カテゴリ:電気機関車( 41 )

MA ED53-1の補修&ディテールアップ

ED53-1タイプ。動力車輪のゴムが朽ちて外れていたので、とりあえず径が小さすぎるものを無理矢理広げて代用していましたが、
d0147534_9282418.jpg
先日ようやく3種類ほど径の異なった補修パーツを購入したので取り替えてみます。

ついでにエアホースを。
前回のED75の時は取り付けるホースやケーブル類が多くてスルーしましたが、この車両はエアホース1本だけなので、前から気になっていたことをやってみようかと。
d0147534_9283763.jpg
真鍮線と銅線で自作したエアホースの先にほぐしたリード線を1本絡めて捻っていきます。エアホースがブラブラしないようにしているチェーンのつもりです・・・。
d0147534_9284737.jpg
カプラー周りがちょっとにぎやかになりました。

それと信号炎管が片方折れて紛失しています ^ ^ ;
d0147534_929131.jpg
形状は違うのですが、ないよりはましかなと他車の余りパーツで代用しました。
d0147534_9291869.jpg
d0147534_9292988.jpg
なかなか・・・イイ感じ ^ ^
これをみると、既に作業済みの蒸気やゴハチにも鎖を取り付けたくなりますねえ。
[PR]
by miki6375st | 2008-12-27 09:42 | 電気機関車 | Comments(8)

ED75 ディテールアップ仕上げ作業

ED75のディテールアップの続きです。
パーツ類の塗装もようやく終了しボディに取り付けていきます。
この間、解放テコが1個行方不明になって、作り直したりしてあたふたしてました。
d0147534_9354646.jpg
ミッチャクロンマルチ→サフと吹かして、色は筆塗りです。

スカート周りもモールドを削って、穴あけ。
d0147534_936398.jpg
接着はいつものようにスーパーXを使います。真鍮線の先に少しつけて穴にさして穴に接着剤を塗布していきます。
d0147534_9361936.jpg
スーパーXは硬化が遅いので手すり類の取り付けもゆっくりと作業できます。

エアホースやケーブル類の取付け
d0147534_9363025.jpg
塗装前にしっかり曲げたつもりでも、実際に取付けるとナナメってたり波打ってたりと歪な形状をしているものもあるので矯正していきます。矯正中、塗料の剥がれた箇所はタッチアップして。

なんとか完成です。
[PR]
by miki6375st | 2008-12-20 09:43 | 電気機関車 | Comments(6)

解放テコ 真鍮線で自作

ED75の車両いじりの手すりも取り付けの下準備が終わって、今度は解放テコを曲げていきましょう。

解放テコの曲げで一番厄介なのは中央部の凸部のところです。これを工具を使って曲げようとしても左右対称にならないし、なかなかうまくいきません。
そこで登場するのがコレ!
d0147534_8224114.jpg
1mm厚のL字のアルミアングル3枚、六角レンチ。
アルミアングルの溝についてはこちらこちらに詳細が。

アングルを重ねて0.34mmの真鍮線をセットし、
d0147534_8225150.jpg
溝のところを六角レンチでぎゅっと抑えれば・・・
d0147534_823169.jpg
あっという間に成形完了!

ED75のはEF81のとは凸部の幅が広いような気もしますが、アルミを削り直すのも面倒くさいので同じ幅でいくことに。。。

解放テコになるようにアルミアングルを使って曲げていきます。
d0147534_8231239.jpg
解放テコ、完成です! 
工作状況の詳細は上記の「こちら」をクリックしてみて下さい。

0.34mmではちょっとオーバースケール。でもNゲージだとデフォルト気味の方がバランスがいいように映るような気がします。手すり類に0.3mmを使ったのも同様です。

取り付けの割りピンの代わりに
d0147534_8232286.jpg
リード線で代用です。くるっと回して1本に縒ります。

ボディに仮付け。
d0147534_8233129.jpg
上下に可動するので遊べそうですが、左右にもずれるので接着固定していきます。
[PR]
by miki6375st | 2008-12-12 08:34 | 電気機関車 | Comments(12)

ED75 手すり取り付けの下準備

ED75の車両いじりの続きです。0.3mmの真鍮線を曲げて自作した手すりなどのパーツを取り付けていくための下準備。モールドを削っていきます。
d0147534_8492977.jpg
窓下の手すりモールドは他の部分も削ってしまいそうなので断念しました。

手すりパーツ。同じ曲げ幅になるように治具を使って曲げていったのですが、力の入れ具合や抑え具合で微妙なバラツキがあるので、
d0147534_8494113.jpg
取付け位置に穴をひとつあけて、足の長さを違えた手すりパーツを差してみて、対の穴の位置を定めて、針であたりをつけから穴あけしていきます。
d0147534_8495181.jpg
そして番号をふって、取付け位置とパーツを特定しておきます。
こうした仮付け作業は手間がかかりますが、いきなり塗装したものを取り付けようとすると穴位置が合わなかったり、無理にねじ込もうとすると塗装が剥げたりして、手直し作業の方がはるかに手間がかかってしまうので。。。


やま♪さんからご質問がありましたが、私が穴あけ工作に使用しているピンバイスです。
d0147534_850252.jpg
0.5〜1.4mmまでの0.1mm刻みで10本がセットになったドリル刃と一緒にホームセンターで購入しましたが、田舎の小さな店なので0.4mm以下の細い刃は売ってなくて、0.3mmと0.4mmはネット通販で入手しています。この2本は手頃なプラケースがあったので化粧パフのようなスポンジをクッション材にして出し入れしています。

それから折れやすいドリル刃の私なりの工夫ですが、、、
0.4mmの刃が折れてから持ち方を以前の鉛筆持ちや指先で柄を抑える持ち方から
d0147534_8501163.jpg
手のひらというか指の股あたりで柄を保持するようにしてみました。
d0147534_8502132.jpg
こうすると安定感がよくて指先が滑って外れても柄が大きくブレることはなく、手で力加減ができるので指先でするよりは微妙な力加減が効くようになったようです。この持ち方にしてから刃が折れるという悲しい事故は起きてないです。
それと刃をつけたまま手を離す時は、転がり落ちるのを防止するために、空いた車両ケースにいれています。
[PR]
by miki6375st | 2008-12-10 08:57 | 電気機関車 | Comments(10)

ED75 耐寒形の屋根上高圧線の銅線化

ED75の屋根上いじりの続きです。
プラ製の高電圧線をニッパでカットし、ガイシの上部に穴をあけていきます。0.4mmのドリルだと滑りやすく刃先が落ち着かないので、0.3mmのドリルで穴開け後、0.4mmのドリルで広げていきます。
d0147534_8424893.jpg
0.34mmの銅線をアングルを使って曲げて、ガイシを通します。

途中経過です。
d0147534_843033.jpg
上側の線の長い方が銅線、下側の短い方は製品時のプラに色差したもの。シャープさの違いがじわ〜っと分かるようです。

クランク曲げにちょっと手こずりました。
d0147534_8431254.jpg
アップで
d0147534_8432459.jpg
d0147534_8433733.jpg
d0147534_8434936.jpg
カプラー取り替えとか手すりの取り付けとかに比べて劇的な見た目の変化はありませんが、すっきりスマートになったような・・・。
これで塗装剥がれの心配はなくなりましたが、取り付けた銅線は柔らかいので当たると形を崩してしまいます。なのでデリケートな Don't Touchゾーン継続中です ^ ^ ;
[PR]
by miki6375st | 2008-12-06 08:58 | 電気機関車 | Comments(8)

ED75 耐寒形のディテールアップに着手

電気機関車いじりといえば・・・7月にEF81ローズピンクのディテールアップを終了してから早や半年。久しぶりに電気機関車のディテールアップに着手していきましょう。
d0147534_841618.jpg
ターゲットはKATO ED75耐寒型。1年以上前に色差しをしていましたが、今回は立体的に別パーツ化していきます。

ボディを外して
d0147534_8411614.jpg
ヘッドライトは電球色LED化しています。製品時の状態はどうだったのか・・・記憶がない。。。そういう意味ではこうしてブログに記録していくというのは物忘れが激しくなった昨今、自身にとって便利な健忘録になっています ^ ^ ;

まずは屋根上の高圧線を銅線にチェンジ!
EF81よりはちょっと高圧線が複雑そうですが、手始めに短いのから。
d0147534_8412663.jpg
ニッパで線部分をカットし、ガイシの上部に0.4mmの穴を開けて、曲げた銅線を通します。

この後、ボディに取り付けてみようとしたら掴み損ねて飛んでしまいました。捜索時間10分で発見できましたが、ホコリまみれで銅線もぐにゃっと。。。やりなおしです ^ ^ ;


とある農家の人と対面しているのは・・・
d0147534_841365.jpg
「ゆうびんで〜す」
改造中だったサラリーマン風の人は郵便配達員に大変身!
ちなみに手に持つ封筒は本物を小さく切っています。
d0147534_8414558.jpg
駅員さんとの違いが出るように制服の色を緑っぽくしてみましたが、郵便局の制服が緑だったのは平成になってからだったでしょうか? 昭和の時は紺色だったような。。。
仕上げにつやなしクリアを吹きましたが、吹きようが足らないのか服がテカってますね ^ ^ ;

次なる改造もボチボチと着手しています。乞う!ご期待・・・(もったいぶってます ^ ^ )
[PR]
by miki6375st | 2008-12-04 08:46 | 電気機関車 | Comments(6)

アレのヘッドマークを作成

遅ればせながら、もう少しするとうちにもアレがやってきそうです。
ある程度注文の商品が揃ってから送ってもらっているので、タイムリーとはいかず多少の時差はありますが、入線に備えてヘッドマークを作っておきましょう。
前に作った要領で
d0147534_11275363.jpg
ネットで見つけた資料写真を元にPhotoShopで作成していきます。これをいつものシール用紙
d0147534_1128748.jpg
印刷時の拡縮を考慮して、大きさを微妙に違えて数種プリントし、切り抜きしやすいようにシールの剥離紙に貼り替えます。
プラ板に貼付けるのですが、いつものことながら作るより、ま〜るく切り抜く方が手間取ります。
d0147534_11282281.jpg
ヘッドマークのエッジ部分を塗って、切り抜きのガタガタと微妙な位置ずれをごまかします ^ ^ ;
取り付けは両面テープで。
d0147534_1128322.jpg

[PR]
by miki6375st | 2008-11-21 11:32 | 電気機関車 | Comments(6)

EF81 ディテールアップ 予定終了!

EF81 ローズピンクのディテールアップも予定していた作業が終盤に近づいています。
乗務員乗降扉の手すりを取り付けます。
d0147534_9565028.jpg
ボディ横側の窓パーツをよう外しません。
こういった手すりの取り付け作業は、貫通させた穴に通して裏側から出具合などを調整した後、余分な部分をカット、という工程で塗装部分には触らないように手すりの足を長めにしていました。が、今回は予め仕上がり寸法にカットして取り付けなければなりません。
ということは、取付けの際に塗装部分をピンセットでつまむことになりますね。。。
d0147534_101002.jpg
案の定、穴に差し込むのに、こねくり回していたら塗装が剥がれてきました。
手すりの接着はセメダインのスーパーXを使って。硬化には多少時間がかかりますが、つきすぎたりした余分な接着剤はボディ塗装を傷めることなく、半乾きの時なら簡単に取れます。溶剤で拭いてやると跡形もなく、、、です。
d0147534_10174635.jpg
タッチアップで対処しましたが、多少ガタガタ塗装に ^ ^ ;
発煙筒も動力車操縦者さんを習って別パーツを取り付けました。
ボディに別パーツをたくさん取り付けるとカッコよくなりますが、段々とデリケートになって取り扱い要注意です。
d0147534_10191120.jpg
とりあえずこれでEF81 ローズピンクのディテールアップは予定終了しました。
[PR]
by miki6375st | 2008-07-12 10:31 | 電気機関車 | Comments(10)

EF81 ディテールアップ ほぼ完成

EF81のディテールアップ。スカート周りと前面手すりの加工です。

動力車操縦者さんの作業をマネて部品に色差ししていきます。
d0147534_10303255.jpg
0.5mmのドリル刃でボディに穴をあけていきましたが、たぶんピンバイスが垂直ではなく斜め斜めに入ったのでしょう、0.5mm以上の穴になっていると思われ、0.34mm真鍮線素材の手すりを取り付けていくと、ちょっとスポスポで、隙間も目立ちます。

そこでセメダインのスーパーXで穴埋めをしながら接着しました。
d0147534_10311462.jpg
硬化には相当な時間がかかりますが、イイ感じで手すりの隙間を埋めてくれました。
ボディの余分なところにも付いたりしても、溶けたり塗装が変色するようなダメージはありません。溶剤なんかで拭き取ってやるときれいに取れます。
仕上げにタッチアップして。
d0147534_10314840.jpg
d0147534_1032373.jpg
ちょっと角度を変えて、
d0147534_10321780.jpg
オユを牽いて80年頃のきたぐに
d0147534_1032319.jpg
とりあえずスカート周り、前面手すり取り付け工作、終〜了〜です。
[PR]
by miki6375st | 2008-07-07 10:46 | 電気機関車 | Comments(14)

EF81 手すりの仮付け

EF81の手すり工作、牛歩から亀歩状態に減速しています ^ ^ ;
GMの赤13号を塗って、仮付けしてみました。
d0147534_1194235.jpg
0.5mmではちょっと穴が大きすぎるようでスポスポです。隙間も気になります。
d0147534_1191281.jpg
裏側から瞬着で接着しようと思っていましたが、運転席の窓が外しにくそうなので、付けたままで作業するとなると、窓パーツが白化する可能性が大です。

そこで以前、試しに購入したものの硬化が遅いので使い勝手がよくわからずお蔵入りになっているセメダインのスーパーXを使ってみようと思います。

接着工程のイメージとしては、まず穴を埋めるように少量のスーパーXを表側からちょん付け。そこへ手すりを差し込み固着。これで接着と穴埋めが一気にうまくいけばいいのですが、、、とりあえずテストしてみます。
[PR]
by miki6375st | 2008-07-05 11:28 | 電気機関車 | Comments(8)