カテゴリ:レイアウト制作( 41 )

気が変わりました

気が変わって、トンネル山を撤去しました。
d0147534_18085579.jpg
R718のS字カーブをトンネルで隠してしまうのはもったいないなという思いで。
d0147534_18125439.jpg
で今度は小さな山を作って複線の片側だけトンネルに。もう一方は落石防護柵でも。
d0147534_18160506.jpg
d0147534_18161989.jpg
トンネルの全長が短いので今度は点検窓は設けずに。
d0147534_18174715.jpg


海ゾーンの絶壁エリア。
d0147534_18193018.jpg
カネライトでおおまかな地形成形。
d0147534_18204243.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-05-22 18:21 | レイアウト制作 | Comments(0)

段々畑の成形 & 山の覗き窓

高台の一件農家。手前に段々畑を配置して高台までのアプローチを形成していきます。 朝の連ドラの「はな」の実家が以前から漠然とイメージしていた情景に近いものがあったので、イメージの輪郭がはっきりしてきました。 カネライトを使って工作。
d0147534_09530533.jpg
地形の調整は木紛ねんどを使って。
d0147534_09565744.jpg


すぐ横のトンネルのある山ですが
d0147534_09572927.jpg
全方位鑑賞型のレイアウトにしたいので、山に断面の壁を作らず、覗き窓は「はめ込み式」にしてはめ込み部も緑化していく予定です。
d0147534_09580868.jpg
ただどうやって抜き取ったりはめ込んだりするか。隠し取手でもつけようかと、、、方法を模索してみます。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-17 10:04 | レイアウト制作 | Comments(2)

ありえない???

ネットで木造の橋を検索していたところ、目が釘付けになる橋を見つけたので早速工作開始。素材は3mm丸の竹ひご。
d0147534_21062990.jpg
簡単な図面を元に組み上げて
d0147534_21080737.jpg
竹ひごの表面がツルっとしているので、古木の丸太に見えるように接着剤をまだらに塗ってデコボコ感を。
d0147534_21115336.jpg
組み上げました。
d0147534_21143685.jpg

経年劣化した古木に見えるような色に塗装。
d0147534_21160466.jpg

塗装するとデコボコ加工の効果が目立ってきました。
d0147534_21200493.jpg
ただアップでみるとチョコ菓子の「小枝」のような感じ。。。 


さらにパステルで表面を仕上げて
d0147534_21214649.jpg
丸太とユニトラックの道床との隙間に木紛ねんどをつめて
d0147534_21223209.jpg
レイアウトに組み込みました。
d0147534_21242629.jpg
d0147534_21244013.jpg
車両がR315に干渉しないようにするために少し幅広にした分、作りが大きくなってしまったので、山側の窪みを大きく深くしました。
d0147534_21370341.jpg
渓谷ゾーンのアクセントとしてビューポイントになってくれそうです。
その昔森林鉄道だった「遺産」という設定にしていますが、実際の鉄道建設では強度的にありえないのかもしれませんね。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-13 21:42 | レイアウト制作 | Comments(4)

渓谷にワンポイント

渓谷ゾーンの奥まった一角のR315を取り外して
d0147534_14152717.jpg
凹状に切り欠いて地形にアクセントをつけていきます。
d0147534_14171494.jpg


買ってはみたもののレイアウト構想から外れているプレートガータ橋の
d0147534_14222732.jpg
枕木部を使って
d0147534_14235509.jpg
この状態ではR状に曲げられないので、枕木間の補強部を取り除いて
d0147534_14253635.jpg
中抜き加工したR315に差し込みます。
d0147534_14263770.jpg

枕木をタミヤアクリルのハルレッド、レール側面をNATOブラウンで塗装して完成。
d0147534_14274800.jpg
模型的にはこれぐらいのスパンならこの状態でも十分な強度があって車両が通過しても問題ないのですが、渓谷ゾーンのワンポイントになるような橋を自作していきたいと思ってます。

[PR]
by miki6375st | 2014-05-11 14:36 | レイアウト制作 | Comments(2)

山の制作

カネライトを使って海ゾーンと渓谷ゾーンの間に山を形成しました。
d0147534_17100910.jpg
ちょっと急峻過ぎるかなと思いますが。。。
d0147534_17142744.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-05-10 17:27 | レイアウト制作 | Comments(2)

ベース盤面のかさ上げ工事完了

内回りの単線区間を6cmかさ上げしました。これで線路地盤のかさ上げ工事終了。
d0147534_19183868.jpg
勾配のないフラットな構成のレイアウトです。何かと面倒そうな線路勾配はスルーして、そのかわり外回りの複線と内側の単線区間に高低差をつけて変化をつけました。これは複線と単線の情景を分断するためでもあります。ただ現在かさ上げした断面がほぼ垂直な断崖になっているので、不自然じゃないような処理ができるようこれから頭を悩ませていきます。

この辺は湖&渓谷ゾーン。
d0147534_19195961.jpg

かさ上げ地盤と線路レイアウトの検証のため、線路を再配置。
d0147534_19211191.jpg

テスト走行も開始。
d0147534_19245989.jpg
d0147534_19260407.jpg

自作のアンダートラス橋と7連のガータ橋。ここは当初、外周の複線と共有の「駅ゾーン」にと構想していましたが、どうしてもこうゆう情景の中を走らせたくて、駅ゾーンを縮小することに。そのため外周の複線には駅がなくなりました。
d0147534_19282774.jpg
d0147534_19361368.jpg

湖の中ノ島を渡る橋をカネライトの端材を使って試作してみました。
d0147534_19555070.jpg
(画像加工で水面を着色)このアーチ橋、なかなかいいのでこれを心材にしてデコレーションしていこうと思います。

[PR]
by miki6375st | 2014-04-20 19:59 | レイアウト制作 | Comments(0)

ベース盤面かさあげ 2段目終了

30mm厚のカネライトの2段目敷設工事が完了。 で、かさ上げしたことで鉄橋の設置が可能となって、テスト走行開始。
d0147534_21162721.jpg
床上レイアウトでは鉄橋の設営が面倒で、見たくても見れなかったアングルに見入ってしまいます。
d0147534_21221792.jpg
d0147534_21224287.jpg
線路レイアウトをマーキングして線路を撤去。
d0147534_21232217.jpg
カネライトのかさ上げまだまだ続きます。
[PR]
by miki6375st | 2014-04-17 21:28 | レイアウト制作 | Comments(0)

ベース盤面のかさ上げ

レイアウト制作をされているブログでよく見る「スタイロフォーム」を買い求めて近所のホームセンターを2店まわりましたが、どちらも取り扱っておらず、在庫してあったこれを購入。
d0147534_16161566.jpg
ユニトラックの橋脚の高さ60mmに合わせるため、30mm厚を2枚重ねて張り付けていきます。 

専用の切り出し道具がないので、コンパネと垂木にはさんでカッターで切断。
d0147534_16195927.jpg
垂直に刃を入れていくのは難しい。。。 

 1段目の切り出しが終了。
d0147534_16230583.jpg
カネライトが動かないように数カ所、仮の側板を取り付け。
d0147534_16250771.jpg
レールを配置して、川などの切り欠き箇所にケガキ線を。
d0147534_16280995.jpg
ベースコンパネとカネライトの接着に、最初赤いキャップのチューブ式を絞り出して小さなヘラで伸ばしていましたが、絞り出しに結構な力がいるのとそんなにドバッと出てこないので時間がかかる。ということですぐに百均とホームセンターにでかけて
d0147534_16295168.jpg
楽な方法で作業することに。

[PR]
by miki6375st | 2014-04-13 16:39 | レイアウト制作 | Comments(0)

ベース盤面の加工

ベース盤面におおまかなケガキ線をザッと引いて切り欠いていきます。
d0147534_23235162.jpg
実際にレールをベースに並べてみないと切り欠き箇所が特定できないので、現場合わせです。
右側の三角部分の切り欠きは製図ミスで大きすぎました。シナリー作りもイメージし辛いのでカットすることに。 

 部材の加工。
d0147534_23322688.jpg
電動工具を持ち合わせていないのでなかなか真っ直ぐにカットできない。。。 

取り付け工作のためにかさ上げ。使ったのは発泡スチロール製のブロック。
d0147534_23342537.jpg
部材を組み上げてこんな形の凹部が出来上がり。
d0147534_23374777.jpg
ベース側面の処理など未定な部分もありますが、一応これでベース盤面は完成。

[PR]
by miki6375st | 2014-04-08 23:42 | レイアウト制作 | Comments(0)

線路パズル ひとまず終了

線路パズルがひとまず終了しました。その結果これが不要になった線路たち。
d0147534_21182573.jpg
高価な両渡り線も設置箇所が思いつかず戦力外に。ただこれから地形成形のための発泡スチロールパネルを設置する際に、また線路をバラして組み直すとジョイント不良が出て、再構築のためこの中から復活当選になるかも。


 検証走行開始。が、何年も放置状態のレールは通電が悪く、レール磨きから。
d0147534_21333345.jpg
竹の割り箸で擦ってセーム革に湿らせた潤滑剤を薄く塗布していきます。ジョイント金具にも接点復活剤を。 この潤滑剤は通電が良くなる他に、走行不良な動力車や室内灯のチラつく車両でもしばらく走らせると溶剤がなじんでくるのか走行不良やチラつきもなくなっていく点がメリットですね。
d0147534_21373075.jpg
殺風景なベニヤ平原でも床に直置きのレイアウトに比べてグンと雰囲気が上がって、酒のつまみになりますねえ。

[PR]
by miki6375st | 2014-04-06 21:49 | レイアウト制作 | Comments(2)