カテゴリ:10系( 26 )

オハネフ12 内装整備 ひとまず終了

オハネフ12の内装作業。
LTDpegasuさんの作業を真似て
d0147534_9513397.jpg
窓パーツを室内色に。この作業、窓越しに見ると効果抜群なんですよね!

ボディを被せて
d0147534_9514669.jpg
最後部の「カキワリ」のようだった扉も作り直しました。
d0147534_9515794.jpg
d0147534_95298.jpg
ところどころ寝具も置いてみました。
d0147534_9522185.jpg
d0147534_9523247.jpg
光源側と反対側との光量の差がありすぎます。
d0147534_9524443.jpg
1年以上前、光ムラが目立っていたので座席ごとに光を落とそうとして導光板をこちらの2枚目の写真のように削りましたが、これが失敗・・・かも。。。
溝を削ったことで光が透過しにくくなったのでしょうか???

オハネフ12の内装整備はひとまず終了。窓のカーテン設置とかは今後の課題にします。室内灯の導光板はちょっと対策を練ってみましょう。


寝台車用の乗客のフルスクラッチ、着手しました。
d0147534_9525822.jpg
作業の効率性と熱が冷めないうちにと、3体同時進行で。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-10 10:07 | 10系 | Comments(10)

オハネフ12にハシゴとカーテンを

キッチンさんのハシゴを以前整備したオハネフ12に取り付けていきます。ついでにカーテンも。

まずはカーテン。
茶色とピンク基調の内装に映えるようにくすんだオリーブ色にしたいのですが、そんなアクリル系の塗料は持っていないので、エナメル系で何とかならないかなと。
マスキングテープに直接塗ってしまうとナイフを入れるとひび割れたり剥がれたりするので、ダメモトで下地にサフを吹いてみました。
d0147534_8585976.jpg
すると、、、うまくいきました ^ ^ )v
私の使っているマスキングテープとエナメル系の相性が悪かったんですね。。。

しわ加工をすると粘着力も低下するし、くたくたになって自立しにくくなるので、
d0147534_859981.jpg
中段ベッド用にプラ板で補助パーツを作成。
下段ベッドのカーテンの状態はいろいろと
d0147534_8591929.jpg
閉め切ったり、全開だったり、半開きだったり。
窓際にハシゴを設置していきます。
d0147534_8592920.jpg
こういう状態で取り付けると、はしごの先っぽは引っかけやすいです。
2度ほど引っ掛けて くにゃっとなりました。窓パーツに張り付けた方がいいのでしょうか???

ついでに・・・妻面に手すりも追加します。
d0147534_8583623.jpg
これは新しく思いついた塗装補助具(既出かも知れませんが・・・)です。と言ってもL字のアルミアングルにクリップを噛ませただけですが。。。
今までは塗装のために並べるのが面倒でしたが、これだと手間が減ってくれそうです。


オロネ10を窓越しに見ながら物足りなさを感じていましたが、ダンボさんの一声に後押しされてTOMYTECの人形を寝台車乗客用に改造、と思ったのですが、
d0147534_8594810.jpg
ちとデカイですね ^ ^ ; ベッドの大きさと比べると2mは越えているような。
体全体の造りが大きいので身長を縮めるだけではダメみたい。。。
「4人乗り自転車の子ども」ぐらいの大きさでフルスクラッチですかねえ〜


当たりました!! ^ ^ )v
d0147534_8595781.jpg
アサヒビールのインターネット懸賞で。
実は先月も
d0147534_85948.jpg
サッポロビールの懸賞で「麦とホップ」の12本入りが当たっています。
今年は・・・ついてるかも。。。 
[PR]
by miki6375st | 2009-02-07 09:05 | 10系 | Comments(10)

客室扉のステップの再考

銅線を素材に自作したステップを旧客車両の乗降扉に取り付けてきましたが、接着面が小さいせいでしっかりとした接着が出来ていません。。。
d0147534_839307.jpg
現状は軽くL字状に曲げた銅線をつぶして車体の下側にスーパーXを使って接着しています。ある程度、接着剤を多めに盛っていれば、硬化すると指でつつく程度ではユラユラするもののとれることはないのですが、見栄えは悪い。少ないと少し力を入れて引っぱれば取れてしまいそうです。
接着直後は落ち着かず、時々様子をみてやらないとズレてあさっての方を向いていたり、外れかけていたりと、世話が焼けます。。。

そこで接着面を拡大させるために構造改革を。
曲げの回数を1回増やしてクランク状にしてみます。
d0147534_8393989.jpg
クランクの幅はアルミアングルの1mmの厚みを利用。挟んだ状態でアルミを起こしてやります。
d0147534_8395060.jpg
扉の裏側まで回して接着するようにしてみました。
d0147534_840015.jpg
これなら見えないところなので、こんもりと接着剤を盛っても大丈夫そうです。

試作品をステップがとれ気味のオハネフ12に取り付けて強度実験です。
d0147534_8401076.jpg
2本の足が扉の裏側にピタッ!と張り付いてくれず調整に難儀しますが、接着強度は格段に向上して頑強になりました。今までだとステップを支点に立たすと、くた〜っとステップが広がってきていましたが、今度は大丈夫そうです。がっちりしてます。

この接着している足の上から「当て板」を貼付けるともっと頑強になりそうですが、そうすると床下パーツを削ったりと手間もかかりそうなので、とりあえず「2回曲げ扉裏接着」で様子を見てみます。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-04 08:48 | 10系 | Comments(8)

10系 オロネ10車両整備 終〜了〜

10系、開放型A寝台車、オロネ10の車両整備も最終段階。

室内灯。KATO麦球をベースにLED化しています。電気作業を始めた頃の作業なので部品の組み方がイビツ ^ ^ ; 自分でやっておきながら、、、なぜこんな風にしたんでしょうか???
d0147534_9222257.jpg
導光板にいつもの処理をして光ムラ対策を。
導光板は予め室内側に取り付けて、LEDの発光部と導光板を水平になるように設置。反対側まできれいに光が届かせるためと光ムラ軽減の効果も。
2ヶ所ほど、シーツを敷いたり、毛布や枕を置いたり。

ボディのディテールアップ。乗降ドアにてすりやステップを
d0147534_9223416.jpg
いつもの様に金属線を曲げての自作です。

Photoshopで作成し、シールプリントに出力した種別表示などを
d0147534_9224591.jpg
ボディに貼付けて・・・完成。
d0147534_9225685.jpg
誘導用でしょうか? 資料写真を見るとドアもないのにステップと手すりがついていました。
d0147534_923773.jpg
d0147534_9231819.jpg
写真を見て気付いたのですが、室内側の窓枠をきれいに塗り分けているように見えますね。これは塗り残した窓パーツの厚みの部分がこんな風に見えているようです。得した気分♪
d0147534_9233937.jpg
d0147534_9241344.jpg
d0147534_133619.jpg
この車両は1980年頃の急行きたぐにに仕立てていきたいので、サボは「新潟行き」と反対側は「大阪行き」
d0147534_9242672.jpg
d0147534_9243716.jpg
ひとつひとつの窓の表情が違うので覗き込んでしまいます。カーテンが完全に閉まっているところはもう少し暗くした方がいいですね。

さて、次なるターゲットは・・・
[PR]
by miki6375st | 2009-01-31 09:40 | 10系 | Comments(18)

オロネ10の内装作業 終了

10系開放型A寝台車、オロネ10の内装作業の続きです。
キッチンさんで仕入れたハシゴを設置していきます。
d0147534_8563270.jpg
ハシゴの長さについて教えてもらったのですが、カーテンが干渉してなかなか真っ直ぐ立ってくれないので、上段カーテンに潜らせて上からも押さえる形にしました。
このハシゴ、あと10系B寝台や20系にも取り付けていく予定なので、出来るだけ節約して・・・。とりあえず「お向かいさん同士、ハシゴは兼用でお願いしま〜す」 ^ ^ ;

ハシゴの床面接着部分が金属素材そのままなので
d0147534_856445.jpg
綿棒にミッチャクロンマルチを含ませ、ちょんちょんと塗布した後、床色の赤2号で塗ってみました。

LTDpegasuさんの効果的な作業を習って
d0147534_8565594.jpg
窓パーツの内壁部分に色差ししていきます。
エナメル溶剤を含ませた綿棒で軽く表面を洗浄して、エナメルのデッキタンをフリーハンドで筆塗り。
窓パーツに切り欠きから見えそうなボディの内側も大雑把に塗ってみました。

もう一つパーツを。窓ごしからカーテンレールが見えてしまいそうなので、目隠しを兼ねて
d0147534_857765.jpg
細く切り出したプラ板にデッキタンを塗って
d0147534_8571925.jpg
窓際だけ上段ベッドを表現します。
実車も窓から上段ベッドの下部分が見えているようです。

これでひとまず内装作業は終了。後は室内灯の電気工事とボディ装飾。
[PR]
by miki6375st | 2009-01-29 09:04 | 10系 | Comments(4)

オロネ10 寝台車らしく

オロネ10の内装作業。通路側のカーテンを取り付けていきます。
d0147534_8234531.jpg
粘着面保護のためにボール紙にマスキングテープを二重に貼って、アクリル系塗料でそれらしい色を塗っていきます。以前のエナメル系での失敗

切り出したテープにカーテンらしくしわを寄せていきます。
d0147534_8235690.jpg
上段のカーテンもチラリと重ねて。
工作方法は参考にさせてもらったやま♪さんのブログのこのページ

テープ素材のカーテンですが、自立しにくいのでカーテンレールを設置。
d0147534_82357100.jpg
仕切り壁の上部に切り込みを入れて曲げた真鍮線を接着。
d0147534_824058.jpg
カーテンレールに取り付けていきます。

ここにもう一つ必修アイテムを・・・ということでやま♪さんが前に紹介していたキッチンさんのハシゴを入手しました。
d0147534_824364.jpg
購入前に一瞬、、、『金属線をハンダ付けして自作』という思いが過りましたが、膨大な手間とブサイクであろう仕上りと肩を凝らしてアンメルツを買うぐらいならと注文しましたが、実際に実物を手にすると、、、これを作ろうなんて無理!無理!
細くてシャープで、さすがエッチング! 

本来はB寝台用で窓際に設置するのでしょうが、
d0147534_824688.jpg
こんな感じに取り付けていきます。
はしごは上段カーテンの下に隠れるのが正解でしょうね。
[PR]
by miki6375st | 2009-01-26 08:30 | 10系 | Comments(16)

オロネ10 内装作業

10系の開放型A寝台車、オロネ10の内装作業です。
古い車両なので、参考になるような資料写真が乏しかったのですが、皆さんから貴重な情報をいただき、寝台の仕様構造もイメージすることができました。ありがとうございます。ホントに勉強になりました。

さらググッてみたところ、こちらを発見!
この写真から推測すると、座面と下段の背もたれがスライドしてベッドに変身しそうなので、そんな感じにしてみようかと
d0147534_8251249.jpg
d0147534_8252422.jpg
0.3mmのプラ板で座席部品を制作。部品が小さくて塗装用に並べるのが面倒くさかったので、先に取り付けてしまいましたが、塗装する時こっちの方が手間かも。。。

とりあえず今回は下段のみの内装作業として、上段は今後の課題としましょう。

室内に色差しをして
d0147534_8263259.jpg
d0147534_8265948.jpg
d0147534_8261063.jpg
通路扉もいつもの要領で作りました。
d0147534_8264834.jpg
d0147534_8345255.jpg
ボディを被せてしまえば見えないし、連結すれば妻面からもほとんど見えないんですけど。。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-01-20 08:36 | 10系 | Comments(6)

オロネ10の車両いじり

スハ44系以来、2ヵ月ぶりの客車いじりです。
ターゲットはオロネ10。開放型A寝台の車両いじりはお初。
d0147534_814226.jpg
右側の何にもないスペースは、、、ようやく見つけた1枚の資料写真から推測すると、このスペースにトイレ、洗面所、ミニロビーがあったと思われるので、
それらしく壁で仕切って、ミニロビーには座席を。
d0147534_8141292.jpg
床をデザートイエロー、客室通路はエンジ色のカーペットが敷かれていたようです。


座席状態のものと寝台状態のものとカーテンを閉めたものとを混在させようと思っています。

寸法に切り出したプラ板を座席に渡して
d0147534_8142668.jpg
ベッドの雰囲気を確認。意外とゆったりとした空間ですね!

この開放型A寝台の構造が、私自身根本的に分かってないんですよね ^ ^ ;
座席状態の時には上段のベッドはどうなっているのでしょうか?
下段の人が起きてベッドをたたむまで、上段の人は寝たまま待機なんでしょうか?
どなたかこの初歩的は疑問を解消してやって下さい。お願いします。


こんなものも作っています。
d0147534_8144112.jpg
真鍮線をこんな風にハンダ付けして
d0147534_8145257.jpg
パテで肉付け。
3体ほど人形をフルスクラッチで。
パテの硬化を待ちながらなのでホントに牛歩作業です。


おかげさまで、今日でブログを始めてちょうど1年になりました。
今年になってからペースが落ちていますが、こんな感じでボチボチとやっていきますので、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by miki6375st | 2009-01-16 08:20 | 10系 | Comments(16)

10系 オユ10 この辺で中締めに!

オユ10の追加作業もいよいよ取り付けた部品に色を塗って中締めにしたいと思います。
妻面の手すりにはGMの青20号、乗降扉下のステップにはタミヤエナメルのフラットブラックを。
d0147534_10301718.jpg
オーバースケール気味ですが、この立体感がムフフ♪です。
d0147534_10312598.jpg
このあたりでひとまず中締めとします。

性懲りもなくこんな部品をテレビを見ながらちまちまと製作中です。
d0147534_10333338.jpg
この小ささにもだんだんと慣れてきて、要領もつかんで熟れてきたようです。
d0147534_1036276.jpg
資料写真を参考にみやび鉄道風にアレンジして、テキトーに組み上げていきます。

レッドトレイン、オハフ50に取り付けていきます。
d0147534_10433491.jpg
エアホースを1本追加しました。弱小貧乏鉄道ゆえ「労力かけても、金かけるな!」のスタンスで、制作費のほとんどかからない自作パーツをふんだんに使っていきます ^ ^

下地処理まで済ませていたエアホースを取り付ける時に塗装が剥がれてしまう。。。
穴に通す時にどうしても挟んだピンセットに力が入ってしまいます。
そこでこんな工夫を、
d0147534_1057965.jpg
パーツ作成にかかせないリード線を取り除いたビニール皮膜を百均のピンセットの先に取り付けてみました。
多少は良さそうですが、塗装剥がれの防止策の決定打にはなりません ^ ^ ;
塗装後はさわるな!ということで、さわらない工夫が必要ですね!
このカバー付きピンセットは滑りにくく傷つけにくいので、人形を掴んだりとかいろいろと使い勝手はありそうです。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-08-02 11:10 | 10系 | Comments(8)

オユ10 追加の小作業

次の車両いじりはどれに・・・という気力もイメージも湧いてこないので、「竣工!」とうたってしまったオユ10ですが、乗降扉のグラグラ状態のステップをやり直してみます。
d0147534_10185553.jpg
コの字に曲げた状態のものをそのまま付けているだけなので接着面が少なくグラグラしてます。多めにつけているスーパーXの弾力でかろうじてくっ付いているような感じです。
d0147534_10212624.jpg
今度はL字に曲げて平らに潰した足をつけてみました。これで接着面が拡大して安定するんじゃないかと期待しています。左側には外したステップや試作品がころがっています。

ついでに、、、資料写真を見て手すりやステップが目にとまると、素通りできない体質になってしまっているので、こんなものを
d0147534_10263763.jpg
0.26mmの真鍮線をコの字に曲げて。曲げるのはいつものL字アングルを使いました。
d0147534_10284239.jpg
洗浄→ミッチャクロンマルチ→サフとファンデーションした後、塗装の前に接着取り付けしてみます。
いつも塗装した後にボディに取り付けていると、穴に差し込む時に挟んだピンセットに力が入って塗装がボロボロと剥がれてしまうので、今回はちょっと工程の順番を換えてみました。
余分につきすぎた接着剤スーパーXもきれいにしてから塗装していきます。
[PR]
by miki6375st | 2008-07-31 10:49 | 10系 | Comments(12)