<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オハネ12 内装作業 ベッド周り工作

オハネ12の内装作業。
前回のオハネフ12の作業と同様に、
d0147534_910417.jpg
色付けしたマスキングテープにシワ加工して、各座席に設置していきます。

新しい試みをひとつ。0.34mmの銅線をプライヤーの先でつぶして平らにして成形します。
d0147534_9105215.jpg
カーテン色に塗装してベッドに接着。
d0147534_911397.jpg
転落防止ベルトのつもりです。
マスキングテープではいい形にならないし自立しにくいので、金属線を素材に。
d0147534_9111396.jpg
下段だけのところはマスキングテープで。

俯瞰して。
d0147534_9112414.jpg
乗務員室とした部屋の窓際の目立つところにプラ板でイスを作成して設置しました。
これでひとまず、内装工事はほぼ終了。

続いてボディのお化粧。
d0147534_9113584.jpg
手すりやステップ、自作したサボ&標記類を取り付けていきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-26 09:13 | 10系 | Comments(10)

正義の味方 参上!!

人形制作、男の子編。
背中にマントをくっ付けて。平らに伸ばしたパテが半乾きの時に人形に取り付けてなびいているように成形。硬化したら瞬着でコーティングして強度アップ。
d0147534_8463256.jpg
走ってるにしては手の格好がおかしいですよね。
この手が持っているのは・・・
d0147534_846436.jpg
真鍮線と丸いプラ板を組み合わせて
d0147534_8465359.jpg
出来たのはこれ! 私も小さい頃、気に入ってこれで近所を走り回っていました。スケーターとかスクーターとか言っていたような。今はキックボードというのでしょうか。。。
d0147534_847633.jpg
その昔、マントはヒーローの必須アイテム。昔の子どもはよく風呂敷をマント代わりにくくって遊んでましたね。


正義の味方、参上!
d0147534_8471791.jpg
d0147534_8473029.jpg
お気に入りのスケーターを蹴って、今日もワルモノがいないかと近所をパトロール。
d0147534_8474298.jpg
d0147534_8475525.jpg


無敵のつもりの正義の味方にも弱点が・・・
d0147534_84877.jpg
天敵は犬! 吠えられると、半べそをかきながら一目散に退却です ^ ^
[PR]
by miki6375st | 2009-02-24 08:52 | ジオラマ関係 | Comments(10)

オハネ12の内装作業に着手

B寝台つながりで、オハネ12の内装作業に着手しました。
d0147534_8521441.jpg
右側のスペースは??? ネットで検索すると乗務員室だったようなので
d0147534_8522612.jpg
クリアイエローのCDケースを素材に部屋に仕切って。乗務員室にしては広すぎるような気もしますが、、、まあこれでOKとしましょう!

ベッドの座席部分はくたびれたような緑、フレームは成形色のままで。

マスキングテープをベッドに塗った色に塗って。カーテン作業にはまだ早い???
d0147534_8523731.jpg
オハネフ12の時は下段ベッドの背もたれにプラ板を使ったのですが、手間がかかる上に余り目立たない。今度はちょっと手抜きでマスキングテープを張り付けて誤摩化そうと。
d0147534_8524853.jpg
下段ベッドも筆が入りにくくて塗りにくいので、この工法の方が塗り際もシャープになるし手間もかからないかも。
d0147534_8525952.jpg
ハシゴを取り付けて、この後カーテン取付け、室内灯作業と続きます。


寝台車用乗客と平行して、もう1体作っていました。
d0147534_8531097.jpg
今度は男の子。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-20 09:00 | 10系 | Comments(6)

寝台車用「くつろぐ人々」完成

寝台車用の乗客も色づけがすんで、完成です。
TOMYTECの人形と比べても一回りもふた周りも小さいですね。
d0147534_9471124.jpg
女性には赤いカーディガンを羽織らせて、ナイトキャップ?をかぶらせました。その昔、パーマをかけた女性は寝る前にカーラーを巻いてこんなのをかぶって寝ていたような記憶があるので、そんなイメージで。

早速、乗車してもらいましょう。まずはA寝台。
d0147534_9472312.jpg
d0147534_9473684.jpg
d0147534_947469.jpg
手に缶ビールを持たしているのですが、、、よくわかりませんね ^ ^ ;
d0147534_9475663.jpg
次はB寝台編
d0147534_948745.jpg
d0147534_9481766.jpg
しばらくは内装工事完成写真撮影用エキストラとして活躍してもらいましょう。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-16 09:53 | 10系 | Comments(16)

オハネフ12 室内灯の改革

オハネフ12の室内灯。光源側とその反対側とでは光量の差がありすぎて面白くありません。。。
d0147534_850189.jpg


そこで対策を施してこんな風に。
d0147534_8501184.jpg
光源の反対側の左サイドまで十分な明るさになりました ^ ^
d0147534_8502228.jpg
今まで全く光が届かなかったデッキ部も明るすぎるぐらいの状態です。

タネ明かしは・・・
d0147534_8503426.jpg
こちらを思いっきりパクって、導光板を自作してみました。

光を落とすための溝もとりあえず浅めに削ってみて(深く削るのがちょっとめんどうだったので ^ ^ ; )具合を確かめたところ
d0147534_8504444.jpg
KATOのように深く削らなくてもイイ感じに室内を照らしています。光の通りもよくムラも目立たないので、市販のモノよりはいいんじゃないかという印象です。

寝台車にしては明るすぎるので減光していきます。
d0147534_8505455.jpg
メンディングテープとアルミで調光。
光源側の導光板の断面に薄くクリアオレンジを塗布してほんわかとした光色に。
貫通扉の上部からみえる導光板が目立つので、アルミで遮光して車体色に塗ってカモフラージュ。
d0147534_851537.jpg
右サイドの光源側から左端まで目立った光量の差や光りムラもなくイイ感じになりました ^ ^ v

いいアイデアをもらって、イイ感じに仕上げられたし室内灯の自作に目処がたったのがうれしいですね。それに大きな経費削減になりそうだし。。。動力車操縦者さんに感謝!感謝!です。
溝の削り方とかまだまだ試行錯誤を重ねて、レベルを上げていきたいですね。
ただ、アクリルの切り出しは夜中には・・・。キーキーうるさいので苦情がでそう。。。


乗客の方は着々と。。。
d0147534_8512036.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-02-14 08:58 | 10系 | Comments(6)

オハネフ12 内装整備 ひとまず終了

オハネフ12の内装作業。
LTDpegasuさんの作業を真似て
d0147534_9513397.jpg
窓パーツを室内色に。この作業、窓越しに見ると効果抜群なんですよね!

ボディを被せて
d0147534_9514669.jpg
最後部の「カキワリ」のようだった扉も作り直しました。
d0147534_9515794.jpg
d0147534_95298.jpg
ところどころ寝具も置いてみました。
d0147534_9522185.jpg
d0147534_9523247.jpg
光源側と反対側との光量の差がありすぎます。
d0147534_9524443.jpg
1年以上前、光ムラが目立っていたので座席ごとに光を落とそうとして導光板をこちらの2枚目の写真のように削りましたが、これが失敗・・・かも。。。
溝を削ったことで光が透過しにくくなったのでしょうか???

オハネフ12の内装整備はひとまず終了。窓のカーテン設置とかは今後の課題にします。室内灯の導光板はちょっと対策を練ってみましょう。


寝台車用の乗客のフルスクラッチ、着手しました。
d0147534_9525822.jpg
作業の効率性と熱が冷めないうちにと、3体同時進行で。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-10 10:07 | 10系 | Comments(10)

オハネフ12にハシゴとカーテンを

キッチンさんのハシゴを以前整備したオハネフ12に取り付けていきます。ついでにカーテンも。

まずはカーテン。
茶色とピンク基調の内装に映えるようにくすんだオリーブ色にしたいのですが、そんなアクリル系の塗料は持っていないので、エナメル系で何とかならないかなと。
マスキングテープに直接塗ってしまうとナイフを入れるとひび割れたり剥がれたりするので、ダメモトで下地にサフを吹いてみました。
d0147534_8585976.jpg
すると、、、うまくいきました ^ ^ )v
私の使っているマスキングテープとエナメル系の相性が悪かったんですね。。。

しわ加工をすると粘着力も低下するし、くたくたになって自立しにくくなるので、
d0147534_859981.jpg
中段ベッド用にプラ板で補助パーツを作成。
下段ベッドのカーテンの状態はいろいろと
d0147534_8591929.jpg
閉め切ったり、全開だったり、半開きだったり。
窓際にハシゴを設置していきます。
d0147534_8592920.jpg
こういう状態で取り付けると、はしごの先っぽは引っかけやすいです。
2度ほど引っ掛けて くにゃっとなりました。窓パーツに張り付けた方がいいのでしょうか???

ついでに・・・妻面に手すりも追加します。
d0147534_8583623.jpg
これは新しく思いついた塗装補助具(既出かも知れませんが・・・)です。と言ってもL字のアルミアングルにクリップを噛ませただけですが。。。
今までは塗装のために並べるのが面倒でしたが、これだと手間が減ってくれそうです。


オロネ10を窓越しに見ながら物足りなさを感じていましたが、ダンボさんの一声に後押しされてTOMYTECの人形を寝台車乗客用に改造、と思ったのですが、
d0147534_8594810.jpg
ちとデカイですね ^ ^ ; ベッドの大きさと比べると2mは越えているような。
体全体の造りが大きいので身長を縮めるだけではダメみたい。。。
「4人乗り自転車の子ども」ぐらいの大きさでフルスクラッチですかねえ〜


当たりました!! ^ ^ )v
d0147534_8595781.jpg
アサヒビールのインターネット懸賞で。
実は先月も
d0147534_85948.jpg
サッポロビールの懸賞で「麦とホップ」の12本入りが当たっています。
今年は・・・ついてるかも。。。 
[PR]
by miki6375st | 2009-02-07 09:05 | 10系 | Comments(10)

客室扉のステップの再考

銅線を素材に自作したステップを旧客車両の乗降扉に取り付けてきましたが、接着面が小さいせいでしっかりとした接着が出来ていません。。。
d0147534_839307.jpg
現状は軽くL字状に曲げた銅線をつぶして車体の下側にスーパーXを使って接着しています。ある程度、接着剤を多めに盛っていれば、硬化すると指でつつく程度ではユラユラするもののとれることはないのですが、見栄えは悪い。少ないと少し力を入れて引っぱれば取れてしまいそうです。
接着直後は落ち着かず、時々様子をみてやらないとズレてあさっての方を向いていたり、外れかけていたりと、世話が焼けます。。。

そこで接着面を拡大させるために構造改革を。
曲げの回数を1回増やしてクランク状にしてみます。
d0147534_8393989.jpg
クランクの幅はアルミアングルの1mmの厚みを利用。挟んだ状態でアルミを起こしてやります。
d0147534_8395060.jpg
扉の裏側まで回して接着するようにしてみました。
d0147534_840015.jpg
これなら見えないところなので、こんもりと接着剤を盛っても大丈夫そうです。

試作品をステップがとれ気味のオハネフ12に取り付けて強度実験です。
d0147534_8401076.jpg
2本の足が扉の裏側にピタッ!と張り付いてくれず調整に難儀しますが、接着強度は格段に向上して頑強になりました。今までだとステップを支点に立たすと、くた〜っとステップが広がってきていましたが、今度は大丈夫そうです。がっちりしてます。

この接着している足の上から「当て板」を貼付けるともっと頑強になりそうですが、そうすると床下パーツを削ったりと手間もかかりそうなので、とりあえず「2回曲げ扉裏接着」で様子を見てみます。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-04 08:48 | 10系 | Comments(8)