<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

マイテ39 整備終了〜

スハ44系 特急つばめのマイテ39の車両いじりも最終段階。
まずは車端部床下のディテールアップパーツの取付け。
d0147534_9451255.jpg
プラ板と真鍮線で自作したパーツ類を下地処理→エナメル→半つやクリアで塗装。
車端部床下にパーツ類を取り付けるとバランスが良くなって重量感でてくるし、ケーブルや機器類が折り重なってゴチャゴチャ感がでてムフフ♪度アップです。

乗降扉に0.3mmの真鍮線素材の手すりを取り付けて旧客の雰囲気アップ。
d0147534_9453676.jpg
ちょっと0.3mmではオーバースケール気味ですが、細いと強度の問題もあったりして、私の工作力では取付け作業時にクネ〜ッと曲がってしまうこともあるので、、、、Nではデフォルメ気味の方がしっくりくるような気もするし。。。
・・・手すりの取付け位置がちょっと上過ぎたような・・・。

ではでは窓越しビュ〜
d0147534_9461047.jpg
1等座席の雰囲気です。
d0147534_946225.jpg
VIPルームはサロン調の雰囲気で。
d0147534_9463452.jpg
これでとりあえずマイテ39の予定作業 終〜了〜です。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-29 09:58 | スハ44系 特急つばめ | Comments(14)

スハ44 マイテ39のディテールアップ作業

スハ44系のマイテ39の作業の続きです。
室内灯の導光板にメンディングテープを貼って光ムラ対策。
VIPルーム側は高級感を出すためにクリアレッドをまぶしました。
d0147534_930681.jpg
ちなみにこの車両の室内灯は白色LEDを使っているので、導光板の端にクリアオレンジを薄く塗布しています。
ダイヤ型のビーズを半分に削ってシャンデリアに見立て、両面テープで固定。手前のチェーンはシャンデリアの飾りにしてみようかと。。。

点灯チェック!
d0147534_9304158.jpg
天井灯の先には薄いピンクのビーズを。
シャンデリアの飾りのチェーン、周りにたらりたらりと垂らすイメージでしたが、かなりのオーバースケール、デカ過ぎるのでひとつだけに。
それに展望室側の窓が大きくて、導光板がのぞいてる。。。
d0147534_9312865.jpg
夢空間のダイニングカーの時のように赤く塗ったマスキングテープを爪で小突いてカーテンらしくして
d0147534_9343742.jpg
うまくカモフラージュできました。
d0147534_9344878.jpg
天井灯のビーズがちょっとデカい。。。

ディテールアップ用の部品たち。
d0147534_9361795.jpg
最後部車両なのでお約束の車端部床下のドレスアップ。
あと、乗降扉手すりとステップも取り付けていきます。
d0147534_9364812.jpg
手すりの取付け穴をマーキングするのに重宝するのが、このプラ板で作った治具。
扉にセットし、4ヶ所の切れ込みのところを針で軽く突いて印をつけていけばOK!
所有しているKATOの旧客の扉の寸法は同じようなので、使い回せてとても便利で楽チンです ^ ^
[PR]
by miki6375st | 2008-09-27 09:53 | スハ44系 特急つばめ | Comments(8)

スハ44系 特急つばめ マイテ39の内装作業

夢空間のデラックススリーパーの竣工に続いて北斗星寝台車両を一気に、、、と思いながらが、ちょっと寄り道。
室内灯を取り付けただけで放ったらかしのスハ44系つばめのマイテ39に着手。

作業前の状態を撮影し忘れたので、以前の写真をアップします。
d0147534_8213149.jpg
左がマイテ。室内は二重構造で赤とクリームの2色で構成されています。
d0147534_822277.jpg
資料写真を参考に似たような色で塗っていきます。1等席側とVIP室との仕切り壁を切り込んで扉を別パーツ化していきます。扉の素材はこれ。窓ガラス部分にマスキングテープを貼付けて塗り分け。
d0147534_8225675.jpg
この室内は桃山式というのでしょうか絢爛豪華な内装なので、仕切り壁にゴールドをあしらってそれらしい雰囲気を。さっきの扉も取り付けて。

1等座席はこんな感じに。
d0147534_8232268.jpg
シートカバーのホワイトさしは、かなりプルプル状態でした。

展望室に天井灯、VIPルームにシャンデリアを、
d0147534_8235375.jpg
ということで天井に穴をあけて光ファイバーを這わせてLED光源から導光します。展望室の天井灯点灯化は前に挫折してましたが、今度はだいぶ光ファイバーの扱いも慣れてきたのでいけるでしょう。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-25 08:25 | スハ44系 特急つばめ | Comments(4)

デラックススリーパー オロネ25-901 竣工!

夢空間のデラックススリーパーの車内いじりも大詰めです。
あまり室内を隠したくはないのですが、アクセント程度にカーテンを取り付けます。
d0147534_9204076.jpg
寸法に切り取ったマスキングテープを車両ケースに張り付け、爪で小突きながらしわを寄せていきます。このカーテン工作のナイスなアイデアはやま♪さんから戴きました。詳しい作り方はこちらをご覧ください。

サボもPhotoShopで作成。
d0147534_921760.jpg
いつものようにシール用紙にプリントして、剥離紙に張り替えます。
この切り抜き&貼付け作業が一番目に堪えます。
この作業をやる時にいつも・・・Hゴム表現はボディ側にしてもらえないかなと。そうすると切り抜き作業も楽だし、光漏れもないし、と思うのですが。。。

とりあえず予定工作終了です。
d0147534_9213587.jpg
スーペリアツインのふた部屋をアップで。
d0147534_922499.jpg
次はエクセレントスイート。
d0147534_923856.jpg
壁の塗り分けやスタンドライトがよく目立ってくれています。

通路側です。
d0147534_9233886.jpg
真鍮線素材の手すりがいいアクセント!

とりあえずこれで夢空間デラックススリーパー オロネ25-901の作業、竣工です!
[PR]
by miki6375st | 2008-09-23 09:33 | 夢空間 | Comments(10)

デラックススリーパー 室内灯の取り付け

夢空間のデラックススリーパーの室内いじりの資料写真を画像検索してもなかなかいいのが引っかからず適当に色差ししましたが、検索語句を変えて「エクセレントスイート」とか「スーペリアツイン」と名称で検索し直したらけっこうおいしい資料が引っかかってくれました。
なので、一部塗り直しました。←最初からやっとけよ!(ひとり突っ込み)
d0147534_8524667.jpg
上塗りしたのでぼってり厚化粧に ^ ^ ;
d0147534_8531236.jpg
室内灯の取付け。KATOの麦球セットをベースにLED化していくのですが、使うのは導光板とL字金具だけ。在庫が切れたら動力車操縦者さんがアクリル板を使った導光板を自作されていたので、習ってみようかと思っています。
d0147534_8534424.jpg
取付け位置はどちらでも良さそうですが、サボを光らせるためにサボ側に設置します。

導光板にひと工夫して光量調整。
d0147534_854876.jpg
まずはムラ対策のメンディングテープの貼り付け。室内側は光量を落とそうと多めに重ね張りします。
光色に変化を。通路側は蛍光灯なのでそのまま、室内側はゴージャス感をだすためにクリアオレンジ&クリアレッドをまぶしていきます。

ちょっと小作業。
d0147534_8543671.jpg
導光板に穴あけて、光ファイバーをL字に曲げて、そしてビーズ。
d0147534_8554245.jpg
天井から導光しましたが、足を取付けてスタンドライトです。
ラウンジカーの時は、床下に別光源を仕込んでそこから導光しましたが、今回は窓も小さくてそんなに目立たないだろうとちょっと横着工作で凌ぎました。

いざ点灯!
d0147534_8561959.jpg
撮影角度が悪くてビーズの上に施した遮光のアルミテープが見えていませんが、目立つようなら壁の色に塗ったマスキングテープでも巻き付けてカモフラージュしてみます。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-19 09:09 | 夢空間 | Comments(8)

デラックススリーパー オロネ25-901の室内いじり

手直し&調整作業の連続でしたが、久しぶりに新規車両いじりに着手です。
ターゲットはこれ。夢空間のオロネ25-901 デラックススリーパーです。ダイニングカー、ラウンジカーを仕上げて約5ヵ月ぶりの再開となります。
d0147534_9512960.jpg
壁にマスキングテープを施します。
d0147534_9525212.jpg
腰板の部分をタミヤエナメルのフラットアースで塗布。
d0147534_9545792.jpg
扉をPhotoShopで作って、写真用紙にプリントアウト。切り抜いたエッジの部分が白く残るので、染み込まないパステルで塗ります。
d0147534_9572652.jpg
窓から見えないバストイレの色差しはスルーしました。
室内側の扉を作り忘れたので通路側のを流用しましたが、部屋板表示があるのとデザインがちょっと不自然 ^ ^ ;
それにテーブルとソファーの塗り分けが逆ですね。扉と併せてやり直しです。
d0147534_9575957.jpg
紙片にマスキングテープを巻いて枕も作ってみました。
d0147534_9591346.jpg
通路の窓のところに手すりがあったので、真鍮線で表現してみます。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-17 10:05 | 夢空間 | Comments(6)

C57 180 ヘッドライトのLED化

やっぱりC57 180のヘッドライトが暗くて気に入らないので、LED化していきます。
C57 180のボディを外します。麦球のユニットが付いていました。
d0147534_9511093.jpg
ピンセットか小さいドライバーでボディのすそを広げて運転室の下側のあたりに丸いポッチの噛み合わせを外し、少しボディを持ち上げ、刺さっている先の部分を引き抜くように動力ユニットを後方に引いてやります。
蒸機の場合、ライトユニットの取付けスペースは狭いですねえ。

LED化に使う部品は、3mm電球色LED LP-3HSA、15mAのCRD E-153、スイッチングダイオード 1N4148。コストは全部で85円ぐらいです。
d0147534_9535942.jpg
プラスマイナスを間違えないように、後は取り付けスペースに収まるように部品の足を切ったり曲げたりしながら、フォーミングしていきます。

ビフォー&アフターです。
d0147534_955687.jpg
明るくなりました。部屋を暗くした夜間走行時でも遠くからヘッドライトの存在感があるので、光と音の効果に浸りながら、寝っ転がってちびちびやるひと時はムフフ♪ですね。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-15 10:10 | 蒸気機関車 | Comments(8)

室内灯のチラツキ対策

予定整備終了で室内灯の光ムラが軽減したばんえつ物語12系ですが、走らせるとチラツキがすごく目立ちます。特にスローの良く利くC57 180で低速走行させると、室内灯も点いているのかどうかもわからないぐらい暗い。

まあ、しばらく放ったらかしにしていたので、車輪や集電金具もかなり汚れているのでしょう、とりあえず磨いてみます。
d0147534_11531644.jpg
台車をバラして、無水エタノールを爪楊枝の先のティッシュに浸みこませたり、歯間ブラシなんかを使ってきれいに拭っていきます。集電金具の軸受の窪みのところは、かなり黒ずんでいました。

次に、これも放ったらかしで通電状態が悪くなっている線路を磨きます。
使うのはこれ
d0147534_11535635.jpg
皆さんやっていると思いますが、割り箸の先に布を巻きつけた磨き棒。
これに無水エタノールを浸みこませて擦っていきます。

仕上げに何かの本でみたのですが、セーム革を使います。大昔仕事で使っていた切れ端です。20年以上前のものなのでちょっと固くなってます。
これで軽く乾拭きして、線路表面がツルっと滑らかな感触になればOK!

ついでにこんなテストを
d0147534_11552054.jpg
去年の秋に買ったままになっていたコンデンサー47μFです。最少容量の4.7μFから47μFまでパーツの大きさが同じだったので、容量の大きなのをチョイスしました。
これを取り付けることでどれだけチラツキ対策になるのか実験してみます。
d0147534_11554784.jpg
取り付け回路を参考にしたのはr34_gttさんComing soon? 本館です。
ちょうどデッキのところに収まりました。

この実験観察のために、今回初めて動画をアップしてみることにしました。
これはお馬さんで儲かったわけではなく、古いデジカメに動画機能がついていたことを思い出し引っぱりだしてきました。すでに電池はお釈迦寸前なので、ACアダプターを探しまくって、何とか撮影できました。
ただマイクが付いていないので、残念ながら音声はありません。

まずはコンデンサーの蓄電効果を確認。
左の車両がコンデンサー取付け、右は未装着。

電圧ボリュームを絞っていくと消え方が違うので、コンデンサーの蓄電効果は表れているようです。

では走らせてみます。後ろの車両がコンデンサー搭載、前の車両は未装着。

写し方がヘタなせいもあるでしょうが、違いが、、、、わからない、、、ですね ^ ^ ;
ひいき目に見て、多少光り方が安定しているような感じが・・・。
う〜ん、47μFでは容量が小さいのか、、、やっぱチラツキ対策は線路や車輪&金具磨きに尽きるのでしょうか。。。

動力車の反応が良すぎると電圧を上げられずチラツキの原因になるので、ちょっと鈍いぐらいの方が室内灯愛好家にはうれしいような・・・。
何はともあれ、チラツキは軽減したようですが、、、牽引していたC57のヘッドライトの暗さが気になってきました。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-12 11:58 | ばんえつ12系 | Comments(8)

ばんえつの中間車 オハ12の室内灯調整

ばんえつ物語12系の中間車の室内灯の光ムラの対策を施していきます。
もう見飽きたと思いますが、うちの光ムラ対策の基本作業であるメンディングテープとアルミテープを導光板に貼付けます。
d0147534_9215214.jpg
光源後方にあるサボに光を導くためにLED化したライトユニットのカバーを取り除き、LEDを露出させます。こうすることで導光板に光が反射して、サボにも光が回るようになります。
KATO仕様のように天井裏に導光板を取り付けてしまうと、ライトユニットとうまく噛み合ず光ムラの原因になってしまうので、予めライトユニットと導光板をきっちりと噛み合わせておきます。
d0147534_9221711.jpg
あれっ! 導光板が短くて支持してくれる壁まで届いていません。。。
そこで、一工夫。
d0147534_922467.jpg
GMのストラクチャの窓パーツで梁を作りました。
d0147534_92389.jpg
光ムラはかなり低減しました。
d0147534_923361.jpg
座席の色は赤が主流のようですが、変化を出すために緑の座席も。
サボも明るく光りだしました。
d0147534_924510.jpg
導光板にクリアオレンジを塗布しているので、室内は電球色っぽく、サボと踊り場のところは白と、色合いにも変化がでました。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-09 09:25 | ばんえつ12系 | Comments(6)

スハフ12のディテールアップ

ばんえつ物語12系 スハフ12のカプラー周りの工作です。
自作した部品を洗浄→ミッチャクロンマルチ→サフ→エナメルフラットブラック→半つやクリアと塗装作業を済ませて床下に取り付けます。
d0147534_11331794.jpg
折り重なるケーブル類やジャンパ栓もどきが、カプラー周りの雰囲気をアップしてくれます。
d0147534_113404.jpg
d0147534_11341087.jpg
C57 180とスハフ12のディテールアップ作業が終わったところで、ジオラマ風ショットを撮ってみました。
d0147534_1135021.jpg
先日購入したTOMYTECの農家も入れ込んでみました。
d0147534_1135331.jpg
このパノラマの背景写真はふうがさんにいただきました。ふうがさんのHP 鉄道情景草案からダウンロード可能です。

ちょっと角度を変えて
d0147534_11361016.jpg
台にフォーリッジを置いて地盤の雰囲気を出してみました。
が、ぽろぽろとクズが散らかって後片付けが大変でした ^ ^ ;
[PR]
by miki6375st | 2008-09-05 11:41 | ばんえつ12系 | Comments(12)