カテゴリ:小工作( 11 )

収納なこと

ブックケース収納のセットものならまだしも、1両ごと車両ケースに入った機関車や車両を出し入れするのが面倒くさくて、百均で調達したA4ファイルケースに雑然と留置しています。この状態、いただけませんよね・・・ ^ ^ ;
d0147534_9142594.jpg
床に放置したままケース自体を動かすことが余りないので、車両同士が擦れ合って車両を傷めるという事故は発生していませんが、多少はぶつかり合うので取り付けた手すりの塗装が剥がれていたりするし、今後増殖するだろうジャンパ管装着車のことも考えて、収納方法を改善していこうと思います。

収納方法については皆さんいろいろと工夫されてきっちりとされているようですが、うちの場合あまりこの部屋から持ち出すことはないし、とにかく出し入れを簡単に、ということで現行の状態で車体同士が擦れ合わないように仕切りやストッパーをつける程度に、ゆる〜くやっていきます。

A4ファイルには強度アップのための段差があるのでそれを解消するために中敷を。素材は家にあった段ボール。
d0147534_9143638.jpg
内寸に合うように適当に切り出し。

車両が動かないようにするために台車の車輪の間の窪み(赤い枠のところ)にストッパーをはめてみようと。
d0147534_9144667.jpg
素材は厚みといい材質といい、KATO機関車の車両ケースの中敷のウレタンがちょうど良さそう。

ただこれでは横転してしまうので車両との間に仕切りを。
目をつけたのがMAの長電リンゴのブックケースの中敷。
d0147534_914575.jpg
適当な大きさにカット。

こんな風になりました。見栄えよりも利便性優先です ^ ^ ;
d0147534_916417.jpg
多少傾けたぐらいでは車両がひっくり返ったりぶつかり合ったりすることはないようです。段ボールの中敷を敷いたことで強度が上がったのか、片手で持っても"くにゃ〜"っとケース自体がひん曲がることがなくなりました。
d0147534_9165175.jpg
こんな調子で一つのファイルケースに14両ぐらいはいけそうです。
スハ44系の7両セットはブックケース入りですが、乗降扉や妻面に手すりを取り付けているのでこっちに収納することにしました。

機関車の方は、
d0147534_917250.jpg
空いたブックケースの中敷をA4トレーに入れて。転落防止のため床に直置きです。棚の下側にちょうどいいスペースがあるのでそこに潜り込ませて、ホコリ避けで何かカバーをトレー全体にかけておきます。

余分なウレタンをカットすると縦に2両ぐらいいけそうですね。そうすると弱小みやび鉄道の全機関車の収納はこのトレー2個で間に合いそうです。
[PR]
by miki6375st | 2009-04-18 09:29 | 小工作 | Comments(10)