カテゴリ:蒸気機関車( 12 )

C62-2 前照灯のLED化

夢空間の車両いじりはちょっとお休みして、右手中指に巻いていた包帯をようやく外すことができたので、前々から企んでいた作業をやってみようかと、、、MAのC62-2をバラしてみます。
d0147534_1110535.jpg
ボディと動力ユニットは意外と簡単に外れました。矢印あたりに丸いツメがあり、あとは動力ユニットを後方に引いてやるだけです。
ヘッドライトは暗いはずです。麦球でした。最近のMAは再生産品でもLED化しているのにどうしてでしょうか???

3mmの砲弾型のLEDでも仕込める十分なスペースがありそうです。LEDを組む前にちょっとついでに別工作を・・・って、この「ついで」の方が今回のメインになりそうです。
副灯に穴を開けて、光ファイバーを仕込んで点灯化させようという作戦です。
d0147534_11112655.jpg
まずは0.7mmのドリルであたりをつけてからドリルの口径を大きくして、1mmの光ファイバーが通るぐらいに広げていきます。
穴は動力ユニットの光源から副灯のレンズまで1本の光ファイバーですむように斜めに開けています。
光ファイバーの先っぽをL字に曲げて副灯に差し込み、ボディ側は光源にうまくあたるようにこんな風に曲げて、この後適当な長さにカットしました。切り口は導光を考慮して斜めにしてみました。
d0147534_11115661.jpg
LEDは白色を使い、ヘッドライトの導光パーツにクリアオレンジを塗布して、副灯との色を変えます。
ヘッドライトの導光パーツや副灯の光ファイバーに効率よく光を導くためにLEDの取り付け角度をこんな風に、、、

ボディを被せて、点灯チェックです。
d0147534_11122384.jpg
おお〜おっ! いいですねえ〜 念願の2灯点灯化、実現しました!!
シールドビームらしくヘッドライトより明るいのは、光ファイバーの威力ですね!
ヘッドライトと副灯の光の色の違いがこれまたいいですねえ〜

副灯の傾きを調整して、取り付け部分の光漏れを何かで塞がなくては、、、
テンダーライトも点灯化したいですね。
[PR]
by miki6375st | 2008-03-17 11:59 | 蒸気機関車 | Comments(10)

C62-2のちょこっとディティールUP

サッカーの中国戦を見ながら、3.4mmの真鍮線でテンダー後部の手すりを作りました。
2本同時に曲げて成形し、メタルプライマーを吹かしてタミヤエナメルのフラットブラックで塗りました。
ちょっと光沢があってもいいかなと思うので、半光沢のクリアでもあればいいんですが、ないので乾いたら黒マジックでちょちょんと塗ってみます。
積載している石炭にもウェザリングマスターのガンメタルやシルバー、すす等を適当にこすりつけてみました。
d0147534_11261762.jpg
小さいものなのでよく見ないと判りにくいのですが、ないよりはイイですね。

さて、つばめの室内灯の取り付けが終わったところで、次は夢空間の番なのですが、そのまえに私の浅はかな考えで車両用室内灯にと試作してみたものの見事に撃沈したモノを見てやって下さい。

チップLEDを3つ直列させて、CRD15mAとスイッチングダイオードをつなげてみました。
d0147534_11264765.jpg
光り具合をテストしてみます。
LEDの照射角度が80°だからこれぐらいの間隔を空ければ3つぐらいで室内全域をカバーできるかなという素人考えでしたが、ちょっと間隔が狭すぎました ^ ^ ;
d0147534_1127208.jpg
上から直接照射させると光りが強すぎますね。
半透明な軟性プラ素材(小さなアルバムの表紙)をはさんだり、屋根裏に反射させてみることにします。
d0147534_11275625.jpg
光りはかなり柔らかくなって広がりましたが、実際には写真ほどキレイに光はまわっていません。もう少しムラがでています。車両ボディの中に組み込むと光源との距離が縮まるので、ここまで光りは広がらず、もっとムラが大きくなってくるでしょうね。

それに3つも直列させるとかなり電圧を上げてやらないと明るくなりません。思うような明るさにするには相当なスピードで走らせなくてはダメですね。このテストでもKATOのパワーパックでつまみは「2時」のあたりを指しています。

2個のLEDを直列させたものを2つ作り、それを並列してやればいいんでしょうが、これ以上LEDの数を増やしたり、回路を増やしたりすると、今までやっているKATOの室内灯の改造より高くついてしまいます。

特殊な室内構造の車両なんかには使えそうですが、この方法で標準仕様にするにはいろいろと問題が多すぎますね。

この試作品はCRDを560Ωの抵抗に付け替えて駅舎の照明にでも、、、ということで、早速仮組みしてみます。LEDの発光部をアルミを貼った屋根裏に向けて、間接照明です。
d0147534_11282933.jpg
なかなかいい感じで光りがまわっています。光り漏れを塞いでやれば、いけそうですね。
さっきの半透明なアルバムの表紙を天井に使ってクリアオレンジやクリアレッドなんかを塗ってやれば3つに分かれた部屋毎の明かりの色合いや光量の調整もできそうです。
[PR]
by miki6375st | 2008-02-21 12:10 | 蒸気機関車 | Comments(6)