙を適当な大きさに切り出し二重に重ねて減光対策を。
d0147534_9333913.jpg
減光効果の比較。シールを貼っていない左側はピカーッと明るすぎますが、シールを貼った右側は程よい光量に落ち着いてくれました。

エンドを飾るパーツ類も取り付け。ところどころリード線を捩ったものを解放テコの時の要領で曲げたケンタカラーに巻き付け、デッキ部に穴をあけて接着。これで取付け強度は大丈夫でしょう!
d0147534_9334063.jpg
レボFのブレーキハンドルに0.34mmの真鍮線を差し込みハンダ付け。奇跡的に・・・必要な箇所だけ最低限のハンダを盛ることができました。
d0147534_9335094.jpg
先に床下パーツも取り付けてしまったので、遮光工作でまた失敗すると取り外してやり直し、という情けない工程が待っているんですよね。。。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-09-22 10:00 | 小工作 | Comments(6)

光らなく・・・なった

ワサフ8000タイプへの車体改造工作も電気工事のヤマ場を越えて機嫌良くしていたのですが、テールライトが光らなくなっていました。。。
チップLEDにポリウレタン銅線を配線したところに、遮光のためにチップの周りをパテで被ってエナメルのフラットブラックを塗布しました。
その作業の直後は点灯していたのですが、一晩たったら全く点灯しなくなっていました。
d0147534_8303882.jpg
ショックです。。。
パテで周りを被ったのが悪かったのか、、、エナメル塗料を塗ったのが悪かったのか、、、デッキ部とチップLEDを固着させようとチップの表面に接着剤スーパーXを使ったのがいけなかったのか、、、
既にチップのハンダ付けはやり直して復帰していますが、この一連の遮光作業で何か不具合があったのか検証してみたいと思います。

ついでに失敗作を。手ブレーキハンドルと乗務員ステップの自作を試みましたが・・・
d0147534_8475151.jpg
ハンドルはイビツな形になるし、、、ステップのハンダ付けもうまくいかない。
修行が足りませんね。再挑戦は早々にあきらめて、お取り寄せすることに。
d0147534_837197.jpg
こちらで少々物色しました。ついでにG社のN-238も欲しかったのですが品切れ中!残念!!
[PR]
by miki6375st | 2009-09-19 08:48 | 小工作 | Comments(4)

ワサフ8000タイプ 電気工事&お化粧工作

ワサフ8000タイプへの車体改造工作も切り接ぎの寸法合わせやチップのハンダ付けをクリアして大きなヤマ場を越えた感じです。

プラ板に小さく切った0.2mmの銅板を接着して
d0147534_8445282.jpg
穴を4ヶ所、開けていきます。適当な基板がないのでこんなものを作って代用です。

配線を一ヶ所にまとめて、ウエイトやプラスマイナスが接触してショートしないように、というシロート考えですが。。。
d0147534_845241.jpg
テールライトにはCRD5mA、スイッチングダイオードIN4148を組み込みました。

台車集電がうまくいくのかどうか、チェック。
d0147534_8451259.jpg
いつものことですが、うまく光ってくれると顔がニヤけてしまいます。
テールライトの減光や遮光対策を考えなくてはいけませんが、とりあえず電気本体工事大成功!

デッキ部には手すりがモールドされていますが、これを削り取って
d0147534_8452245.jpg
ケンタカラーで別パーツ化。

その他の手すり類やエンドを飾るパーツ類も準備中。
d0147534_8453274.jpg
これからいろいろとみやび鉄道的定番工作でゴチャゴチャさせていきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-09-16 09:00 | 小工作 | Comments(8)

ワサフ8000タイプ 電気工事の下準備

スニ40とコキフ10000を切り継ぐワサフ8000タイプへの車体改造工作。
車掌室の室内灯の取り付け準備に
d0147534_927465.jpg
室内灯はKATOのチップユニットを使用します。こういう時に使ってやらないと出番がなくてもったいないですからね。導光板は3mmアクリル切り出しました。
窓パーツと屋根は一体になっているので切り離していきます。

パレット荷室の張り付け。1.2mmのプラ板やスニ40の切り取った床下パーツなどを補強材に使ってみました。
d0147534_9271510.jpg
導光板にメンディングテープを貼って減光対策。この状態では見えませんが車掌室内を黄緑色で塗りました。

テールライト工作。エルパラの2012赤色チップと0.26mmのポリウレタン銅線を組み合わせていきます。チップが小さいのでうまくハンダ作業ができるかどうか???
d0147534_9272666.jpg
失敗は最初の2個で済みました。。。この後回路を仮組みして点灯チェックしたところ、見事に赤く光ってくれました。

こんな風に組み込んでいきます。
d0147534_9273660.jpg
レンズは1mmの光ファイバーを使って、チップや配線は遮光と固定を兼ねてパテを盛っていく予定。
[PR]
by miki6375st | 2009-09-14 09:52 | 小工作 | Comments(8)

台車の集電機能工作 やり直し

ワサフ8000タイプ、ならぬ「ウソフ800」への車体改造工作ですが、難題がいくつも立ちはだかっています。
先日、台車に集電機能を取り付けてみましたが、どうも芳しくない。。。
KATOの車輪にTOMIXの集電シューJS21の組み合わせが悪かったのか、テスト用のライトユニットを当ててみると(接触が悪いせいもあるかも)時々光る程度で常灯しません。それにしばらくすると車輪が熱くなってきます。
これは接触不良??? それとも軽いショート???

不具合の検証や原因を追求したりするのも面倒なので、、、使用部品を替えてやり直し。
d0147534_8445992.jpg
KATOの適当な部品在庫がないので、以前ボヤ事件を起こしているトワイライトのスシから車輪と集電金具を部品取り。
ちなみに車輪構造はこんな感じ。両輪を樹脂キャップで絶縁しているようです。

KATOの台車にもうまく溝をきってやればTOMIXの金具、収まりました。
d0147534_845831.jpg
点灯チェック。今度はうまくいきました!! これならショートの心配もないでしょう。転がりもまずまず。

ここからライトユニットへの送電ですが、ウエイトも1枚しかないので
d0147534_845185.jpg
0.26mmのポリウレタン銅線を台車の集電金具に直接ハンダ付けして、ライトユニットに接続する作戦。

パレット荷室の張り合わせ。
d0147534_8452623.jpg
1.2mmのプラ板を補強材にスーパーXで接着。切断面をきれいにしきれないので、少し厚めに盛ってパテ代わりに。。。
アップで見るには堪えられないような仕上がりになりそうな予感・・・・・・
[PR]
by miki6375st | 2009-09-11 08:48 | 小工作 | Comments(8)

ワサフ8000タイプ 床下工作

スニ40とコキフ10000を種車とするワサフ8000タイプへの車体改造工作。
d0147534_931354.jpg
スニ40のをベースに、デッキ部分はコキフ10000のを使いたいと思い、それぞれを切断。

ここで大失敗に気づきました。。。。
d0147534_93233.jpg
床下パーツを切り過ぎてます。まあH鋼構造のような床下部分は、カットするか平面化しようと思っているので、何かで補修する方向で考えておきます。

それぞれの切り口を真っ直ぐにしきれませんが、ウエイトを介して繋ぎ合わせようという作戦です。
d0147534_933335.jpg
テールライトの穴も先に開けておきましょう。

ここでざっくりと組み合わせて具合をみてみます。
d0147534_934314.jpg
側面部分が1mmちょっと長いようだし、車掌室部分もスニ40の床下にうまく収まりきれていません。もうすこし調整が必要ですね。

台車の集電機能追加工作。
d0147534_935229.jpg
金具はTOMIXの集電用を使用。
d0147534_94176.jpg
ピンパイスで適当な穴をあけて組み込んでいきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-09-09 09:26 | 小工作 | Comments(2)

初の車体改造に挑戦!

「ゆうづる」や「能登」の発売予告に心が揺り動いています ^ ^ ;
10系中心の能登はダンボさんとこほどキッチリしたものではないですが、うちにもスニ41以外はそれらしく代用できるモノがあるのでそれで我慢!我慢!・・・という方向で気持ちを静めているところです。。。

前々から温めてきた工作に突入していきます。スニ40とコキフ10000と使って初めての車体改造。
d0147534_8375361.jpg
ご承知のようにワサフ8000もどきに改造しようという思惑です。最大のカベと思われるのが車掌室の窓の違い。これをきっちりとこなすには窓開けや切り接ぎ、仕上げの磨きや車両塗装という私にとっては未体験ゾーンをクリアしなければ。

特に色モノの吹かし塗装が禁止されている我が家では仕上げの車体塗装は大きなネックだし、窓開けや切り接ぎ工作も果たしてうまくいくかどうか。。。

言い訳を並べていますが、「前々から〜」というのはここをどうクリアするかということを悩んでまして・・・そして答えがでました! 今回はややこしい作業はすべてスルー、車掌室の窓はそのままに、ガタガタで不細工な仕上りを避けて雰囲気重視のゆるゆるなお気軽工作でいくことに。
ワサフ8000とはかけ離れた仕上りになるので、改造する車両は「ウソフ800」と命名。

期待ハズレなへなちょこ工作予定で申し訳ないです ^ ^ ; ただ車掌室については、今後工作力が上がって材料や工具が揃ったら挑戦してみたいという気持ちもありますので。。。

では、いざ切断!
d0147534_838322.jpg
デザインナイフを何度も往復させて切断。表面は真っ直ぐにカットできていますが、厚みの部分はかなりガタガタな状態になってしまいました。やすって平面を出さないと。。。

スニ40の床下パーツに車掌室部分がすんなり収まりません。
d0147534_8381286.jpg
デッキ部分の取付けもあるので、床下パーツの切り接ぎが必要でしょうか?

夏期休業中だった床上レイアウト。夜、だんだんと凌ぎやすくなってきたので、徐々に再開です。
4番ポイントを導入しました。
d0147534_838216.jpg
両渡りポイントをはめ込んでいた状態では思うようなレイアウトにならなかったので、4番に入れ替えてコンパクトに。
外した両渡りポイントに戦力外通告を言い渡しましたが、外周複線路かどこかで復活当選があるかどうか???
[PR]
by miki6375st | 2009-09-05 09:00 | 小工作 | Comments(10)