カテゴリ:オハ35系( 14 )

オハフ33 整備作業終了!

東北関東大震災で被害に見舞われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
被災された皆様のお役に立てればと、ささやかなキモチをコンビニの店頭から送らせていただきました。

オハフ33のオープンデッキ化工作の続き。
テールライトユニットの接続方法ですが、いろいろと考えあぐねた結果、
d0147534_18395274.jpg
発光部に繋がる銅板をU字形に曲げて、床下からのぞくCRDやダイオードの足に引っ掛ける方式に。
d0147534_18402446.jpg
単純な接続方法ですが、しっかりと通電してくれてます。ボディと床下の取り付けもイメージしていたより容易でスムーズにできます。まず接点をひっかけてから床下をはめ込みます。取り外しは逆の流れ。

カプラー周りの自作パーツ取り付け状況。
d0147534_1840565.jpg


オハフ33、完成です。
d0147534_1841261.jpg

ライトユニットのため、0.5mmほど狭くなったテールライト側のデッキ部。
d0147534_1842577.jpg

オープンデッキ同士の連結です。
d0147534_18431480.jpg
開いた扉から向こうの景色が見えるのはいいのですが、ホロ間が開いているのは、、、ちょっといただけませんね。。。

「フ」の部分を中心に窓越ビュ〜。
d0147534_18435667.jpg
d0147534_1843439.jpg
d0147534_18423274.jpg


オープンデッキ化工作、予定していた2両編成 完成です。
d0147534_18442788.jpg
d0147534_18444646.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-03-23 18:59 | オハ35系 | Comments(6)

テールライトの組み込み

オハフ33のオープンデッキ化工作の続き。
室内灯ユニットを組み上げて床下基板にハンダ付けしました。
d0147534_16352173.jpg

テールライトのユニットの一部 CRD5mAとIN4148を床下基板側にハンダ付け。
d0147534_1637817.jpg


テールライトのLED側はドアパーツに接着。ライトユニットの強度と遮光を考えると発光部はボディ側に取り付けた方がベターだろうという判断です。
ボディと床下パーツをはめ込んだ時に床下で接続させようという作戦です。
d0147534_1643617.jpg
LED部の厚みを逃がすためにドアパーツの下半分をヤスリで削って薄くしました。削っただけではLED部の厚み分をカバーできないので、0.5mmのプラ板を張り付けてみました。

遮光のために黒マジックを塗りながら練ったパテをLED発光部の周りやドアパーツとの隙間に埋め込んで、スコッチのプレミアゴールドで接着。
d0147534_1647555.jpg


ちなみにこの構造を図示するとこう。
d0147534_16491788.jpg
減光のためにメンディングテープを3重に貼って、その上から色目に影響のなさそうなクリーム1号を塗布してみました。

ライトユニットの厚み分、0.5mmほど扉の開口部が狭くなってしまいました。。。
d0147534_1762072.jpg


点灯チェック。
d0147534_1733959.jpg
光量具合もほど良さそうです。ところどころ光が漏れているところがありますが、この程度だと接着剤の固着後の修正も可能でしょう。

ライトユニットの床下での接続方法は、未だプランが固まっていません。。。
[PR]
by miki6375st | 2011-03-05 17:16 | オハ35系 | Comments(6)

オハフ33もオープンデッキに

オハフ33のオープンデッキ化工作に着手しました。
d0147534_203396.jpg

仕切り壁やデッキ床もオハ35同様に。
d0147534_2034625.jpg

いつものようにザラ屋根化とウェザリング。
d0147534_2041284.jpg

屋根上手すりとステップを取り付け。
d0147534_2043479.jpg

ホロや台車もウェザリング。
ウェザリングマーカーを塗った上からつや消しクリア。
d0147534_2045742.jpg

おおかたの工程は前出のオハ35のリピート作業なので、お楽しみ工作として「フ」の部分を作り込んでみました。
d0147534_2055887.jpg
右側の車掌室は壁で仕切られているようですが、せっかくなのでオープン化してデッキ側からも見えるようにしてみました。なので室内がどうなっていたのか資料写真も乏しいので、私の勝手なイメージでそれらしいものを設置してみました。
d0147534_2054777.jpg
d0147534_205367.jpg
d0147534_2052455.jpg

・・・と、ここまでは順調にコトは運んでいますが、テールライトの処理に頭を悩ませています。。。。。
そのままのユニットは使えないし、折り曲げた光ファイバーを這わせるか。。。

悩んだあげく、0.2mmの銅板をこんな形に切り出して
d0147534_202150100.jpg

2012赤色チップLEDを組み込みました。
d0147534_2071759.jpg
が、これを床下パーツ側に取り付けるか、ボディ側にするか、、、遮光は? ライトユニットとの接続は? などなど課題山積みです。。。
[PR]
by miki6375st | 2011-03-01 09:30 | オハ35系 | Comments(4)

オープンデッキ化工作 終了!

オハ35のオープンデッキ化工作。
ボディ天井部に穴をあけて、0.75mmの光ファイバーを通します。
d0147534_1525404.jpg

天井の形状に合わせようとすると室内灯の導光板のアクリルを台形に削らなくてはなりません。側面を斜めに削るのは面倒なので、2mmのアクリルに1mmのプラ板をくっ付けて凸状にしてみました。
d0147534_15313512.jpg


思いつきの行き当たりばったり工作でしたが、ようやく完成しました。
d0147534_15325867.jpg
d0147534_15351849.jpg
d0147534_1535222.jpg
d0147534_15344892.jpg

行き先サボは、呉線経由の広島⇔三原
d0147534_15373950.jpg


d0147534_15383976.jpg
d0147534_15382794.jpg
台車や下回りにもウェザリングマスターで汚してみましたが、ライトをあててアップで見るとかなりやり過ぎ感が強いですね。目視する分にはそうでもないのですが。。。

d0147534_15431868.jpg
d0147534_1543691.jpg
d0147534_15425585.jpg
d0147534_15424340.jpg
d0147534_15422854.jpg
d0147534_15421615.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-02-12 15:46 | オハ35系 | Comments(8)

まだまだ、こまごまと

只今16連勤中。間には残業も6日ぐらい交えているので、どんよりと体がだんだんと重くなってきてます。なので工作の進行状況はペースが上がらず。。。

オハ35の車端部に雨樋を。
d0147534_20291815.jpg
真鍮線につぶした銅線を巻き付けて
d0147534_20295534.jpg


乗降扉のてすり。0.26mmの真鍮線を曲げて、ミッチャクロンマルチで下処理を。
d0147534_20311024.jpg

接着にはこの前ホームセンターで見つけた接着剤を試してみます。
d0147534_2036975.jpg
売り場のPOPには「めざましテレビで紹介されました」とあって、軟性プラにも使えるというふれこみ。
スーパーXほどねちゃねちゃ感はないようです。
d0147534_20371991.jpg
接着剤の色が白なので使う場所が限られそうですが、ほとんど見えない茶色のボディにあけた0.3mmの穴がよく判別できました。
硬着後は弾力のあるシリコンぽい感じ。周りにはみ出た余分な接着剤もきれいに除去できて、ボディや塗装への影響はないようです。

別パーツの扉の加工。はめ込み用のツメや突起をニッパでカット。厚みのでるガラス窓パーツもはずしてしまいます。
d0147534_20514780.jpg

扉の張り付け状況。
d0147534_20595782.jpg

扉越しビュ〜はこんな感じ。
d0147534_21142.jpg
ライトを照らしてアップで見ると・・・キタナー! アラもめだつし、、、塗装でごまかせるでしょうか?
[PR]
by miki6375st | 2011-02-08 21:15 | オハ35系 | Comments(4)

こまごまと

オハ35の整備作業の続き。
車端部カプラー周りの部品工作。
d0147534_20221918.jpg
0.3mm&0.5mmプラ板や0.3mmのケンタカラーの黒を組み合わせて。
d0147534_2030418.jpg


ジェイズのスエード調を吹かして、シャビシャビのエナメルブラックで軽く1回ウォッシング。
d0147534_20354664.jpg
レボFの屋根上ステップの取り付けていきます。折り曲げて使用する足は、細くて取り扱いが難しく折れやすいので、ハナから切除して、
d0147534_20404652.jpg
0.26mmの真鍮線で足を別パーツ化。
ステップのプレート部と脚部をシャープに曲げるのが難しいし、接着作業もこっちの方が容易のような気がします。
d0147534_20415361.jpg


ベンチレーターはジャーマングレーを塗布した後、薄く溶いたブラックで側面や上面フチ際にグラデーションを。
d0147534_20501187.jpg


ほぐした2本のリード線をよじって
d0147534_20511096.jpg
ホロに取り付けて
d0147534_20521591.jpg
安全鎖の出来上がり。

オープンデッキのはめ込み具合を確かめてみます。
d0147534_20533966.jpg
デッキ壁と車体壁との接続は多少シャープさには欠けますが、、、合格の許容範囲???

デッキ壁と天井には少し隙間がありますが、ここらへんは見えないし、、、よし!としましょう!!
d0147534_20563689.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-02-02 21:03 | オハ35系 | Comments(8)

開けっ放しに向けて

オハ35の整備作業。今回の目玉は、旧客でよく見られた扉の開けっ放し仕様への改造。
いきなり大きな壁にブチあたりました。
d0147534_2391640.jpg
扉の開口部から床下パーツが丸見え。。。というか全く不自然なので、これは解消していかなくては。

ということで、デッキ部にあたる部分をカット。
d0147534_2316390.jpg
プラ板で床面の段差を解消して、端っこの中央部分をコの字にくり抜いて。これの理由は後ほど。

0.5mmのプラ板をデッキ部の床として床下パーツの赤斜線部分に張り付けていきます。
d0147534_2322051.jpg


無地の床では味気ないので、けがいて板張りっぽく。
d0147534_23235967.jpg
デッキ部の壁や通路扉もちょっとそれっぽく作り込んでみました。

デッキ壁はクリーム1号。室内側はNATOブラウンで。
d0147534_23265056.jpg


室内灯工作。こんな風に組み上げました。
d0147534_23293081.jpg


ユニットと基板の接点とをハンダ付けしてしまいます。
d0147534_2329058.jpg
ユニットの後ろ側に3mmの角帽を設置。これはデッキ壁を出来るだけ垂直に接着するための補助具として。

壁を接着して内装はこんな感じに。
d0147534_23323457.jpg
d0147534_23324662.jpg
壁は多少ウェザリングして古っぽく。
右写真の茶色の壁の上部を塗り残しているのは・・・導光板の光でデッキ部も明るくなるかなという思惑ですが。。。

前出のコの字型のくり抜きはデッキ開口部からみて不自然さがないように・・・
d0147534_23373547.jpg
床パーツの厚みの部分をシートとしてカモフラージュして段差が目立たないようにという苦肉の策です。

ちなみに床は2.5mmほど低床化できました。
d0147534_2347782.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-01-26 23:56 | オハ35系 | Comments(6)

屋根塗装の仕上げ

スハニ32の整備作業。導光板をアクリルに交換しました。
d0147534_8593797.jpg
ムラ対策したKATOの導光板を取り付けていましたが、アクリルの効果を知ってしまうと・・・・・。

スエード調に吹かした屋根ですが、マスキングテープで剥がれたベンチレータ周りは塗料で埋めていき、屋根全体をウォッシングというのでしょうか、薄く溶いたエナメルブラックを大きな筆で2〜3回サラ〜っと流すような感じで。
ベンチレータはジャーマングレーを塗布。
d0147534_8595123.jpg
ベンチレータ周りの塗装のアラをごまかすために粉にしたパステルをブレンドして筆でぼかしていきました。表面がザラザラなので筆で軽くなでるような感じでもよく喰いついてくれるようです。なので、ちょっとやり過ぎた感も。。。

ついでに、屋根上の手すりと雨樋を。
d0147534_90380.jpg


完成写真は、記録をかねて多めに・・・
d0147534_901493.jpg
d0147534_90242.jpg
d0147534_903490.jpg
d0147534_904410.jpg
未塗装の屋根と比べると雰囲気が変わってきますね。これはクセになりそうです。
雨どい・・・ちょっと太すぎたか!!
d0147534_905340.jpg
d0147534_9119100.jpg

ライトユニットのコンパクト化で貫通扉からの景色も見れるようになりました。
d0147534_91339.jpg

[PR]
by miki6375st | 2010-01-29 09:15 | オハ35系 | Comments(8)

屋根塗装デビュー

いろいろと仕入れました。旧客の屋根や車体、それに24系にオシャレしてみようかと。
d0147534_8372125.jpg
ウェザリング関係はひとつにまとめて、
d0147534_8373391.jpg
あちこち探さなくていいように。

で、早速試しに屋根塗装を。昨夏に整備したスハニ32をバラして下準備。
d0147534_8374415.jpg
洗浄後、ミッチャクロンマルチを吹かして、ガラベンをマスキング。
禁止だった色ものスプレー塗装も屋外で段ボールなどで十分に養生することでOKがでましたが、何ぶんスプレー塗装の経験が少ないので不安要素いっぱいです。。。こちらの方のようなキレイな仕上りができればいいのですが。。。


乾き待ちの間に、ライトユニットの再考を。
寝台車の場合は隠し場所があるのですが、座席車だと隠し場所がなくユニットが見えてしまっているケースもあるので、改善していきましょう。
d0147534_8375638.jpg
一番場所をとるブリッジダイオードをDI1510から小型のD1UBA80に交換。部品類は天井部にすべて収めてしまおうという作戦で、こんな風に組み上げてみました。従来のモノに比べてかなりコンパクトになって省スペース化できました。
d0147534_83871.jpg
後から思ったのですが、、、CRDの位置はLEDの横よりブリッジダイオードの横の方が良かったかなと・・・CRDもチップにした方が・・・まあこの辺は徐々に改良していくことにします。

製品状態は通路も塞がっているので、壁を切り抜いていきます。
d0147534_838175.jpg
この壁もそのままだと抜き勾配があったり厚みがあったりして銅板が乗降扉窓から見えてしまうので、垂直に薄くなるように削って、その分銅板の差し込み口も少し前方になるように広げてやります。


屋根の塗装はというと、、、マスキングテープを外すまではニンマリ顔でしたが、
d0147534_8382817.jpg
テープと一緒に塗料が剥がれる箇所が続発、ガックリです。。。。。
テープの貼り方が悪かったんでしょうね。いい勉強になりました。

剥がれたところはタッチアップのようなことをして、ウェザリングでごまかすという方向で。
[PR]
by miki6375st | 2010-01-25 09:04 | オハ35系 | Comments(14)

スハニ32 ひとまず終了〜

スハニ32の車両整備の続きです。
銅線を加工した乗降扉下のステップをスーパーXで接着していきます。
d0147534_8561160.jpg
クランク状に曲げて扉裏まで回しているので、接着強度は以前よりは格段に上がりました。
ただこの状態では扉裏部分が出っ張る分、床下パーツが嵌まりません。。。
d0147534_8562164.jpg
干渉しないように床下パーツを少し削っていきます。

最後部のカプラー周りのお化粧。自作したパーツを接着していきます。
d0147534_8563187.jpg
これぐらいならうちの最少半径R282の通過には支障はないようです。

ライトユニットはこの状態からライトカバーを切除したぐらい。なので乗降扉からCRDなどの部品が見えてしまうのですが、そのあたりの対策は今後の宿題ということで。。。

とりあえず完成!  としておきましょう。
d0147534_8564258.jpg
d0147534_8565127.jpg
d0147534_857194.jpg
d0147534_8571054.jpg
アップでみると手すりの歪みが目につきますねえ。このへんは経年劣化した様子を再現したということで・・・。
それにしてもホコリがつきまくってる。シュッシュしとけば良かった。。。
d0147534_8571950.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-08-28 09:11 | オハ35系 | Comments(6)