カテゴリ:トワイライトEXP( 6 )

サロンカーの室内灯工作

室内灯の完全自作に向けて集電板となる銅板を調達しようと、まずはKATOの集電板の厚みを材料屋をやっている同級生にマイクロメーターで測ってもらいました。
0.15mm。「これ何に使うん? 0.2ならあるよ」と出してきたのは370×1200mmの銅板。こんな近場で入手できるとは。。。これぐらい薄い銅板もたま〜に取引先の造船所から注文があるとか。これだけあれば数千車両分は軽くいけそうなぐらいの大きさですが、格安で分けてもらいました。
d0147534_9205197.jpg
ついでに金切りばさみも貸してもらって。ちなみに普通のはさみでも切れますね。
これで室内灯完全自作工作のアイテムが揃いました。

天井の丸みに合わせて削って窓からの露出を少なくしようとした2mmのアクリル板ですが、結局角を丸めたぐらいで作業断念。
トータンさんからご指摘があったように2mm厚では真横から見ると露出してしまいますが、3mm厚の製品より多少改善してくれれば・・・。
天井にあった窓パーツ固定用のポッチ類や邪魔になりそうな突起物は除去しました。窓パーツが外れやすくなりそうですが、導光板で押さえが効くのでは。。。
d0147534_921652.jpg
ライトユニットはサボを光らせるために既存の集電穴とは反対側に設置しました。
窓がないところなので”美しさ”は無視しています ^ ^ ; ただ通路扉の窓をブリッジダイオードが塞いでいるという状態は避けています。

まずはMAのモノを付けた状態をおさらい。
d0147534_9211627.jpg
MA独特の遮光アルミが見えてしまっていますね。
d0147534_921268.jpg

2mm厚のアクリル板を取り付けて。導光板は天井に両面テープで張り付けました。
d0147534_921378.jpg
横から目線では窓パーツが湾曲している部分に光が反射?(にじんで?)して、MAの製品とさほど変わらないように見えますね。導光板は赤い点線のあたりまで引っ込ませてはいるのですが。。。
d0147534_9214726.jpg
少し目線を上げていくと効果が現れました。

湾曲した窓に導光板を使った室内灯を取り付けると、どうしてもこんな現象になってしまいそうですね。もっと薄い導光板の方がいいのか。そうすると、光量も低下しそうだし。。。この解消にはまだまだ悩ましい日々が続きそうです。

大成功!とまではいきませんが、とりあえず窓越しビュ〜を
d0147534_9215839.jpg
d0147534_922895.jpg
導光板を薄くしたせいで壁との隙間が1mmほど空いてしまったので、壁の延長工事などの課題もいろいろと発生してきています。2mm厚の導光板でも心配していた光量の低下も見られないし、MAの製品と比べてムラも低減して多少の改善はみられたということで次に繋げていくことにします。
[PR]
by miki6375st | 2009-05-16 10:23 | トワイライトEXP | Comments(12)

新たな試み

GWから週末にかけてバタバタしていたのと、DD51北斗星の車両整備終了後、ちょっとした達成感で新規の車両いじりに着手する気力が萎えたせいもあって、車両ケースを作ったり走らせたりと、まったり地道なことをやっていました。
そんな中、ホームセンターでこんなモノを購入。
d0147534_84732100.jpg
2mm厚の透明アクリル板。

トワイライトのサロンカーにはMAの狭幅の室内灯を無加工で取り付けていますが、
d0147534_8474330.jpg
窓が大きい分、かなり導光板が露出してみえます。
d0147534_8475590.jpg
他にも窓が屋根側に大きく空いた車両があるので、何とかならないかなと2mmのアクリル板で試作してみます。
d0147534_848693.jpg
アクリルができるだけ窓からのぞかないように天井の丸みに合わせて削っていきます。
うまくいけばいいのですが・・・
[PR]
by miki6375st | 2009-05-12 09:08 | トワイライトEXP | Comments(8)

トワイライトの方向幕を自作しました

前回151系用に作った方向幕はサボではなくトイレ窓用だったので、今度は間違いなくサボ用の方向幕を作ってみます。

出力するプリンタはCanon iP 4300 2年程前の製品です。用紙はCanonピクサス プチシールを使います。光沢があって薄手の用紙です。
d0147534_12315466.jpg
OHP用紙も考えましたが、Nのサボに使うような小さな文字ではかなり印字精度が落ちるのではないかという判断でNGとしました。

トワイライトの「札幌行き」と「大阪行き」を作ってみます。
客室側を札幌、通路側を大阪と、またまたイレギュラーで欲張りな発想です ^ ^ ;

Photoshopで2400dpi、1mm×4mmのファイルを新規作成し、方向幕をデザインしていきます。
出来た方向幕(ファイル名:方向幕-Twi)をシール用紙の規格に合わせて作成したCANON_4×4_KGファイル(2400dpi、100mm×148mm)に移動させて、必要な数だけ方向幕を増やしていきます。
このファイルにある青い線はガイドというものでシールのコマの寸法に割り振っていますが印字はされません。位置決めや増やした方向幕レイヤを揃えるのに便利です。
d0147534_12322327.jpg
プリント時に多少拡大するようなので、私の場合方向幕のレイヤだけを5%縮小して出力します。
方向幕の制作作業よりは、切抜き作業に手間と時間がかかりました。
手元に3mmのU字彫刻刀しかなくサイドのRの部分を抜きましたが、なかなかうまくいきません。今後の作業を考えると簡単に抜けるような工具を探さなくては・・・。
d0147534_12331226.jpg
号車板と種別表示でしょうか?「A個室」と「B寝台」も作りました。
d0147534_12334837.jpg
拡大しても「札幌」「トワイライトエキスプレス」の文字はまずまず精度がいいようです。「Twilight Express」の文字は小さいだけに印刷された場所によって印字精度にバラツキがありますね。印字ヘッドが通過する位置関係の影響でしょうか?
ただ、肉眼ではそんな小さいところまで分からないので十分な感じです。「SAPPORO 」はさすがに判読できません ^ ^ ;

反対側、大阪行きです。
d0147534_12335849.jpg
号車板の数字はよく見えます。もう少し小さいフォントでもいいかも。
d0147534_12343168.jpg
ちなみに1200dpiと3600dpiでも作成して印字品質を比べてみました。3600dpiはプリントに異常に時間がかかるわりには2400dpiとほとんど変わりませんでした。1200dpiでは多少印字精度が落ちるようです。

室内灯を点けて、サボの光具合のチェックです。
シャッター優先やプログラムではどうしても光のところがオーバーになるので、マニュアルにしてオートで測ったシャッタースピードの半分ぐらいで写すと見た目に近い状態で撮影できました。
d0147534_12345976.jpg
室内灯の光をひろって多少明るくはなっていますが、「光ってる」という状態にはほど遠いですね。

シール用紙が薄いといっても白地ベースの紙なので、そこそこ強い光でないと光ったような感じにはならないかな。

光ファイバーを使ってどうやって室内灯の光源から光を導くか、室内灯もMAとKATOのとではやり方も違ってくるし、サボの位置がKATOの室内灯のユニット側と反対側とではまた違ってくるし、、、悩ましい日々が続きそうです。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-04-21 12:43 | トワイライトEXP | Comments(12)

トワイライト オハネフ&スロネフ

今朝はこの冬一番の冷え込みでしたね。自宅の窓から見える300mくらいの山もまばらに白く雪化粧をしていました。

さてトワイライトの第3弾です。
この車両はヤフオクで入手しました。他に誰も競り合わなかったので始値で落札し、送料など含め総額800円程度でした。傷もなく美品だったので、ラッキー!!
9号車のオハネフも8号車同様の内装工事をしました。床をタミヤのエナメルのフラットアース、壁をデザートイエロー、壁のふちをフラットアルミで塗装しています。
d0147534_10383032.jpg
オハネフの車体を外してみると「あれっ!」室内灯の反射用に貼ったつもりのアルミテープがついていません。もしかして?と8号車もバラしてみるとこれにもアルミがついていません。これだと室内灯ユニットの右と左では多少の明るさの違いは出ますよねえ。
d0147534_10385492.jpg
違いがわかるでしょうか?やはりアルミの反射板の効果はあるようです。
つづいてスイート&ロイヤルのスロネフです。室内灯の取り付けにちょっと問題が・・。集電用のバネの穴位置が違います。
d0147534_1176100.jpg

d0147534_11325114.jpg
そのまま取り付けると導光板がはみだしてしまいます。反対側はその分、導光板が届いていない状態です。導光板を有効に使いたいので、、、バネの位置を変えてしまおう!!
d0147534_11352954.jpg
電子部品の不要になった足部分を再利用してこんな加工をしました。バネのジョイント部をカットしたのは、そのままだと天井から何かぶら下がっているように窓から見えてしまいます。チップLEDは熱に弱いし、プラ製の導光板が溶ける可能性があるので、ハンダ付けは素早い作業が必要です。で、こんな感じになりました。う〜んまずまず!
d0147534_11413866.jpg
次にテールライトを白色LEDに付け替えます。
d0147534_11452768.jpg
ハンダ処理は汚いですが、光り方はイイ感じです♪
ついでに照度テストをしてみましょう。
d0147534_11473253.jpg
テールライトは回路にCRD15mAを使っているので右上の11時あたりから右下のレッドゾーンまでほぼ明るさは一定ですね。マイクロの室内灯はチップ抵抗なので、ボリュームによって明るさが変わってきますね。
さあ、次はスイートの内装とCRDに取り替えるぞ!・・・っといいたいところですが、明日あたり入線ラッシュになりそうです。。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-21 12:12 | トワイライトEXP | Comments(6)

トワイライト Bコンパートメント

開設当初からたくさんの方に来ていただいてありがとうございました。
楽しみながらぼちぼちとマイペースでやっていきますのでおつき合いくださいませ。
それではトワイライト第2弾は、8号車のBコンパートメントです。
d0147534_18301220.jpg

室内灯はマイクロの幅広を使用し、窓際にはしごを取り付けています。これらのアイデアは私の車内いじりのきっかけにもなったやま♪さんからいただいています。
d0147534_18463733.jpg

暗がりです。ムラなく照らしてくれています。
d0147534_1847271.jpg

室内の様子です。
d0147534_18481361.jpg

座席の背もたれは、0.5mmのプラ板で別パーツを作っています。動力車操縦者さんのブログをみてシートカバーの必要性を感じたのですが、直に塗るとなるとどうも私の塗装技術では失敗が濃厚のような気がして、ビニールテープを貼付けています。

ただこのビニールテープはテカッとした素材だし、厚みもオーバースケール気味だし、コシも強いのでしっかり粘着させないとめくれやすいので、あまり芳しくありません。今度こんな車両をいじる時はやま♪さんが採用された絆創膏かマスキングテープを使ってみようと思っています。

あとはカーテンをつけたり、サボまわりを何とかして、ひとまず内装工事は完了です。それと視覚効果があるようなら、二段ベット化にも挑戦してみたいですね。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-17 19:31 | トワイライトEXP | Comments(4)

ブログはじめました

初めまして。みやび鉄道の管理人そうたと申します。
昨年春頃から中学以来30数年ぶりにNゲージを復活。何もわからないままのスタートでしたが、いろんな方のHPやブログを参考に、見よう見まねでボチボチをやっています。

Nゲージの車両いじりの様子やいつかは自作したいと思っているレイアウトの制作過程なんかをご紹介できればと思っていますので、よろしくお願いします。

では、一番最初のネタはトワイライトのサロンカーからいきます。
昨年夏頃に再生産品を購入後、室内灯はすぐに取り付けたのですが、内装作業はのびのびになっていました。12月ぐらいからちょっとずつ作業していました。



d0147534_122736.jpg


後ろのソファーも実車のように薄緑にしようと思ったのですが、よく目立つように黄色に塗装してみました。



d0147534_125842.jpg


室内の様子です。ドアもPhotoshopで作って写真用紙にプリントアウトして貼付けましたが、窓の外からはあまり見えませんね(^^;
真鍮を加工した手すりは今後電機のディティールアップに前面の手すりを取り付けようと練習がてらやってみましたが、もうちょっとシャープに曲げる修行が必要です。でも手すりはよく目立っいるので、ニンマリです。

こんな感じでやっていきますので今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by miki6375st | 2008-01-16 12:09 | トワイライトEXP | Comments(10)