<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DD51 JR北海道色&DE10わたらせ渓谷 ヘッドライトLED交換

寒いですね。「寒い、寒い」といっても何の打開策にもならないのですが、ついつい口走ってしまいますね。

さて、DE10わたらせ渓谷とDD51 JR北海道色のヘッドライトのLED交換です。
まずはDE10。車体を外すとこんなライトユニットが現れました。2mm角ぐらいの小さなチップLEDが上向きについています。そのためブラ製の遮光カバーがついていました。

エルパラの3020という電球色のチップLEDに取り替えるのですが、外したチップからでは極性がわかりにくいので、そのまえにプラスマイナスの確認です。
だいたいこんな形状で取り付けられている場合は進路方向に向かって右がプラス、左がマイナスのことが多いのですが、念のため3mmの砲弾型のLEDを回路にあててみます。やっぱり進路方向に向かって右がプラス、左がマイナスでした。
d0147534_18585979.jpg
チップLEDの横幅より回路側の取り付け部の間隔が狭くて、チップの横面から背面の角にあるL字形の接点とうまくハンダ付けできず、くっついても通電不良で光りません( T T ) 
付けては外すこと数回、悪戦苦闘の末、ようやく両側に取り付けることができましたが、傍らには失敗して発光不良になったチップが2個、無惨な姿に・・・歩留まりの悪い作業です・・・
さて比較してみましょう。
d0147534_18593542.jpg
数段明るくなりました。いい感じですね♪

続いてDD51です。
こっちは失敗することなくすんなりと取り替え完了です。
でも、ボンネットが嵌まりません。取り替えたチップLEDの方が1mm弱背が高いのでボディと干渉しているようです。すんなりといきませんね ^ ^ ;
う〜ん、最初のチップに戻すか、さらに小さいチップを注文するかなど迷ったあげく、取り替えるチップLEDの上っ面を削ってみて、それでもダメならボディのウエイトを削ろう、、、という素人考えで作業決行です。
d0147534_1901542.jpg
ウエイトは少し削っただけで、なんとか取り付けできました。
d0147534_1925630.jpg
こちらもいい感じに明るくなりました。
とりあえずこれで機関車3両ともみやび鉄道の標準仕様になりました。

さて、次はスハ44系の室内灯取り付け作業です。
その前に下準備。KATOの室内灯の集電用L字金具の車体に差し込む方の丸くなった先の部分にはバリがついていますのでこれを削り取ってやります。
d0147534_1933344.jpg
指でさわってひっかかりがなくなれば、OK!
こうすることで、車体床下にある集電金具との密着度が増して、チラツキが低減されるような気がします。

・・・と、ここまでは28日の月曜日の夜に作業をしていたのですが、火曜日に私自身の不注意で右手中指をつめて、薬指側の第一関節あたりを3cmほど裂傷し、6針ほど縫うという怪我をしてしまいました。10日ぐらいで抜糸できるそうです。だいぶ痛みとしびれが治まったので、支障のない程度にぼちぼちと作業を再開していこうと思っていますが、何をするにしても今まで通りにいかず、改めて健康体のありがたさが、よ〜くわかりますね。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-31 19:29 | ディーゼル機関車 | Comments(4)

EF58-35 ヘッドライトのLED

日曜日は晴れ間がのぞいたものの、今日は一変、みぞれまじりの冷たい雨となりました。山間部の方は雪になっているのでしょうか。

さて次は、EF58-35のヘッドライトをイジります。
製品の状態のままでは光量が少なく、色調もオレンジが強くて満足できるものじゃなかったので、いつも使っているエルパラの電球色LEDに付け替えることにします。

早速バラしていきます。
まず車体を外し、テールライトのレンズ部分を慎重に爪楊枝で車体内に押し込んで導光パーツを取り出してから、小さいマイナスドライバーでライトユニットを収納しているボックスをこじってやります。

ライトユニットはこんな形状でした。
3mmの砲弾型のLEDが基盤の上下についています。
d0147534_15515320.jpg
基盤に対して垂直に取り付けられているのがヘッドライト用のLEDで、写真よりは
もう少し赤みがあるオレンジっぽい色です。裏側に水平についているのがテールライト用の赤色LEDです。手ぶれしてしまいました ^ ^ ;

今回の改造はLEDだけの交換です。できるだけ効率よくヘッドライトのパーツに光を導いてやろうとLEDの足をこんな風に折り曲げて取り付けてみました。
d0147534_15523912.jpg
比較してみましょう。
d0147534_1553182.jpg
左側の交換前の写真は、実際にはこんなに明るく見えなかったような気がします。
右側の交換後のライトの色は白くとんでしまいましたが、実際は黄味をおびた色です。
(なかなか、光の色を写真で表すのは難しいですね)
ヘッドライトらしく十分な光量があり、なかなかイイ感じになりました。見る角度によっては一瞬くらむような感じの眩しさがあります。暗がりで走行させると、多少なりとも前方を照らしています。

カプラーも交換して男前になったところで、つばめを牽いて記念撮影です。
d0147534_1554110.jpg
どうでしょうか?なかなかいい感じになったと自己満足です♪
ヘッドライトを点けた状態もご紹介できればいいんですが・・・
あと今回一緒に入線したDD51やDE10もヘッドライトのLEDを交換してやろうと思っています。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-28 17:06 | 電気機関車 | Comments(6)

DD51 JR北海道色&DE10わたらせ渓谷 カプラー交換

引き続きカプラー交換です。まずはDE10わたらせ渓谷。
スノープロウを留めてある2本のビスを外します。
d0147534_16375667.jpg
カプラーポケットの形状はDD16と同じですね。
ポケットと干渉しているカプラーNの根元をちょっと削ってやります。
削り具合を確かめながら・・・2〜3分程度の作業でカプラー交換完了。
ですが、外したビスのうち1本の捜索に10分ほど時間を費やしました(汗)
外した部品はわかりやすく別の容器にとっておく事。ということは重々承知しているつもりなんですが、いつもこんな状態であたふたしています ^ ^ ;)
d0147534_16383517.jpg
マニと連結してみます。いいようですね。マニも機関車側はカプラーNに、客車側は密連形に付け替えています。

次はDD51 JR北海道色です。
これには最初からついているアーノルドの他にTNカプラーが付属していました。
バラしてカプラー取り付け部の形状を見るとマグネティックカプラーが装備できそうですね。プラ板を重ねてスペーサーを作成し、No.2001の短いのが1ヶしか在庫がなかったので、両サイドにそれぞれ長短を瞬間接着剤で固定することにします。
d0147534_16391912.jpg
干渉しているスノープロウやスカートの開口部をデザインナイフでちょっこっと切り込みを入れて広げてやります。
d0147534_1701387.jpg
高さもいいですね。これで今回入線した機関車3両のカプラー交換は完了です。
夢空間を連結して走らせてみましたが、スムーズによく走っています。
走行を眺めているうちに・・・やっぱ重連させたいなあ・・・と、尽きない物欲をかき立てる悪魔のささやきが聞こえてきたような気がしました。こわい!こわい!
[PR]
by miki6375st | 2008-01-26 17:07 | ディーゼル機関車 | Comments(2)

EF58-35 カプラー交換

寒いですね。でも寒さにめげず、カプラーを交換しましょう。
みやび鉄道はアーノルドからマグネティックやカト−カプラーNに取り替えています。客車同士の連結には密連形を使用している車両もあります。私としてはDF200に装備されていたKATOナックルやジャンパ管付のカトカプJP Aが手軽に入手できるようになって欲しいですね。

ではEF58-35からですが、その前にもう少しアップで観察してみましょう。(台車まわりは写した状態のままだと黒くつぶれて見えにくかったので、部分的に極端な明るさ調整をした結果、ピクセルが荒れてサビ色でウェザリングしたように見えてしまいました。本当は4番目の写真のように黒い状態です。紛らわしい写真でごめんなさい^^;)
d0147534_1805746.jpg

d0147534_1812465.jpg

d0147534_1814672.jpg
駆け出しのみやび鉄道では、ゴハチの青は初入線なので他と比べようがないのですが、KATOの上越形と比べられていた目黒のダンボさんのブログを見ると、屋根上の塗り分けやパーツ類の取り付け位置、色の濃淡など違いがわかります。塗装はマイクロさんならではの艶やかできれいな仕上がりです。標記も精密に印刷されています。それと他社なら後付けとなるようなパーツ類が取り付け済みなのがなによりです ^ ^ )
ボディを外してみます。あれっ!ライトユニットがない?!
d0147534_1824648.jpg
あ〜、ボディ裏側、運転席のところにありました。
d0147534_1842714.jpg
連結器まわりの形状です。台車の下側のねじを外すと簡単にバラけました。カトカプNなら無加工で取り替えできそうですね。
d0147534_1851824.jpg
うっ!ちょっときつめですが、にぎり棒や解放テコ(でしょうか?)の細い部品を破損しないように気をつけながら・・・
d0147534_18612.jpg
できました。
ここでいつも疑問に思うのですが、、、バネはつけたままの方がいいのでしょうか? 
皆さんはどうされていますか? 教えていただくとありがたいです。
今回はちょっとカプラーポケット内でアソビがあったのでつけた状態にしてみました。
それでは、つばめのスハニ35と連結させてみます。
d0147534_1864326.jpg
高さもバッチリ!イイ感じです。走りも問題ありません。停発車、低速走行もスムーズです。ヘッドライトがオレンジ色が強くて暗めなのがちょっと不満なので、このあたりはまたライトユニットをバラして検証してみましょう。
・・・テールライトが点灯しっぱなしなんですが、こういうもんなんでしょうか? 
・・・どこかにON/OFFスイッチがあるのかな・・・どなたか教えて下さい。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-25 18:53 | 電気機関車 | Comments(2)

初荷♪

みやび鉄道最大の取引先のgakuroku.net・岳麓堂さんから荷物が届きました。地方在住の私にとっては安心してネット通販ができるお店はありがたい存在です。事務的な対応の量販店よりは、細やかで親切な対応で無理も聞いていただけるので楽しく買い物させてもらっています。
さて、ご対面です♪ 私の都合で年末発売のものも1月のマイクロの発売品と一緒に送ってもらっています。みやび鉄道にとってはかなりの大量入線になりました。
d0147534_19405465.jpg
まずは機関車3両。マイクロのEF58-35号機とわたらせ渓谷鉄道DE10、TOMIXのDD51 JR北海道色です。
d0147534_1942990.jpg
d0147534_19422653.jpg
d0147534_19424329.jpg
横からのショットです。倍率が異なっているので大きさは比較しないで下さい^^;)
d0147534_19433785.jpg
KATOのスハ44 つばめ7両セットです。
d0147534_19442976.jpg
気になるマイテの展望室をアップで見てみましょう。
d0147534_19453181.jpg
おっ!なかなか作りが細かい。車体表記なんかも肉眼ではよく見えなかったのに、精密に表示されていますね。
続いて夢空間。
d0147534_19481022.jpg
商品紹介の写真では夢空間3両とマニがよくピックアップされていましたが、私はKATOの24系25形と組み合わせていろんな編成ができそうかなと、この3両の方に興味がありました。ちょっと室内を覗いてみましょう。
d0147534_19493963.jpg
d0147534_19495150.jpg
なんとオロネ25にはユニットバスや洗面台の表現もされています。が、窓の外からは見えません^^;
デュエットの方は、2階に上げる階段もモールドされています。が、これも車体をはめると見えなくなりますね。各車両構造が違うので、イジリ妙味がありそうです。同じ工作を複数両していくのは結構根気が必要ですが、これは楽しそうです。
まずはカプラー交換からですね。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-23 20:03 | お買い物 | Comments(8)

トワイライト オハネフ&スロネフ

今朝はこの冬一番の冷え込みでしたね。自宅の窓から見える300mくらいの山もまばらに白く雪化粧をしていました。

さてトワイライトの第3弾です。
この車両はヤフオクで入手しました。他に誰も競り合わなかったので始値で落札し、送料など含め総額800円程度でした。傷もなく美品だったので、ラッキー!!
9号車のオハネフも8号車同様の内装工事をしました。床をタミヤのエナメルのフラットアース、壁をデザートイエロー、壁のふちをフラットアルミで塗装しています。
d0147534_10383032.jpg
オハネフの車体を外してみると「あれっ!」室内灯の反射用に貼ったつもりのアルミテープがついていません。もしかして?と8号車もバラしてみるとこれにもアルミがついていません。これだと室内灯ユニットの右と左では多少の明るさの違いは出ますよねえ。
d0147534_10385492.jpg
違いがわかるでしょうか?やはりアルミの反射板の効果はあるようです。
つづいてスイート&ロイヤルのスロネフです。室内灯の取り付けにちょっと問題が・・。集電用のバネの穴位置が違います。
d0147534_1176100.jpg

d0147534_11325114.jpg
そのまま取り付けると導光板がはみだしてしまいます。反対側はその分、導光板が届いていない状態です。導光板を有効に使いたいので、、、バネの位置を変えてしまおう!!
d0147534_11352954.jpg
電子部品の不要になった足部分を再利用してこんな加工をしました。バネのジョイント部をカットしたのは、そのままだと天井から何かぶら下がっているように窓から見えてしまいます。チップLEDは熱に弱いし、プラ製の導光板が溶ける可能性があるので、ハンダ付けは素早い作業が必要です。で、こんな感じになりました。う〜んまずまず!
d0147534_11413866.jpg
次にテールライトを白色LEDに付け替えます。
d0147534_11452768.jpg
ハンダ処理は汚いですが、光り方はイイ感じです♪
ついでに照度テストをしてみましょう。
d0147534_11473253.jpg
テールライトは回路にCRD15mAを使っているので右上の11時あたりから右下のレッドゾーンまでほぼ明るさは一定ですね。マイクロの室内灯はチップ抵抗なので、ボリュームによって明るさが変わってきますね。
さあ、次はスイートの内装とCRDに取り替えるぞ!・・・っといいたいところですが、明日あたり入線ラッシュになりそうです。。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-21 12:12 | トワイライトEXP | Comments(6)

トワイライト Bコンパートメント

開設当初からたくさんの方に来ていただいてありがとうございました。
楽しみながらぼちぼちとマイペースでやっていきますのでおつき合いくださいませ。
それではトワイライト第2弾は、8号車のBコンパートメントです。
d0147534_18301220.jpg

室内灯はマイクロの幅広を使用し、窓際にはしごを取り付けています。これらのアイデアは私の車内いじりのきっかけにもなったやま♪さんからいただいています。
d0147534_18463733.jpg

暗がりです。ムラなく照らしてくれています。
d0147534_1847271.jpg

室内の様子です。
d0147534_18481361.jpg

座席の背もたれは、0.5mmのプラ板で別パーツを作っています。動力車操縦者さんのブログをみてシートカバーの必要性を感じたのですが、直に塗るとなるとどうも私の塗装技術では失敗が濃厚のような気がして、ビニールテープを貼付けています。

ただこのビニールテープはテカッとした素材だし、厚みもオーバースケール気味だし、コシも強いのでしっかり粘着させないとめくれやすいので、あまり芳しくありません。今度こんな車両をいじる時はやま♪さんが採用された絆創膏かマスキングテープを使ってみようと思っています。

あとはカーテンをつけたり、サボまわりを何とかして、ひとまず内装工事は完了です。それと視覚効果があるようなら、二段ベット化にも挑戦してみたいですね。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-17 19:31 | トワイライトEXP | Comments(4)

ブログはじめました

初めまして。みやび鉄道の管理人そうたと申します。
昨年春頃から中学以来30数年ぶりにNゲージを復活。何もわからないままのスタートでしたが、いろんな方のHPやブログを参考に、見よう見まねでボチボチをやっています。

Nゲージの車両いじりの様子やいつかは自作したいと思っているレイアウトの制作過程なんかをご紹介できればと思っていますので、よろしくお願いします。

では、一番最初のネタはトワイライトのサロンカーからいきます。
昨年夏頃に再生産品を購入後、室内灯はすぐに取り付けたのですが、内装作業はのびのびになっていました。12月ぐらいからちょっとずつ作業していました。



d0147534_122736.jpg


後ろのソファーも実車のように薄緑にしようと思ったのですが、よく目立つように黄色に塗装してみました。



d0147534_125842.jpg


室内の様子です。ドアもPhotoshopで作って写真用紙にプリントアウトして貼付けましたが、窓の外からはあまり見えませんね(^^;
真鍮を加工した手すりは今後電機のディティールアップに前面の手すりを取り付けようと練習がてらやってみましたが、もうちょっとシャープに曲げる修行が必要です。でも手すりはよく目立っいるので、ニンマリです。

こんな感じでやっていきますので今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-16 12:09 | トワイライトEXP | Comments(10)