カテゴリ:貨車( 10 )

トラもCSナックル化

KATOのトラのCSナックル化工作。
ポケット内の凸状の出っ張りを全部撤去。
d0147534_20051951.jpg
奥の壁も撤去。コ状に曲げた0.05mmの真鍮板を板バネとして取り付け。


Nとの比較。
d0147534_20053349.jpg
車間が縮まると連結姿がグッしまってきました。
d0147534_20054713.jpg

[PR]
by miki6375st | 2015-06-13 20:11 | 貨車 | Comments(0)

KATO CSナックルカプラーを試す

KATAのCSナックルカプラーを調達。
d0147534_20544007.jpg
なぜこれを選んだかというと「在庫があったから」。。。
オールマイティな形状のカプラーベースではないけど、カプラーポケットをアレンジすれば何とかなるかも


手始めにT社のコム。カプラーNに交換していましたが、二軸貨車だと連結車間の広さが目立っていました。
d0147534_21062600.jpg
車間短縮のために軸位置を赤丸まで下げます。


軸穴をあけて1mmの丸棒を通す。
d0147534_21114049.jpg
カプラーポケットの奥の壁を撤去し0.05mmの真鍮板を取り付け板バネに。CSカプラーの特徴?お尻の三角状の突起を押すことで、カプラーが閉じるように。


組み立て完成。
d0147534_21232552.jpg
カプラーN同士8mmの車間が約半分の4mmに。なかなかイイ感じ。


800円でLEDライトを調達。
d0147534_21264328.jpg
百均調達のブックエンドに取り付けて工作用のライトにしたり、
d0147534_21274014.jpg
撮影用のライトにしたりと便利便利。

[PR]
by miki6375st | 2015-06-08 21:28 | 貨車 | Comments(0)

もっと白っぽくホコリまみれに

ウソフ800のウェザリングの続き。適当な参考資料がなくて自分勝手なイメージで作業していますが、デコボコの青屋根をもう少し白くホコリっぽくしていきましょう。
LTDpegasuさんから質問があったホコリの素ですが、パステルを使いました。
d0147534_20581134.jpg
黄色とグレーを車両ケースの中で粉にして綿棒でこすりつけて、つや消しクリアで定着。

クリアを吹かしたことでパステルの喰い付きが良くなるので、さらにパステルをまぶして再調整。
d0147534_2152071.jpg
d0147534_21131243.jpg
ボディにもパステルをこすりつけてホコリっぽく。

さらに明るめのグレーのパステルを直接凸部にドライブラシ的にこすりつけてエッジを立たせます。
d0147534_21172396.jpg
ライトをあててアップの写真で見るとちょっとキツすぎるように見えますが、老眼が進みはじめた私の目では遠目で見るとそこそこボヤけて見えるので、もっと落ち着いた感じに映ってます。
d0147534_2139130.jpg


で、LTDpegasuさんトータンさんからリクエストのあった夜な夜なやっている検証運転会の模様ですが、動く絵が撮れる機械がなくなってしまったので、動かない絵でご勘弁を。。。
d0147534_21433594.jpg
見所のひとつのR718の3連×2のS字カーブです。
[PR]
by miki6375st | 2010-11-15 21:49 | 貨車 | Comments(8)

ウソフ800のウェザリング

ひとまず形になった線路パズル。レールを磨いて「検証」という名のひとり運転会を夜な夜な行っています。シナリーを思い描きながらいろんな車両を走らせてちょっとした達成感に浸っています。。。
と、、、そんな中、銀光沢の「ウソフ800」が浮いたような感じに映るので、汚していくことにしましょう。

スミ入れしたところです。
d0147534_22385676.jpg


使用したのはリアルタッチペンのグレー3。
d0147534_22402955.jpg
拭き取りに使った綿棒達です。

黒だけでは単調なので、これらを使っていろんな色を塗り重ねていくことにします。
d0147534_224239100.jpg

これといった参考資料が見当たらないので、白っぽくホコリにまみれているという勝手なイメージで。
d0147534_2246494.jpg
d0147534_22454630.jpg
ちょっと側面はサビ色が強すぎたかも。。。
[PR]
by miki6375st | 2010-11-13 22:49 | 貨車 | Comments(6)

コム1とチ1形のカプラー交換&積荷遊び

TOMIXのコム1&チ1形はアーノルドなので、カプラー交換していきます。
d0147534_10333066.jpg
まずはバラして。カプラーベースに穴があいて、台車側のポッチにはめ込む仕様。板バネも装着されていました。
r34_gttさんはレベルの高い工作力でナックルに交換されていましたが、うちはナックルの在庫が乏しいのでカトカプNに、しかもカプラーベースに穴をあけるだけの簡単工作で凌ぎたいと思います。
d0147534_10334297.jpg
針であたりをつけてから、0.8mmぐらいのドリルから3段階で1.5mmぐらいに穴の大きさを広げていきます。
付属の金属カバーを取り付けるとカプラーと干渉して首振りが窮屈なので、カプラーベースの下側をヤスリをかけて少し薄くします。
d0147534_10335316.jpg
高さはいいようですね。この調子で換装していきましょう。

チ1形の積荷の積み替え遊び。
土管はバンドで固定されているのかと思ったら、、、模型的な取付け仕様でした。
d0147534_1034521.jpg
百均で買ってきた小枝で組んでいるベンチのインテリア小物をバラして、寸法にカット。
木材の固定バンドには、これ
d0147534_10341557.jpg
中央に針金が仕込んである結束に使うモノ。色のいいのが転がっていました。
このままじゃ太いので、芯の針金を取り除くように3枚におろして。
d0147534_10342750.jpg
木材の隙間に嵌まるように台形状に成形した1.2mmのプラ板に1.5mmの穴をあけて、取り付け部品を作ります。
d0147534_10344182.jpg
木材と固定バンドはGクリアで接着しています。
積み替え終了です。

ジオラマ風ショットで
d0147534_10345257.jpg
模型と背景のパースが違うので違和感たっぷりになってしまいました。。。ご勘弁を ^ ^ ;
[PR]
by miki6375st | 2008-10-13 10:44 | 貨車 | Comments(4)

今度の手すりはしっかりと

チップ用のワムに取り付けた手すりが段々とくたびれてきました。

0.26mmの真鍮線だと手すり素材には細すぎるようで、ちょっとあたったりしているうちに形状がへこんできました。
それに下地処理&仕上げ処理をせずに横着をしていたので、塗料が剥がれ始めています。ツケがまわってきたようです。

そこでEF81の手すり工作と平行して、少し太めの0.3mmの真鍮線を素材に作り直していました。今度は下地処理も手を抜かずにしっかりと。
d0147534_12402392.jpg
手すりの長さはわざと違えています。
同じ長さだと同時に穴に差し込むようになるので、やりづらいんです。なので長さを変えて片方ずつ差し込むようにしています。
d0147534_12475385.jpg
多少オーバースケール、デフォルト気味の方がよく目立って効果的なような気がします。

1年程前の出来事です。。。待望のトワイライトが入線して間もなくの頃です。
MAの室内灯を組み込んだ食堂車スシが思う程明るくないので、浅はかなシロート考えでいろいろと対処策を試していたところ、通電した状態でアルミか何かが床下の集電板に触れたんでしょうか、過電流が流れたのかボディが熱くなってしまいました。
d0147534_13101811.jpg
集電のバネ穴の付近がひどく溶けてしまいクニャ〜と変形してしまっています。
d0147534_1334445.jpg
床下部分も台車のあたりから曲がってしまっています。台車自体も転がりが悪くなりました。
・・・・・ショックでした 007.gif
くさたんさんも買ったばかりの車両のボディ塗装を痛めてへこんでいらっしゃいましたが、本当にこんな失態をした後は出来ればリセットボタンを押したい心境になりますよね。自分が仕出かしたことながら、情けないやら腹立たしいやら、ホントにがっくりです。

このスシもいろいろと対処を考えていましたが、先日ライト点灯のスシが再生産というアナウンスに飛びついてしまいました。
[PR]
by miki6375st | 2008-07-10 13:41 | 貨車 | Comments(8)

チップ輸送はじめました

しわくちゃにしたマスキングテープに糸を貼付けた奇妙な物体です。
d0147534_15413720.jpg
これと先日下準備していたコの字軍団の出番です。
d0147534_15432612.jpg
これはワム480000の手すりになります。
0.3mmの穴を開けて
d0147534_15421279.jpg
開口部シートはオリーブグリーンに塗って、糸はボディの下側に小さな切れ込みを入れて接着しました。
d0147534_1544341.jpg
シートはロープで突っ張ったような感じにするため、円弧に切り込みを入れています。
d0147534_1545876.jpg
これが十数両連なると壮観なんでしょうが、零細な当鉄道はまずは1両から小規模チップ輸送業務開始です(笑)
2軸貨車の手すり工作は、車輛いじりの合間の気分転換程度にぼちぼちとやりますか!
[PR]
by miki6375st | 2008-06-13 15:46 | 貨車 | Comments(4)

調子に乗ってもう1両

性懲りもなくトラがもう1両あるので、積荷工作第2弾です。
前作はシートカバーに使ったマスキングテープの幅が足らずあまり積荷に凹凸をつけられなかったので、今回は少し幅広のマスキングテープを入手して高低を強調してみたいと思います。

2回目の工作なので早回しでご覧下さい。
d0147534_12493334.jpg
シートの色をちょっと明るめにしてみました。

乾き待ちの間に24系25型金帯のオハネ24カルテットの補修作業をしていきます。
これもシートカバーが捲れ上がっています。
d0147534_12495914.jpg
背もたれを外してマスキングテープに張り替えます。
・・・またまたひとつ足りません。。。
今度は腕の裏側の方にくっついていました ^ ^ ;

んで、カルテットということでこんな試作を・・・
0.5mmの透明プラ板を9mm×5mmに切り出してマスキングテープをこんな風に貼付けて
d0147534_12504240.jpg
フラットアルミを塗っていきます。

乾き待ちの間に先ほどのトラのロープ掛けをします。
前回穴は見えない、糸先はほぐれるで難儀した糸通しですが、今回は糸の先を瞬着で固めました。2回目となると多少知恵がついてきます ^ ^
d0147534_1251712.jpg
d0147534_12513374.jpg
なかなかイイ感じです ^ ^  さあ今度はどんな荷物を載せようかな!!と、あまり調子づいていくとトラトラトラのスパイラルに陥りそうなので、ほどほどにしておきたいと思います。今回はとりあえずこのあたりで。。。

オハネ24の工作に戻ります。
塗装も一緒にペロ〜っと剥がれないように慎重にマスキングテープを剥がしていきます。
通路と座席の境に置いてみます。
d0147534_12521036.jpg
仕切り扉の試作ですが、いかがでしょうか???
開放式のB寝台との変化をだすためにひと工作してみました。

ただ、これでは仕切り扉の寸法が足らないようで、扉を閉めても完全に仕切ることはできそうにありませんが・・・・ ^ ^ ;  まあ雰囲気ですから、、、ボディを被せてしまえばごまかせるでしょう。
この扉、あと7つ作るのかあ。。。。う〜〜〜ん
[PR]
by miki6375st | 2008-05-10 13:05 | 貨車 | Comments(4)

2軸貨車 積み荷工作

毎週楽しみに見ているNHKのレイアウト制作入門。その番組の中で興味を引くモノがあったのでチャレンジしてみました。

2軸貨車への積荷工作です。
まずはテキスト通りに発泡スチロールで積荷の心材を切り出して載せていきます。
車体にちょっとだけウェザリングをしています。
d0147534_9384289.jpg
シートはティッシュペーパーではなくマスキングテープを使い、タミヤエナメルのオリーブグリーンで塗りました。
d0147534_941497.jpg
ロープ掛けはテキストでは車体にぐるぐる巻きだったのですが、ひと手間かけてフックの両サイドに穴を開けて、そこに糸を通してみました。

仕上げに半つやクリアを吹いて完成です!
d0147534_9471592.jpg
もう少し積荷に凹凸があってもよかったかな。でもなかなかいいアクセントになっているようです。
シートの色を変えてみたりとか、いろんな荷物を積んだりだとか、いろいろと遊べそうですね ^ ^
[PR]
by miki6375st | 2008-05-05 09:59 | 貨車 | Comments(8)

2軸貨車のカプラー交換

主に客車とのミキスト用に少しずつコレクションしている2軸貨車です。所属や年代はさておき、編成のアクセントとして雰囲気で楽しんでいます。

みやび鉄道の標準仕様のカトカプNかナックルに交換していきます。
まずはTOMIXのワム380000。カプラーのポケットカバーを外します。アーノルドが取り付けられていた心棒がそのままナックルに使えそうです♪
d0147534_17543153.jpg
容易な交換作業かと思いましたが、そんなに甘くないですね。。。心棒が太くて、ナックルの留め穴にはまりません。
・・・心棒を細くすることにします。ポケットの壁が邪魔で難儀しましたが、デザインナイフやヤスリで削って、何とかナックルカプラーを取り付けることが出来ました。
d0147534_1754579.jpg
付属の板バネがそのまま使えて、よく利いています。

次に河合の2軸貨車です。
河合の2軸貨車はカプラーポケットの形状はほとんど同じですね。
以前はカトカプNを装着していました。カトカプNの台座がちょっと大きいのでポケットカバーに収まりが悪く削ってはめ込んでいましたが、削りようが悪かったのかカプラーが上を向いたり下を向いたりして調整が難しかったので、今回ナックルに交換することにします。
d0147534_17552574.jpg
すんなりと収まりました。アーノルド用のバネを仕込むとしっかりしてきました。
連結してみましたが、高さも大丈夫ですね。
d0147534_17555447.jpg
ブルトレや電車のように編成の統一美も見ていて気持ちいいですが、大きさや形や色の異なる不揃いでデコボコな2軸貨車の混じった編成もとても和みますね ^ ^
[PR]
by miki6375st | 2008-04-16 17:58 | 貨車 | Comments(4)