カテゴリ:ディーゼル機関車( 19 )

DD51 3灯形に解放テコとエアホース

DD51のディテールアップ。0.25mmの真鍮線と銅線とケンタカラーを使って。
d0147534_20071754.jpg
ジャンパ栓はケーブルを接続した状態にするために切り欠いてみました。
解放テコの曲げ方は過去記事を検索してみてください。

部品の取り付け状況
d0147534_20094186.jpg

完成。
d0147534_20103363.jpg
d0147534_20104562.jpg
d0147534_20105622.jpg
ボディや台車にも軽くウェザリングを施しました。
d0147534_20110679.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-09-09 20:12 | ディーゼル機関車 | Comments(0)

KATO DD51中期耐寒型のちょっことイジリ

空調設備のないレイアウト部屋での作業は夏期中断中で、基本的には私一人での制作作業なんですが、盆に遊びにきた小3の姪っ子がこのレイアウト制作にかなり食いついてきて、何かさせろとしつこいので海ゾーンの絶壁エリアの崖の土木工事を下請けさせることに。
d0147534_19451838.jpg
この子はこういう工作事が好きなようで、蒸し暑い中もくもくと歯ブラシとくしゃくしゃにしたアルミホイルを使ってなすりつけた木紛ねんどに岩表現を施していました。

で、その出来栄えは・・・
d0147534_19502490.jpg
こんな感じです。


DD51が入線しました。ボンネット上のライトがいいですねえ〜。カプラーもナックルが付属しているし、細かい仕上げも上出来です。
d0147534_19553142.jpg
ただ運転席窓のツララ切の防護柵がちょっとごついような。。。見る角度によると運転席窓が全面赤く見えてしまいます。


で、これの登場。
d0147534_20011185.jpg
DD51のプロテクター。
数年前に既存のDD51にとりつけようと購入したままお蔵入りになっていました。


部品の比較。
d0147534_20025324.jpg
装備品の3本格子に対してエッチングパーツは4本格子。


取り付け状況。
d0147534_20041632.jpg
エッチングパーツに交換した右の方が、かなりシャープですっきりした感じになりました。

運転席側面のタブレットプロテクターはモールドのため、エッチングパーツとの交換作業はスルーしました。


d0147534_20065830.jpg
d0147534_20072626.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-09-01 20:10 | ディーゼル機関車 | Comments(0)

KATO DD16 カプラー交換

何年かぶりの機関車の入線です。
d0147534_19282610.jpg
アーノルドから付属のカプラーに交換したんですが、、、首が長い。。。 そこでかもめナックルに交換。
d0147534_19313371.jpg
これが
d0147534_19315218.jpg
こうなりました。
d0147534_19321279.jpg
MAのDD16との比較
d0147534_19333335.jpg
手すりはカトーさんの方が細くてシャープ、ですがMAさんにある解放テコが省略されてると、どちらも一長一短あったりしますが「走り」についてはカトーさんの完勝! 
[PR]
by miki6375st | 2014-04-01 19:44 | ディーゼル機関車 | Comments(2)

DE10 わたらせのボンネット周りのデコレーション

前回宿題としておいたボンネット周りの手すりやフックの取り付けをやっつけていきます。
d0147534_17241013.jpg
手すりは0.26mm、フックは0.23mmの真鍮線で。

ついでに屋根上のホイッスルと手すりも。モールドを削ってKATOの余りパーツを取付け。
d0147534_17264012.jpg

0.1mmの真鍮板でホイッスルカバーの制作。
d0147534_17272599.jpg
カバーを取り付けるとせっかくのホイッスルも隠れてしまいますが。。。

ボンネットの手すり&フックの取り付け終了。
d0147534_17291394.jpg
d0147534_17292830.jpg


近似色に調色した塗料を塗布して完成。
d0147534_17294494.jpg
d0147534_17304182.jpg
d0147534_173105.jpg
d0147534_17311749.jpg
d0147534_17315689.jpg
取り付けたフックはボディ色に塗ってしまうと余り目立ちませんが、、、

予定工作終了です。
d0147534_17334693.jpg
d0147534_17335950.jpg

[PR]
by miki6375st | 2013-10-09 17:35 | ディーゼル機関車 | Comments(0)

DE10 わたらせのボディのデコレーション終了

ボンネット横の手すりも取り付けてデコレーション工作 予定終了です。
d0147534_19584346.jpg
複雑な形状の手すりですが、けっこううまくまとめることができました。
d0147534_1959152.jpg
d0147534_201692.jpg
d0147534_2012818.jpg
ついでに軽くウェザリングも施してみました。
d0147534_2011139.jpg
ボンネット上の手すりは今後の宿題にとっておきます。

いつもなら背景画像をおいて雰囲気だけのパノラマ完成写真ですが、、、今回は手抜き
d0147534_2014616.jpg

d0147534_202380.jpg


比較です。左がMAのDD16、右がKATOのDE10。
d0147534_2062653.jpg
工作前はDD16と同じバランスでごってりした感じでしたが、アフターはかなりすっきりした印象になって、プラ手すりのふにゃふにゃからシャッキッとシャープになってくれました。
[PR]
by miki6375st | 2013-10-05 20:13 | ディーゼル機関車 | Comments(0)

DE10をいじる

手すり金属線化つながりで、MAのわたらせカラーのかなりぶっとい印象の手すりをいじっていきます。
デキ301では0.3mmの真鍮線を使いましたが、今回は0.3mm白いケンタカラーを使ってハンダ作業なしで進めていきます。
d0147534_15144191.jpg


まずは解放テコの曲げ工作。ここは0.3mmの真鍮線を使って。
d0147534_15144640.jpg
解放テコの留め具を既製部品をカットして流用しようとしましたが、これまた太すぎの印象なので0.34mmの銅線を加工してみました。

手すりは、微妙な3Dの曲げ工作に苦戦し、失敗作を量産しながら、なんとかこんな状態に。
d0147534_15261281.jpg
加工前の状態との比較。
d0147534_1672551.jpg
ぼってりな印象からかなりすっきりしました。
d0147534_1526317.jpg
実車比較ではスケールオーバーですが、あまり細いのを使うと直線の維持が難しかったり、強度が弱かったりするので、模型的なバランスをみて0.3mmを選択しています。

手すりの内側の部分は後付けで。
d0147534_15294955.jpg
部品類は既製部品をカットして流用。
[PR]
by miki6375st | 2013-09-29 15:34 | ディーゼル機関車 | Comments(0)

DD51 北斗星 予定作業 終了〜!

DD51 北海道色のディテールアップも最終段階。
ケーブルと繋がったジャンパ栓受を再現しようとKATOのパーツを流用したのですが、思うように薄くスライスできずメタボな状態になったまま。0.5mm厚以上はあるでしょうか。
これは部品が小さ過ぎて押さえることが難しく、思うような加工ができなかったから。で、こんな風にしてスライスし直し。
d0147534_8254617.jpg
L字アルミアングルに両面テープを張り付けただけですが、これで加工する部品が固定できるので押さえに苦労することなく作業できるようになりました。しかも「飛ばして捜索」という情けない無駄な時間を浪費しなくてすみそうです。
0.3mmぐらい、薄くスライスできました。ただ張り付けた両面テープの粘着力が強くて外しにくいし、粘着膜の厚みがクッションになってナイフを入れると多少動いてしまいます。粘着素材もいろいろと探ってみなくては。

実車だとトレインマークを取り付ける部分には台座金具が取付けられているようですが、今回はかなり端折って円弧部分だけを
d0147534_8255687.jpg
トレインマークの取付け台座工作は今後の宿題としておきます。

ようやく・・・予定作業終了です!
d0147534_826568.jpg
d0147534_8261518.jpg
d0147534_8262596.jpg
d0147534_8263443.jpg
d0147534_8264411.jpg
d0147534_8265380.jpg

春の北海道。残雪の遠景の山をバックに疾走するイメージで。重連でないのが寂しい・・・
d0147534_827381.jpg
d0147534_8271397.jpg
d0147534_827239.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-05-05 08:30 | ディーゼル機関車 | Comments(10)

DD51 北斗星 カプラー周りのお化粧

引き続きDD51 北海道色のディテールアップ作業。
実車のようにジャンパ栓受が斜めに飛び出てケーブルと繋がっている状態を再現したいのですが、それにはジャンパ栓受をなんとかしなければ。。。

パーツメーカーを探ってもこれといったものが見つからず、モールドされているジャンパ栓を削ぎ落として斜めに付け直すしかないかなと思いあぐねていたところ、「そういえば・・・」と、、、思い出しました。
d0147534_8551869.jpg
これ!これ! EF65の付属パーツ。これを薄くスライスして取り付けてやろう。

ジャンパ栓受に目処がついたので、一番奥まったところの解放テコから取り付け。
実車を見本に手すりを縫うように取り付けると、テコと手すりが干渉して妙な力が加わっているのか、きゅっと動いて良い位置に留まりません。そこで縦方向の手すりの一部に切れ込みを入れて、そこにはめ込むようにテコを通して落ち着かせて軽く接着剤で固着。
d0147534_855293.jpg
ジャンパケーブルのジョイント部分はパテで肉盛りしてそれらしい雰囲気に。
真っ白だった階段もミッチャクロンマルチを塗布して黒くラフに塗ってます。後で溶剤で拭き取るかナイフで削ぐかで白フチをだしていきます。

ケーブルを取り付けて色差しも。
d0147534_8553978.jpg
オーバースケールな部品達が重なってごちゃごちゃし過ぎでしょうか???
ジャンパ栓受も小さいのでうまく押さえられず薄くスライスできません。ちょっとゴツイ?
d0147534_8554992.jpg
後はボディの凹凸に墨入れしていきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-05-02 09:07 | ディーゼル機関車 | Comments(6)

DD51 北斗星 手すり取り付け終了

DD51 北海道色の車両整備の続き。手すりの曲げ工作に難儀したあげく、
d0147534_12161396.jpg
直線出しとか微調整したいところもありますが、とりあえず取付け作業終わりました。

カプラー周りの部品も一通り準備できました。
d0147534_12162211.jpg
解放テコの取り付けをどうしようかと思案しています。
実車をみると縦方向の手すりを縫うように取り付けられているので、そのようにはめ込むだけである程度は固定できそうですが、、、やっぱ取り付け部品があった方が実感的かなあ・・・なんて、もやもやしている最中です。

それとジャンパ栓受けが斜めになってケーブルが繋がっている状態を再現したいのですが、それらしい市販部品が見つかりません。。。モールドされているジャンパ栓受をきれいに削り取って斜めに取り付け直してみますかねえ。もし失敗したらミクロ工作の世界に突入して自作・・・・という嫌な予感も。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-04-30 12:27 | ディーゼル機関車 | Comments(8)

DD51 北斗星 ディテールアップの下準備

DD51 北斗星のディテールアップ。ボディにモールドされている手すりを削り取って金属線に付け替えています。
d0147534_8295377.jpg
コの字状に出っ張ってくると手すりらしい雰囲気が出てきますねえ。

運転室部分もモールドを削って
d0147534_830587.jpg
削った箇所は成形色が露出するのでゴールドを差して帯を繋げました。ついでにHゴムの厚みの部分にもグレーを。

ケーブル類の下ごしらえ。
d0147534_8301692.jpg
今回は試しにケンタカラーを素材に作成してみます。
ホース部分はいいのですが、コック部分はプライヤーで平らにつぶせる柔らかい銅線の方が強固な接着ができるし、バルブ部分がスリムに表現できるので、白のケンタカラーはボツとしました。
[PR]
by miki6375st | 2009-04-28 08:32 | ディーゼル機関車 | Comments(6)