カテゴリ:10系( 26 )

気になったところを手直し&ウェザリング

直径約4cmのボール遊び熱が春先から再燃して、気持ちもこづかいも鉄模から離れてしまい、たま〜に床上レイアウトを肴にちびちびやる程度でした。
ゴロゴロしている中、気になった車両があったので、リハビリがてらちょこちょこっと。
d0147534_19341218.jpg
オハネフ12。テールライトユニットの犠牲になって最後部の座席ひとマスと車掌室が省略されているのと、ないのに取り付けてしまった車端部の通路扉の撤去。
d0147534_19354430.jpg


一部に切り込みを入れて、カーテンを設置。ハシゴも取り付けました。
d0147534_1937517.jpg
反対側はこんな感じに。
d0147534_19373585.jpg
撤去した扉を車掌室用に転用。

ウェザリングはリアルタッチグレー3でスミ入れし綿棒でぼかした後、ウェザリングマーカーを3色使ってサビや汚れやホコリを表現。
d0147534_1942574.jpg
ボカす作業はくたびれて塗料がしみ込んだ綿棒の方が勝手がいいですね。

できました。
d0147534_19452342.jpg
車掌室の窓にはカーテンを。
d0147534_19462025.jpg
台車や床下機器もウェザリングしてみました。

安全鎖も2連式に変更。屋根上の手すりも2つ追加。
d0147534_19482278.jpg
車端部のカプラー周りのウェザリング・・・忘れてますね。

屋根のウェザリングはこんな感じ。
d0147534_1950752.jpg
ちょっと赤味が強すぎたか。。。
d0147534_19495184.jpg
インレタまで貼った車掌室の扉、窓がなくて窓越しビュ〜出来ないことがわかって、、、、、がっくり。。。
[PR]
by miki6375st | 2011-07-04 19:58 | 10系 | Comments(10)

銀屋根のウェザリング

暑さに加えてW杯観戦疲れで工作意欲が減退しています。。。
込み入ったややこしいことは避けて、軽〜く屋根のウェザリングあたりからボツボツとリハビリがてら再開していきましょう。

LTDpegasuさんの作業に刺激されて銀屋根に初挑戦してみます。
d0147534_19151023.jpg

屋根上の手すりを2ヶ追加。
d0147534_19152192.jpg
乗降扉下のステップもクランク型にやり替え。

銀屋根はリアルタッチマーカーの乗りが悪そうです。
なので、ベンチレーターの周りだけリアルタッチマーカーで縁取りして綿棒でぼかした後、
d0147534_19163066.jpg
薄く溶いたしゃびしゃびのエナメルブラックでその他の面部分を塗布、その後綿棒で軽く拭き取って、スミ入れ&ウォッシング終了。

サビですが、リアルタッチマーカーのブラウンは銀屋根には不向きです。はじくというか、色乗りが悪いというか。。。
なので、ウェザリングマーカーのサビ色を使用。ちょんちょんとベンチレーター周りに塗料をおいて綿棒でぼかします。
が、リアルタッチマーカーの上から重ね塗りした恰好になったので、喰い付きが良すぎてうまくボケてくれない。。。
d0147534_19175368.jpg
喰い付きがいいということは・・・・ということでパステルもまぶしてみました。

ウェザリングマーカーが思うようにグラデーションならず、ベンチレーター周りに固まった感じになってしまいましたが、、、未施行のモノと比べると、それなりの雰囲気はでてきたような・・・・・
d0147534_1918366.jpg


銀屋根ウェザリング、課題盛りだくさんですが、試作第1号とりあえず作業完了。
d0147534_1920565.jpg
d0147534_19195477.jpg
d0147534_19194217.jpg
d0147534_19192934.jpg

[PR]
by miki6375st | 2010-07-06 19:26 | 10系 | Comments(10)

ジャンパ管 再挑戦!

床下に取り付けたジャンパ管は曲線路でオーバーハングしてしまうので大失敗!
で、今度は台車に取り付けてみようと。。。
d0147534_10554250.jpg
先日購入した3mmの角棒を台座にしてみます。
d0147534_1056535.jpg
仰々しい様相です。台車への取り付けはとりあえず両面テープで仮付け。床下に潜り込ませる方にも台座を取り付けてケーブルがバラけないようにしてみました。

R282で連結チェック。
d0147534_10581690.jpg
この時点では特に問題なし。

車両に組み込んで
d0147534_1114658.jpg
台車に連動するのでアウト側はイイ感じ。
d0147534_1115670.jpg
イン側もなんとか干渉なしでいけてるようです。

台車から3mm幅がギリッギリッの感じですね。
d0147534_1154268.jpg
欲を言えばもう少しサイドに設置したいのですがそうするとはみ出したりステップに干渉したり。。。
d0147534_1183295.jpg
K社のように連結部に近いところに取り付けるといいのでしょうが、取り付け部位にひと工夫いりそうで、手間がかかってめんどくさそう・・・

台座を黒く塗って
d0147534_118022.jpg
d0147534_1181084.jpg
イイ〜景色ですねえ〜!
連結部が感じよくなりました。

これぐらいの工作なら量産化も苦になりませんが、台車への接着方法、台座の色剥げなど課題も抱えているので、もう少し頭を捻ってみましょう。
台車への接着はゴム系のGクリアなんかがいいんでしょうか???
セメダインのPPXという接着剤が気になっていますが、1000円オーバーなのでなかなか手が出ません。台車への接着には有効なんでしょうか?
[PR]
by miki6375st | 2009-04-11 11:25 | 10系 | Comments(12)

寂しい連結部分にひと工夫

LTDpegasuさんが発掘し、ミズさんが正体を突き詰めてくれた塗装された金属線。ケンタカラーという手芸用です。
d0147534_9351797.jpg
白は手すりなんかに、黒はケーブル類に活用できるかなとこちらで、0.24mmと0.3mmのステンレス線を仕入れてみました。

早速0.3mmの黒を使って、前から温めていた試作品作り。。。
d0147534_9354979.jpg
こんな風に曲げて、先にプラ板を加工したものを取り付けます。

床下に取り付けて・・・
d0147534_9361020.jpg
ジャンパ管のつもりです。
具合を検証するために取り付けベースは黒く塗装しないで白のままで。
d0147534_935151.jpg
寂しかった連結部分がイイ感じ♪

取り付けベースは片側だけ床下に接着して、もう片方は連結する車両の床下に潜り込ませるだけ。
d0147534_9351125.jpg
ただこれだけ出っ張ってしまうので収納に難あり・・・です。

そこでもう一つの試作品をKATOの製品のように半分に切断してそれぞれの床下に接着。
d0147534_9352395.jpg
連結してみると、、、高さも間隔もズレてしまっています。繋がっているようには見えませんね ^ ^ ;

一番危惧している曲線でどうなるか。うちの最少半径R283で検証。
d0147534_9353382.jpg
かなりのオーバーハング。。。だめだこりゃ!!

やっぱ台車に取り付けた方がいいのかなあ。その方がズレも干渉もなさそうな感じですが・・・。またまた頭をひねって、試行錯誤を重ねてみましょう!

試作品は失敗に終わりましたが、この金属線「ケンタカラー」はなかなか使い勝手がよさそうです。

WBCの熱戦が連日続いていますが、今日これから始まる「順位決定戦」・・・いる???
アジア予選でもそうでしたが、勝ち上がったのが1位通過、敗者復活を制したのが2位でいいんじゃないかなあ〜。
[PR]
by miki6375st | 2009-03-20 10:12 | 10系 | Comments(12)

10系 オハネ12 車両整備完了!!

オハネ12の車両整備、終了しました。
LED化した室内灯。動力車操縦者さんの工作をマネてアクリル板を削った導光板を自作したので比べてみましょう。

まずはKATOの導光板。メンディングテープやアルミなどみやび鉄道風に光ムラ対策を施しています。ノーマルじゃありません
d0147534_8315564.jpg
続いてアクリル板を削ったもの。これにもメンディングテープを貼っています。
d0147534_8321082.jpg
全体的には溝の削り方の深いKATOの導光板が光の強弱が目立つのに比べて、自作アクリルの方は平均的に光を照射している感じで、ムラが少ないですね。

KATOの導光板と比べてみての印象は、個室やB寝台車のように仕切りのある車両は自作アクリルの方が良好なようですね。座席車でもまた検証してみたいと思います。

次は乗務員室のところだけX状に溝を削ってみたアクリル板。
d0147534_8322164.jpg
X状に削った乗務員室の光り方をアップで、、、
d0147534_8334952.jpg
う〜ん・・・あまり違いがないようです。ひいき目に見て部屋の隅の方が多少明るくなっているような。。。
まだまだ試行錯誤が続きそうです。

d0147534_8324962.jpg
d0147534_8325958.jpg
d0147534_8342279.jpg
d0147534_8343286.jpg
乗客がベッドからはみ出してます。。。実車でも狭かったんでしょうね。寝返りもうてそうにない。快適とはいい難いですが、座席車で20時間乗車し続けて体じゅう痛くなったことを思い出せば、横になって腰が伸ばせるだけ楽なんでしょうか。
d0147534_833295.jpg
d0147534_8345169.jpg
デッキ部分もそこそこ明るくなってくれています。
d0147534_835236.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-03-06 08:44 | 10系 | Comments(12)

オハネ12 内装作業終了〜

10系 オハネ12の内装作業。
ベッド周りにカーテン、転落防止ベルト、ハシゴを取り付けて、窓パーツを室内色に塗って
d0147534_94493.jpg
アクリル板を切り出して導光板を自作しました。
一ヶ所、斜めに溝を切っていますが、これは少しでも光ムラが軽減できるかなという試みです。

この車両整備と平行してまたしてもこんなものを。。。
d0147534_934813.jpg
くつろぐ人々 寝っ転がるバージョンです。うつぶせ君とあおむけ君の2体。
d0147534_935824.jpg
録画していた報道特集を見ながらの作業でしたが、乾き待ちの間にテレビに見入ってしまい、そのうちウトウトと。。。

3月だというのに朝から雪が降っています。こりゃ今日はクリア吹かせそうにないなあ〜
[PR]
by miki6375st | 2009-03-03 09:24 | 10系 | Comments(8)

オハネ12 内装作業 ベッド周り工作

オハネ12の内装作業。
前回のオハネフ12の作業と同様に、
d0147534_910417.jpg
色付けしたマスキングテープにシワ加工して、各座席に設置していきます。

新しい試みをひとつ。0.34mmの銅線をプライヤーの先でつぶして平らにして成形します。
d0147534_9105215.jpg
カーテン色に塗装してベッドに接着。
d0147534_911397.jpg
転落防止ベルトのつもりです。
マスキングテープではいい形にならないし自立しにくいので、金属線を素材に。
d0147534_9111396.jpg
下段だけのところはマスキングテープで。

俯瞰して。
d0147534_9112414.jpg
乗務員室とした部屋の窓際の目立つところにプラ板でイスを作成して設置しました。
これでひとまず、内装工事はほぼ終了。

続いてボディのお化粧。
d0147534_9113584.jpg
手すりやステップ、自作したサボ&標記類を取り付けていきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-26 09:13 | 10系 | Comments(10)

オハネ12の内装作業に着手

B寝台つながりで、オハネ12の内装作業に着手しました。
d0147534_8521441.jpg
右側のスペースは??? ネットで検索すると乗務員室だったようなので
d0147534_8522612.jpg
クリアイエローのCDケースを素材に部屋に仕切って。乗務員室にしては広すぎるような気もしますが、、、まあこれでOKとしましょう!

ベッドの座席部分はくたびれたような緑、フレームは成形色のままで。

マスキングテープをベッドに塗った色に塗って。カーテン作業にはまだ早い???
d0147534_8523731.jpg
オハネフ12の時は下段ベッドの背もたれにプラ板を使ったのですが、手間がかかる上に余り目立たない。今度はちょっと手抜きでマスキングテープを張り付けて誤摩化そうと。
d0147534_8524853.jpg
下段ベッドも筆が入りにくくて塗りにくいので、この工法の方が塗り際もシャープになるし手間もかからないかも。
d0147534_8525952.jpg
ハシゴを取り付けて、この後カーテン取付け、室内灯作業と続きます。


寝台車用乗客と平行して、もう1体作っていました。
d0147534_8531097.jpg
今度は男の子。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-20 09:00 | 10系 | Comments(6)

寝台車用「くつろぐ人々」完成

寝台車用の乗客も色づけがすんで、完成です。
TOMYTECの人形と比べても一回りもふた周りも小さいですね。
d0147534_9471124.jpg
女性には赤いカーディガンを羽織らせて、ナイトキャップ?をかぶらせました。その昔、パーマをかけた女性は寝る前にカーラーを巻いてこんなのをかぶって寝ていたような記憶があるので、そんなイメージで。

早速、乗車してもらいましょう。まずはA寝台。
d0147534_9472312.jpg
d0147534_9473684.jpg
d0147534_947469.jpg
手に缶ビールを持たしているのですが、、、よくわかりませんね ^ ^ ;
d0147534_9475663.jpg
次はB寝台編
d0147534_948745.jpg
d0147534_9481766.jpg
しばらくは内装工事完成写真撮影用エキストラとして活躍してもらいましょう。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-16 09:53 | 10系 | Comments(16)

オハネフ12 室内灯の改革

オハネフ12の室内灯。光源側とその反対側とでは光量の差がありすぎて面白くありません。。。
d0147534_850189.jpg


そこで対策を施してこんな風に。
d0147534_8501184.jpg
光源の反対側の左サイドまで十分な明るさになりました ^ ^
d0147534_8502228.jpg
今まで全く光が届かなかったデッキ部も明るすぎるぐらいの状態です。

タネ明かしは・・・
d0147534_8503426.jpg
こちらを思いっきりパクって、導光板を自作してみました。

光を落とすための溝もとりあえず浅めに削ってみて(深く削るのがちょっとめんどうだったので ^ ^ ; )具合を確かめたところ
d0147534_8504444.jpg
KATOのように深く削らなくてもイイ感じに室内を照らしています。光の通りもよくムラも目立たないので、市販のモノよりはいいんじゃないかという印象です。

寝台車にしては明るすぎるので減光していきます。
d0147534_8505455.jpg
メンディングテープとアルミで調光。
光源側の導光板の断面に薄くクリアオレンジを塗布してほんわかとした光色に。
貫通扉の上部からみえる導光板が目立つので、アルミで遮光して車体色に塗ってカモフラージュ。
d0147534_851537.jpg
右サイドの光源側から左端まで目立った光量の差や光りムラもなくイイ感じになりました ^ ^ v

いいアイデアをもらって、イイ感じに仕上げられたし室内灯の自作に目処がたったのがうれしいですね。それに大きな経費削減になりそうだし。。。動力車操縦者さんに感謝!感謝!です。
溝の削り方とかまだまだ試行錯誤を重ねて、レベルを上げていきたいですね。
ただ、アクリルの切り出しは夜中には・・・。キーキーうるさいので苦情がでそう。。。


乗客の方は着々と。。。
d0147534_8512036.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-02-14 08:58 | 10系 | Comments(6)