カテゴリ:電気機関車( 41 )

EF81 手すり取付けの穴あけ

雨で停滞気味だったEF81の手すりやエアホースの下地処理がようやく済んで、取り付け用の穴をあけていきます。
いろんな方の作業を見ていると、皆さんモールドの部分は削り落とされているので、私もそれに習って。
d0147534_96740.jpg
モールドの削り取りはデザインナイフでやりましたが、削りたい部分以外も一緒に削ってしまいそうで、ムズカシイ。。。
運転席窓下のモールドの削り取りは断念しました ^ ^ ;
d0147534_9181080.jpg
いきなりドリルをあてると先が滑ったり踊ったりしてツボる可能性が大なので、まず針状のものであたりを付けてから。
こうしてみると、穴の位置がマチマチですね。手すりのねじり具合なんかでごまかしていきましょう ^ ^ ;

この作業の最中、ビンパイスが作業台から転がり落ちて、0.4mmのドリル刃が根元からポキン ( T T )
床に這いつくばって捜索したのですが見当たらず。諦めて0.5mmの刃に交換し作業続行。0.34mmの真鍮線が素材で、どうせヘタクソ厚塗り塗装しかできないので、0.5mmの方が具合がいいかも。
でも0.4mmのドリル刃は短くなっても使えそうなので、今夜も捜索再開です。
d0147534_9162842.jpg
自作パーツ故、大きさが微妙に違うので、具合を見ながら穴あけしていき、仮付けした状態で曲げ具合などを調整して、番号をふってパーツと取り付け位置を特定しておきました。下地処理をする前にやっておけば良かったんでしょうが、今となっては後の祭りです。

動力車操縦者さんに教えてもらった赤13号を入手しました。
d0147534_9523238.jpg
ついでに車輛のタッチアップ用にと。青が2つあるのは、、、注文時の入力ミスです ^ ^ ;
[PR]
by miki6375st | 2008-07-04 09:59 | 電気機関車 | Comments(4)

解放テコの自作 こんなんできました!

解放テコ工作の続きです。
成形プレス器の3枚のアングル材のうち真ん中の板が、解放テコの中央部の凸状を成形するキモなので、もう少しシャープなラインが出せるように作り直しました。
d0147534_10343725.jpg
使っているアルミのL字アングルは、長辺15mm、短辺5mm、90cm長。ホームセンターで250円ぐらいでした。うちのアルミサッシの引き戸のガタガタになったレールの補修に使ったものの端材です。かなり柔らかいので普通のヤスリで簡単に削ることができます。
d0147534_1035992.jpg
作り直した箇所ですが、前作でちょっと横着して真っ直ぐに削っただけの溝の削り口を、六角レンチの外側の形状に合わせて、斜めに削ってみました。これで密着度が増してシャープなラインが出るんじゃないかと期待しています。

アングル材を3枚重ねてプレスしていきます。
d0147534_1035484.jpg
上側が前作で成形したもの。下側が作り直した成型器でプレスしたもの。
シャープさの違いがわかるでしょうか?

凸部の幅がもう少し広い解放テコもありますが、それ用にはもう少し大きな六角レンチを使って、その太さに合わせた溝を削っていきたいと思います。

ここからテコのハンドル?部分を曲げていくのですが、トータンさんにご指摘いただいたように、ここも左右対称90°に曲げていかなければいけません。
ここの曲げはアングルの斜めに削った部分を使って、
d0147534_103627100.jpg
曲げたい長さのところに線を引いて、それをガイドに片側ずつ曲げていきます。
撮影のためにクリップで挟んでいますが、指で押さえながらやっていきます。
ただ角にあてがって押さえたぐらいではシャープなラインがでないので、
d0147534_10365651.jpg
こんな風にアングルに挟んでプレス。
d0147534_10372454.jpg
この一押しで、シャープなラインにすることができます。
左がプレス前。右がプレス後。
この段階で全体の捻れや歪みを調整していきます。

次にもうひとつご指摘いただいていたハンドルの形状も左右対称に曲げていかなければいけません。ハンドルの形状はクランク状、くの字状、直線などいろいろと違いがあるようで、クランク状が一番難しそうですね。
クランク状の曲げ工作は今後の課題として、今回はEF81初期型ということで、くの字状にしていきます。
d0147534_10375818.jpg
曲げる分だけはみ出させてアングルにセットし、テープでとめて力の強そうなデカいクリップで固定。
d0147534_10383114.jpg
凸部の形状を壊さないようにプレス器のアングル材の溝の部分で逃がしながら押し当てて、2ヶ所いっぺんに曲げていきます。
クランク状曲げもこれを繰り返せばいけるんじゃないかなとイメージしています・・・。

各部の角度を調整して曲げ工作、終〜了〜。仕上がり寸法にカット、切り口をヤスリ掛けして完成。
d0147534_10385971.jpg
車体への取り付けは、リード線を巻いて1本に縒り、車体に0.4mmの穴をあけて裏側から瞬着で固定しようかと思っています。
d0147534_10392818.jpg
KATOの製品と比べてみました。いかがでしょうか? 
みやび鉄道風 解放テコの出来上がりです!!
まだ改善点は多々ありますが、星ひとつ★☆☆ぐらいはもらえるでしょうか???

G社の製品とは比べようもないシロモノですが、代引きで注文したとして1,975円儲けました ^ ^
[PR]
by miki6375st | 2008-06-26 10:48 | 電気機関車 | Comments(12)

解放テコの自作に挑戦!

解放テコの曲げ工作。
中ほどの飛び出たところを左右対称に曲げるのが、非常〜にムズカシイ。
目をつけたのが六角レンチですが、ただ巻き付けてあてがうだけではうまく曲がってくれません。いろいろと考えたあげく、再三登場するアルミのL字アングルを3枚使ってプレスしてみることにします。
d0147534_1273458.jpg
1枚は無加工、1枚は六角レンチの一辺と金属線(存在感があるようにデフォルメ的に太めの0.34mmの真鍮線を使用)が収まる幅(幅狭)に凹状に削り、1枚は六角レンチが通り抜けるだけの幅(幅広)に削りました。
d0147534_128891.jpg
無加工、幅狭、幅広の順に重ね合わせ、幅狭と幅広の間に真鍮線をセットします。
その溝に六角レンチを押し当て、アルミアングルの1mmの厚さを利用して成形しようという作戦です。
d0147534_1284351.jpg
L字のアングルは角がしっかりかみ合い、溝がずれなくていい塩梅でした。
シャープなラインが出ないんじゃないかとあまり期待していませんでしたが、
d0147534_1292145.jpg
意外や意外! きれいなラインで成形できました。

この前は角をひとつひとつ曲げてみて、1時間経っても左右対称のキレイなラインに出来なかったんですが、今回はあっ!と言う間に完成です。
d0147534_1295356.jpg
後はフチを斜めに削ったアングルにあてがい、丁度いい長さのところで両サイドを曲げていけば、解放テコもどきの完成です。

この解放テコ成形プレス器、もう少しアングルをしっかり固定して、十分力を入れてプレスしてやれば、もうちょっとシャープなラインがでそうなので、修行してみます。
[PR]
by miki6375st | 2008-06-24 12:13 | 電気機関車 | Comments(10)

トレインマークをつくりました

急行きたぐにのトレインマーク。
80年頃とおぼしきモノをネットで見つけたのですが、画像が小さくて印刷するとボケてしまいそうなので、それを参考にしてPhotoshopで作ってみることにします。
d0147534_10425291.jpg
文字もそれらしいフォントを探して、カマクラは自分で描き、雪ん子のいい図柄がなかったので(実物は横向きの男の子)リアルタッチの女の子のイラストをPhotoshopのフィルタで簡略化してそれらしくしてみました。
d0147534_10432265.jpg
これを方向幕の作成に使ったシール用紙に出力します。印刷時の拡縮に対処するために大きさを多少変えたものを複数コピーしています。

方向幕の時もそうでしたが、切り抜き作業の方が大変です。
d0147534_10434655.jpg
あちゃ〜!! 太陽と影が逆! ^ ^ ;
d0147534_10441069.jpg
ちょっとだけ、、、80年頃の急行きたぐに。オユ10を牽かせてみました。
この後ろに連結する12系は所有していないので今後の課題です。
あっ! トレインマークを取り付けて「顔」のお化粧は終わりじゃないですから。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-06-19 10:49 | 電気機関車 | Comments(6)

EF81 一般色 屋根上イジり

EF81 ローズピンクをちょっとイジっていきます。
ナンバープレートは80年頃の急行きたぐにを再現したいので、一番若い数字を取り付けたのですが、プレートは前面用と側面用とでは形状が違うんですね! 
付け間違いに気付いて外していたところプレートを損傷してしまいました ^ ^ ;
ボディにはダメージはなかったのですが、新たな番号として3号機に見えるかなと「103」にしてみました。

で、今回はうちの床上レイアウトで一番良く目立つ屋根上をいじります。
d0147534_9284230.jpg
目黒のダンボさんの工作を参考に高圧線を金属線に取り替えてみます。

取り替える高圧線には0.34mmの銅線を使い、これと碍子をどうやって接続するか。
工作プランとして、碍子上部の円柱部分に0.4mmの穴をあけてそこに通す。穴をあけ損ねたら円柱部分を切り取って上から銅線を接着。という作戦で臨みました。
d0147534_9411561.jpg
穴は何とかうまくあけることができました。碍子を塩害対策の緑に塗ります。
d0147534_9424281.jpg
アルミのL字アングルを駆使して銅線をシャープに曲げることができました。
穴に銅線を通して完成です。
d0147534_94888.jpg
右側の短い方の銅線は軽く接着剤を使っていますが、左側は通しているだけです。
d0147534_9523181.jpg
アップで。
d0147534_953177.jpg
思いのほか順調に作業終了しました ^ ^
d0147534_1001614.jpg
「頭」をいじると今度は「顔」ということになりますが、多分そんなに一気には作業できないと思うので、あまり期待しないで下さい。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-06-17 10:07 | 電気機関車 | Comments(10)

EF81 LEDの交換

先日入線したローズピンクのEF81。この褪せたような色合いがイイですね!ブルトレや旧客によく似合っています。ナックルカプラー装備車というのも好感できます。
ただ、ヘッドライトの色が気に入りません!
d0147534_11165097.jpg
このオレンジ色は違和感たっぷりな感じです。
ボディを外して
d0147534_11174694.jpg
チップLEDがついています。色合いは、
d0147534_11193117.jpg
オレンジです。導光板には色づけがなく透明なようなので、電球色に交換します。
といってもチップではなく、エルパラの3mmの砲弾型を使います。取り付けスペースは十分にありそうです。
d0147534_11222820.jpg
荒治療です。基盤ごとニッパで切り取ってしまいます。
3mmのLEDに付け替えて、終了〜です。
d0147534_1126274.jpg
取り付ける際にLEDの足を導光板に向くように、くね〜っと曲げています。
d0147534_11265765.jpg
イイ感じです。かなり明るく、いい色合いになりました。

みやび鉄道の拡張工事を敢行しました。
施行前。
d0147534_11285280.jpg
施行後。今回の工事は一番内回りに待避線を2ヶ所設置することです。
d0147534_112992.jpg
3編成の入れ替えが簡単にできるようになりました。
全体では同時に7編成が配備できるので、所有車輛の少ないみやび鉄道では編成車輛でいうとベンチウォーマーの方が少ないです。
配備している車輛は片付けるのも面倒なので、いつも放置プレーです。
これからも第2、第3の拡張計画を練っていますが、それには予算確保ですね ^ ^ ;
[PR]
by miki6375st | 2008-06-12 11:48 | 電気機関車 | Comments(10)

EF58 ナックルカプラー化

この前届いたナックルカプラーへの交換と夢空間の食堂車の内装工作を週末に一気にやってやろう!と意気込んでいたんですが、熱が出て体調を崩しダウンしていました。
皆さんも季節の変わり目、くれぐれもお気をつけ下さい。

EF58-61にエアホースとナックルカプラーを取り付けます。
実は先日作りかけていたエアホースもどきは、色を塗ると両面テープで肉盛りしたところが厚すぎてデブっちょになりすぎたので、作り直しました ^ ^ ;
d0147534_19274782.jpg
これでもバルブのところは大きすぎましたね。もっとコンパクトにしてみます。
ナックルカプラーはバネを仕込むとポケットにすんなり収まりました。
d0147534_19281559.jpg

d0147534_19283350.jpg
次にMAのEF58-35です。こちらも留め具パーツを使わなくてもバネだけで取り付けは出来ましたが、ちょっとバネが露出していて見えてしまいそうです。
d0147534_19291163.jpg
留め具パーツを少し削って、後々のメンテを考慮してテープで軽く留めておきます。
d0147534_1929468.jpg
やっぱナックルカプラーにすると、ムフフです ^ ^
ですが、エアホースやケーブルがカプラー周りにないと、ちと寂しいですね。

EF58-61が引退するという噂ですが、、、残念です。
お気に入りのゴハチが姿を消すのは寂しいですねえ。
なんとかその気品ある勇姿を残して欲しいと願っています。
[PR]
by miki6375st | 2008-03-11 19:32 | 電気機関車 | Comments(4)

×××××もどきの正体は・・・

この前、作りかけていた部品の正体は、エアホース・・・もどきでした。
出来損ないなので、???な感じだと思いますが。。。
まずはEF58 61がターゲットです。
リンクさせていただいているくたさんのブログに載っていた実車の写真に触発されたのと、ASSYバーツの入手が容易なKATOなら失敗しても、、、ということから。
d0147534_1922718.jpg
メタルプライマーを吹かして、1日乾燥。バルブとコックの部分はタミヤエナメルのホワイト、ホースの部分はゴムの鈍い光沢感を表現しようとマジックで塗っていきます。
d0147534_1932759.jpg
d0147534_1934333.jpg
じゃ〜〜ん! どうでしょうか? 
どアップでみると幼稚な工作がバレバレですが、普通に見たり、走行させている分にはそんな細かいところまではわからない!わからない! と自己暗示をかけています(笑) ディディールUPのパーツを自作したのは初めてでしたが、これぐらいの出来なら私の目は何とかごまかせそうです。

解放テコとその取り付け金具をクロームシルバーで塗って、ステップにウェザイングマスターをこすりつけて汚してみました。う〜〜ん、立体的な仕上がりで、なかなかイイ感じになってきました。いろんな角度から眺めてニヤニヤしています ^ ^

今後の改善策として、
1.細い方がいいかなと0.26mmの真鍮線を使いましたが、にぎり棒や解放テコが意外と太いので、もう少し太い線を使った方が、周りとのバランスがいいかも。
2.バルブやホースの先っちょのジョイント部(でしょうか?)は、マスキングテープを巻いて肉盛りしましたが、瞬間接着剤での接着、塗装とだんだんと厚くなっていくのを計算に入れて、1重巻き程度の薄めな方がよさそうです。
[PR]
by miki6375st | 2008-02-14 19:07 | 電気機関車 | Comments(8)

秩父デキ300の顛末記

先日、秩父鉄道の脱線事故でデキがひっくり返っていました。
大惨事や死亡事故にならなかったのが、不幸中の幸いでしたが、所有している車両が痛ましい姿になっているのをみるのは、なんともいえないです・・・

うちのデキ300です。製品時、青く見えた(ボディの成形色の影響?)ヘッドライトはエルパラの高輝度な3020のチップに交換することでかなり解消し、カプラーはマグネティックのNo.2001の短に交換、手すりもウェザリングマスターのススをこすりつけてテカリを抑えて、細くシャープに見えるようにして男前にしているんですが、残念なことに走行不良を起こしています(T T)
d0147534_1747650.jpg
12月に入線した当初は快調に走っていたのですが、ちょっと前から走行中、時々ガクンとスピードダウンしてしまいます。しばらくすると元のスピードに戻ってみたり、またスピードが落ちたりとかなりムラのある走行をするようになりました。
発進時も電圧を上げても全く反応せず、動かないこともあります。

車輪や線路を磨いても症状は変わりません。集電が悪いのかどうなのか、いろいろと現象を見ながら原因を探ってみると、1台のパワーパックを分配して2系統走行している別の動力車もデキ300と同時に同様の症状を起こすことがわかりました。デキ300以外の車両ではこんな症状を起こさないんです。
それに室内灯を点けている車両はデキ300を線路上において通電させた状態にすると急に室内灯が暗くなってしまいます。

こういう現象からみて、デキ300がほんのわずかにショートしているんじゃないかというシロート診断を下して、バラしてみます。

まず、LEDを付け替えたライトユニットを疑ってみます。下の写真に写っているオレンジ色の足付きのLEDがついていましたが、3020のチップに足を付け足して組み込んでいます。ハンダ部が車体の金属部品と接触しないように調整していたつもりですが、ボディを嵌める時にずれて接触したんでしょうか?
そこで余分なハンダを削り、ビニールテープで絶縁してみました。
d0147534_17481038.jpg
試走させてみましたが、症状は変わらりません。
ライトユニット自体を取り外して走行させてみても、同様の症状を起こします。
モーター系だったら、私の手に負えないかも?!と思いながらバラしていきます。床下パーツを外すとH型をした1mm厚ぐらいの透明なプラ製の板が出てきました。
d0147534_17484857.jpg
車輪外側の軸から床下パーツに組み込まれている集電板を通って、ボディの下から出ている接点を介してモーターへと電気が送られる構造で、H型の透明板は絶縁の役割を果たしているようです。

そういえば1ヵ月ぐらい前に床下パーツを取付ける4つあるカギ穴のひとつが切れてボディから垂れ下がっていたので、瞬接で補修をしたことがありました。

もしかしたら、その時に絶縁用の透明なプラ板がずれて、接点がボディと接触してわずかにショートしていたのかもわかりません。

透明板の4隅にある穴に床下パーツの凸部をはめ込んで固定させるという構造で、これがキッチリと嵌まっていないとまたショートしてしまいそうです。ですが、穴の位置が微妙に違うのかうまく収まらないので、両面テープでずれないように固定しました。
念のためボディから出ている接点とボディが直接接触しないように間にビニールテープを貼っておきます。
d0147534_17493721.jpg
試走させてみると、なんと!スムーズに動き出しました。滑らかに走行しています。
しばらく様子見のため走らせてみましたが、突然スピードダウンするというムラムラ走行をすることはなくなり、滑らかな走行を続けています。
直ったようです。ふ〜〜う、やれやれですぅ。よかった!よかった!

ただ、、、この顛末記に続きがなければいいのですが・・・
[PR]
by miki6375st | 2008-02-10 18:14 | 電気機関車 | Comments(8)

EF58-35 ヘッドライトのLED

日曜日は晴れ間がのぞいたものの、今日は一変、みぞれまじりの冷たい雨となりました。山間部の方は雪になっているのでしょうか。

さて次は、EF58-35のヘッドライトをイジります。
製品の状態のままでは光量が少なく、色調もオレンジが強くて満足できるものじゃなかったので、いつも使っているエルパラの電球色LEDに付け替えることにします。

早速バラしていきます。
まず車体を外し、テールライトのレンズ部分を慎重に爪楊枝で車体内に押し込んで導光パーツを取り出してから、小さいマイナスドライバーでライトユニットを収納しているボックスをこじってやります。

ライトユニットはこんな形状でした。
3mmの砲弾型のLEDが基盤の上下についています。
d0147534_15515320.jpg
基盤に対して垂直に取り付けられているのがヘッドライト用のLEDで、写真よりは
もう少し赤みがあるオレンジっぽい色です。裏側に水平についているのがテールライト用の赤色LEDです。手ぶれしてしまいました ^ ^ ;

今回の改造はLEDだけの交換です。できるだけ効率よくヘッドライトのパーツに光を導いてやろうとLEDの足をこんな風に折り曲げて取り付けてみました。
d0147534_15523912.jpg
比較してみましょう。
d0147534_1553182.jpg
左側の交換前の写真は、実際にはこんなに明るく見えなかったような気がします。
右側の交換後のライトの色は白くとんでしまいましたが、実際は黄味をおびた色です。
(なかなか、光の色を写真で表すのは難しいですね)
ヘッドライトらしく十分な光量があり、なかなかイイ感じになりました。見る角度によっては一瞬くらむような感じの眩しさがあります。暗がりで走行させると、多少なりとも前方を照らしています。

カプラーも交換して男前になったところで、つばめを牽いて記念撮影です。
d0147534_1554110.jpg
どうでしょうか?なかなかいい感じになったと自己満足です♪
ヘッドライトを点けた状態もご紹介できればいいんですが・・・
あと今回一緒に入線したDD51やDE10もヘッドライトのLEDを交換してやろうと思っています。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-28 17:06 | 電気機関車 | Comments(6)