カテゴリ:床上レイアウト( 15 )

線路パズル ひとまず終了!

あーでもない、こーでもないと組み替えていた線路パズルですが、直線も欲しい! S字カーブも欲しい! 駅も欲しい! といろんな欲を織り交ぜた結果、ようやくこんな形に落ち着きました。
d0147534_11345030.jpg
複線と単線の3系統。大きさは長辺250cmと短辺140cm。ベースは一体型で、赤い部分はベース板を設けず穴空きの状態にして、足場を確保して作業しやすいようにするつもりです。それに真ん中で分断されるので、シナリーも作り分けしやすいかなという思惑も。。。
d0147534_11344060.jpg
d0147534_11342910.jpg


こちらの方も悩まれているようですが、線路パズル同様に街並パズルもああでもない、こうでもないと。結果、横に並べただけのような薄っぺらい街並に落ち着きましたが、ところどころ横に並べたりして奥行感も出して変化もつけてみました。
d0147534_11341759.jpg
S字側からの眺めをメインにしています。

赤い先から手前は作業足場のため街並はありませんが、道路はこんな感じで、濃い茶色の列と映画館の向かいには商店が並び、薄い茶色の列には民家があるというイメージです。
d0147534_1134387.jpg
いずれは穴埋め補完ブロックで続きの街並制作もという思いもあります。

単線は内回りと外回りに分かれますが、線路際の街並の雰囲気と田園風景の中を突き抜ける雰囲気とに作り分けてみようと思ってます。
d0147534_11335154.jpg


とりあえずはベースとなる木組みですが、部屋にある家財道具や全方角から眺められるように私の鑑賞スペースの確保などの関係で、線路形状に合わせたイビツな形になりそうなので、大工の後輩に相談してみようかなと思ってます。
[PR]
by miki6375st | 2010-10-30 13:04 | 床上レイアウト | Comments(6)

CRCの効用<その後のその後>

毎夜のごとくやっている潤滑剤CRCの効果や影響を検証する走行会。みやび鉄道の3系統のうち大外線に6-66、最内線に2-26を塗布して、それぞれ走らせる車両も振り分けて効果の違いを見ています。
1週間弱の検証では何ともいえない部分もありますが、使用感としては2-26は6-66に比べて効果の持続力がないようです。
CRCの接点復活剤としての効果がレールや車輪の通電状態を良くしたのではと狙いをつけて、より効果のありそうな2-26を試してみたんですが、6-66より効果が薄いということは潤滑剤の被膜の方が威力を発揮したということでしょうか???

ということで残り少なくなってきた6-66(今回の検証で使い切ったわけではなく、家で長いこと使ってきて残量の少ない状態でした)の補充に5-56スーパーを買ってきました。一般の5-56に比べてフッ素配合で5倍の持続力ということです。
d0147534_9164389.jpg
早速2-26を塗布していた最内線に試してみることに。効果は2-26よりもありそうで、しばらく走らせていてもちらつくことはないみたいです。というか、2-26を拭い取ろうとけっこうゴシゴシと線路を磨いたので、線路の表面がかなりイイ状態になったんじゃないでしょうか ^ ^ ;
これもまたしばらくは様子を見てみたいと思っています。

車輪のメンテですが、ボディに装着したまま歯ブラシでゴシゴシやると溶剤が飛び散ってボディ側面に油分がついてしまいます。塗装がどうこうということはないようで布で拭き取れば問題ないのですが、インレタやシールが貼りにくくなりそうなので、
d0147534_916542.jpg
台車を外してブラシ掛けするようにしています。直接手で持ってしまうと手にもついてそれがボディについてしまうので、布の中でブラッシングして台車についた余分な溶剤はそのまま包んで軽く拭き取っています。
それと塗布しすぎると車軸受け金具の凹部分に溶剤が溜まって通電が悪くなるようですので、過ぎたるは及ばざるがごとしですね。スリップもしやすいですし。

そんな中、サブテレイン インクライン4%勾配を使って坂道走行の検証を。
d0147534_917343.jpg
牽引車にもよるのでしょうが、DF50では2〜3両だと問題なく低速でも登ってきました。5両ぐらいだと低速では途中でスリップ。
勾配を緩めてやるともう少し登ってくるかもわかりませんね。

CRCの使用についてはtaka@さんのコメントにもありましたが、LOCO同様に貸レや人様のレイアウトで走行させる可能性のある車両には要注意!というかやめておいた方がいいでしょうね。

こんな工作を。材料はKATOの室内灯1個入りのケースをカットしたもの。機関車ケースの中敷スポンジ。1.2mmのプラ板を4枚重ねたもの。ワサフ8000もどき制作時に分解したコキフ10000の残骸。使い古したアルカリ電池。
d0147534_917132.jpg
ひっくり返った状態ですが、出来たのがこちら。
d0147534_9172286.jpg
このように機関車に牽かせて線路を掃除してもらおうという思惑です。
d0147534_9173525.jpg
運用時には電池に布を巻いて使います。丸い電池は転がすというよりはジョイントなどで引っかからないようにという狙いで。

早速2周ほど回ってもらいました。
d0147534_9174543.jpg
期待以上にイイお仕事をしてくれたようです。これで私がいちいち線路の周りを拭いて回らなくてもよくなりそうです。
スケルトンでは味気ないので、色でもぬってやりますか!
[PR]
by miki6375st | 2009-12-15 10:20 | 床上レイアウト | Comments(8)

潤滑剤CRC 6-66の効用<その後>

たまたま家に転がっていた潤滑剤CRC 6-66をチラツキの激しい車両の車輪に歯ブラシで擦ったところ、チラツキが嘘のようになくなって低速走行でもキレイに点灯するようになった・・・というのが1週間前。その後、毎晩のようにテスト走行を繰り返しています。

で、気になるその後の経過はというと、、、良好です ^ ^
低速でも滑らかでチラツキのないストレスのない走行を続けています。
それでも長いこと(1〜2時間ぐらい)走らせているとチラついたりしだしますが、6-66を含ませた歯ブラシで車輪を数回ゴシゴシしてやると復帰します。6-66は車輪磨きの度にいちいち歯ブラシにスプレーしなくても、一度微量を含ませてやっておけば数日間は効果が持続するようです。
レールのメンテは、動きが怪しくなった箇所に6-66をスプレーした布でレールを擦ってやってます。

6-66を塗布したレールを布で拭うと
d0147534_12381671.jpg
このように黒い汚れがつきます。ですが、これだけ汚れが付いたからといって拭く前の動きは決して悪くないんです。
全くの私感のシロート考えですが、、、今までレールや車輪にこびり付いていたスパーク汚れが、レールや車輪に潤滑剤を塗布して被膜が出来たことによって固まらずにレール上を浮遊しているのかなと思ったり、、、今までの汚れが分解されているのかと思ったり、、、定かではありませんが。。。

そんな中、気になっていたコレを入手しました。
d0147534_12382912.jpg
早速みやび鉄道3系統の最内線(ちなみに6-66は大外線で検証中)に試してみましたが、、、6-66との効果の違いは・・・・・よく分かりません。。。
当初2-26を塗布しても動きも悪くチラツキもありましたが、これは半年以上放ったらかしだったレール自体の状態も悪かったせいもあるようで、布で擦ったりするうちに不具合も解消されていきました。

その走りがこちら。まずは10系昼行編。



続いて夜行編。



スロー走行にしているのですが、ズームをきかせた動画を見ると結構なスピードで走っているように見えてしまいます。。。
それに古いカメラなので感度が悪く光をうまく拾ってくれないですね。。。機関車のすぐ後ろのワサフもどきは室内灯無灯火のように見えます。


1時間以上走らせたキハ82の車輪の状態です。
d0147534_12383954.jpg
厄介でしつこいスパーク汚れも付着することなくキレイな状態を保っています。

ただ不吉な出来事が・・・・
d0147534_12385086.jpg
キハ80の動力車のトラクションゴムタイヤがちぎれて外れてしまいました。もう片方もそろそろ千切れそうな状態になっています。

潤滑剤の影響でゴムが痛んだのか!? 切れた状態を見るともともと劣化していて朽ちてしまったような気もするし。。。そうであって欲しいのですが、潤滑剤を塗布する前のゴムの状態を確認していないので何ともいえないですね。。。ただ同じぐらいの時間走らせていたEF81のトラクションタイヤは特段異常は見られません。
ゴムタイヤを取り替えたのでここらあたりも注意して見守ってみます。

1週間経過しての印象ですが、チラツキのない滑らかな走行に大満足しています。心配していたスリップも勾配のないみやび鉄道では気になるような場面には遭遇していません。レールに溶剤が付き過ぎたかなと思ったら布で拭ってやっています。

引き続き潤滑剤の効用や6-66と2-26の効果の違いなども検証していきます。
こんなことばかりやっているので、車両整備工場は一足早く長期正月休みに入ってしまったようです。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-12-12 13:00 | 床上レイアウト | Comments(16)

救世主現る!?

ここのところ夜毎行っているひとり運転会。低速で走らせる車両をゆったりと眺めて作り込んだ車両内部を覗き込みたいというのが理想形ではありますが、、、実際にはいくらレールや車輪をクリーナーで磨いてもある程度スピードを上げないとチラついてしまうし、スピードをあげると車内をじっくりと覗き込む間もなく車両は通り過ぎてしまう、という何とも悩ましい状況になっています。

特にキハ82のチラツキには頭に来るほどで。この車両はライトユニットをコンパクト化したせいで床パーツと床下パーツとの噛み合わせが甘くなって接触不良を起こしている可能性もあると思われ、構造改造工事も頭を過る中、腹立ちまぎれに、とある溶剤を車輪に塗布したところ・・・なんと!チラツキ防止に驚くような効果がありました。

まずは映像をご覧下さい。中間車2両は室内灯未装着です。
10年前の古いデジカメの動画機能なので、画質も悪く音声もない見苦しい画像でゴメンナサイ。



画像が悪いので分かりにくいかと思いますが、今までだとコンディションのいい車両でもチラチラしていた低速レベルでも全くチラつかなくなりました。


とある溶剤とはコレ!
d0147534_1095667.jpg
既にお試しの方もいらっしゃるかと思いますが、潤滑剤CRCです。私の使用したものは船舶用のものですが、性能自体は一般的な5-56とあまり変わらないようです。

使用方法は歯ブラシに微量含ませてそのまま車輪をゴシゴシ。
なじませるために高速で床上レイアウトを何周かさせます。そうすることでレールにも塗布できて表面は滑らかスベスベ状態になります。
ただ付けすぎると潤滑剤なのでスリップしやすいです。ほんの微量で良さそうです。

KURE工業のHP掲載の5-56のFAQを見ても、レールや車輪に悪影響を与えるモノではなさそうな感じです。
コレ自体は通電しないものの皮膜が薄いので接点部位では通電するとのこと。それに接点復活剤の効果もあるとか。チラツキがなくなったのはこの影響でしょうか???
機関車もこころなしか滑らかな動きをするようになった感じがします。

ただやっぱり車輪や集電用パーツ、レールのクリーニングは欠かせないようです。ここらあたりをしっかりやった上で、仕上げに使うという感じでしょうか。

土曜日にやってまだ3日目。まだまだどんな影響がでるのか検証中です。あくまでもベータ版的な情報だということでことわっておきますが、もし追従レポをして下さる勇敢な方(自己責任で ^ ^ ;)がいらっしゃればお願いしたいと思います。
私も随時、状況報告をしていきますので。

今回のことで分かったことはLEDの性能は低速走行時の電圧でも十分に光るということ。チラツキの原因はレールから車輪に効率よく通電していなかったということで、ひとつ勉強になりました。

2-26という防錆・接点復活剤というのも気になっています。
[PR]
by miki6375st | 2009-12-08 10:24 | 床上レイアウト | Comments(8)

線路の短縮手術、敢行!

ユニトラックの交差線と6番ポイントを組み合わせると50mmぐらいの複線間隔になってしまいます。間延びした感じが否めず、ローカルな複線路にしてはちょっと、、、という気がするので、思い切って短縮工作に突入することにします。
道床付きなのでちょっと工作もややこしそうなのですが。。。
d0147534_9151390.jpg
レールと道床部分は別々に切断していこうと思います。

まず仕上り位置をマーキングして、その手前1〜2mmぐらいまで大きなニッパやのこぎりで大雑把に切り取って
d0147534_9152428.jpg
この後デザインナイフで仕上り寸法まで道床を削りとって、最後に小さいニッパで飛び出たレールを切断。
前もってシミュレーションしたのは正解でした。斜め同士お互いを切り継ぐ工作は、現場合わせじゃ難しかったでしょうね。

ポイントも同様に。
d0147534_9153842.jpg
一度に仕上り寸法まで切断しなかった訳は、、、シミュレーションも誤差や歪みがあるだろうと様子を見ながら切断作業をしていきたかったのが、ひとつ。
それに大きなニッパで切断するとレールの断面が三角につぶれてしまいます。それでOKなのかどうかよく分かりませんが、高価なポイントを切り刻んで失敗したくないので仕上げに断面がつぶれにくい小さなニッパで切断することに。最初から小さなニッパだと道床が邪魔して刃先しか当たらず、その部分は力が弱くて切断できない。
ということから2段階カット方式でやってみました。

線路の切断より短縮することで干渉しまくりの道床のカットの方が手間です。
d0147534_9154948.jpg
両者の接続方法ですが、ジョイントだけの接続よりジョイナーを介した方がしっかりしそうなので溝を切り抜きました。

そんなこんなで、なんとか複線間隔は33mmになりました ^ ^ v
d0147534_916361.jpg
ただ一ヶ所、ポイント分岐側の外レールの切断が斜めになってしまって、1mmほどの隙間ができてしまいました。走らせてみて不都合があれば余っているR718のレールに付け替えましょう。
接続部分の枕木がイビツな感じ、、、いずれ塗装してごまかしてしまおう。。。

同じことをもう一ヶ所やらなければ。。。それと短縮してレール長が短くなった分、端数線路も寸法に合わせて作らないと。。。いや〜面倒くさいゾ!
[PR]
by miki6375st | 2009-07-17 09:58 | 床上レイアウト | Comments(8)

線路を組み直しました

17日の日曜日、雨で予定がキャンセルになってぽっかりと1日空いたので、久しぶりにレイアウト部屋の掃除と絵だけ描いて手つかずの空想レイアウトに向けて線路を組み直してみることに。

まるでパズルですね! 日曜日の晩にはエンドレスにはしたものの予想以上にデカくなり過ぎたり曲線が気に入らなかったり
d0147534_11185743.jpg
それから3晩かけて手直し手直し。で、ようやくこんな形に。これでもまだベースのことを考えるとデカすぎます。もっと小さくコンパクトにして、全方向から眺められるようにしたいのですが。。。
原因は円弧の小さい線路の数が足りないのと待避線の長さ。外側2線が10両、内側が7〜8両ぐらいは確保したためですが・・・。

カーブポイントのないユニトラックではしょうがないのかな・・・とここに注目!
d0147534_1119934.jpg
円弧を少しでも大きくしようと一旦外側に振っている緩和曲線R718。この赤丸のあたりにポイントを持ってくれば。

ただ、、、ポイントの直線と分岐曲線を互い違いに繋げるとうまく線路が組めないんですよね。直線の寸法が合わない。。。スライド線路でも対処できないんですよね。

ということで、線路を切断しよう!!
d0147534_11192075.jpg
そのままの状態でノコギリでギコギコした結果、枕木とのジョイントが壊れて線路がグラグラして、クニャっと曲がってしまいました。失敗 ^ ^ ;

そこで線路を抜いて、道床のジョイント部分を生かすため「中抜き」方式で。
d0147534_11193141.jpg
線路固定のために小さなツメが一ヶ所ついているのですが、線路をプライヤーで掴んでちょっとこじてやるとス〜ッと抜けました。
d0147534_11194182.jpg
道床裏に当て板を取り付けてスーパーXで接着しましたが、これだけでは心もとないので真鍮線を筋交いにして絞めておきました。
d0147534_11195170.jpg
直線の他、R348も短縮工作。下側が短縮加工をした方です。矢印のあたりで繋いでいます。

ピタッとはまってくれました。接いだ箇所もかなり頑丈で、普通に力を入れて線路のジョイントを外してもビクともしません。
d0147534_1120227.jpg
前の待避線と比べてくねくね感がなくなり、流れが良くなったかなと自己満足です ^ ^
d0147534_11201263.jpg
まだ工事途中ですが、このポイント位置移動で外側2線が12両、内側が10両ぐらい入れ替えれるようになったので、待避線の間の直線を1本抜いても10両は確保できそうですね。右サイドの曲線部分も組み直さなければいけませんが。。。

しばらくこの状態で走らせてみて様子を見ながら、空想を膨らませていくことにします。
[PR]
by miki6375st | 2009-05-21 11:24 | 床上レイアウト | Comments(10)

そろそろ見納め

小さな小判型から始まって2年近く、少しずつここまで拡張してきた床上レイアウトですが、
d0147534_8154685.jpg
そろそろ次期レイアウト建設のためと親会社からプレッシャーをかけられている大掃除を兼ねてバラそうかと。

みやびタウンも少しずつにぎやかになってきています。
d0147534_8155819.jpg
だんだんと足の踏み場がなくなってきていますが・・・

前回皆さんからいただいたアドバイスや私の「欲」も取り入れてみながらイメージを広げていきました。
d0147534_816977.jpg
3つに分割できるベースにしようと思っています。ほとんど設置しっぱなしの状態の予定ですが、家族や親戚が一度に集まるイベントに備えて、部屋を空けられるように片付けられる状態にしておこうかと。

ベース同士の線路の接続など課題も多いのですが、とりあえずは床上で図のように組み直してみてみようと。

簡単に車両を入れ替えが出来るように待避線を3系統それぞれに設けたら、駅ゾーンがかなり場所を取ってしまうんですよね ^ ^ ;
ホームの大きさに対してGMのローカル駅ではちょっと小さ過ぎてバランスが悪いかなという印象でしたが、赤斜線の部分に表の駅舎があって、こちらは駅裏という設定にしてみました。赤斜線の部分はイメージだけで作る予定はありません。

電車庫から延びる線路は、レイアウト外に通じるようにする予定です。
[PR]
by miki6375st | 2008-12-25 09:03 | 床上レイアウト | Comments(6)

不調のパワーパック・・・その後

KATOのパワーパックがスピード調節ができなくなり制御不能になっていました。
多くの方々から情報&アドバイスをいただいていましたが、ようやく電気に詳しい人に診てもらい「これが怪しいのでは」ということで、ミニエコーさんに教えていただいた部品を取り寄せてみました。
d0147534_813880.jpg
トランジスタ「2SD560」と「2SD987」を1コずつ。単価はそれぞれ147円と315円でした。

ここに付いている部品です。
d0147534_8132036.jpg
電気音痴の私にはこのふたつの部品の違いはわかりませんが、とりあえず「2SD560」に取り替えてみます。
すると・・・スピード調節も効くようになり以前の状態に。。。修理できました!! 復活です!
KATOの部品とまったく同じものではないそうですが、同じような状態で動作し始めました。

ミニエコーさん、情報&アドバイスありがとうございました。本当に助かりました。
いや〜「ブログやっててヨカッタ〜!!」(←織田裕二のモノマネ風)と思う瞬間でした。自分だけじゃとてもとても・・・重ね重ねありがとうございました。


ED75の方はというと
d0147534_8133077.jpg
ただ今、0.3mmの真鍮線を曲げて、取り付け部品製作中です。
コの字に曲げる時はたいがいL字のアルミアングルでプレスしながら角のシャープさを出していきます。

運転席窓下の手すりの曲げ工作は
d0147534_8134028.jpg
ボディにあてがって湾曲にまげた真鍮線をひな型にして、それに沿わせて一回り大きくなるように成形していきます。

こればっかりも飽きるので、、、
d0147534_8135051.jpg
佇む人々の時計を見ている人の改造工作もちょこちょこと進行しています。
[PR]
by miki6375st | 2008-12-08 08:18 | 床上レイアウト | Comments(13)

フィーダー線のリペア

フィーダー線の接着部分が外れて、バラバラになってしまいました。
線路を組み替えたりする時に、外しにくいので無理な力を加えているせいだと思われますが、とうとう逝ってしまいました。
d0147534_9111955.jpg
ジョイント金具とコードの先の接続部がジョイナーの内部でハンダ付け?されていたようですが、その通りの接続方法で修理するには、ジョイナーの裏側にはハンダのコテ先が入るようなスペースはなく、無理矢理やるとジョイナーを溶かしてしまいます。

そこで金属線を使って「ブリッジ式」でやってみます。
d0147534_9113011.jpg
ジョイント金具に金属線をハンダ付け。ジョイナーに組み込んでコードの先の接続部と金属線をハンダ付け。
d0147534_9114164.jpg
ハンダが付きにくかったので悪戦苦闘しているうちに一部ジョイナーが溶けてしまいましたが、接続に問題はないようです。
見栄えは悪いのですが、復活しました! 通電もOK!

性懲りもなくまたこんなことをし始めています。。。ベースは右側の方。
d0147534_9115270.jpg
「かかし!」と思った人・・・・・残念ながら外れ、、、です。
少量のパテをこね合わせて、硬化したらまた次の箇所、ということで作業しているので完成までもうしばらくかかりそうです。
[PR]
by miki6375st | 2008-11-24 09:42 | 床上レイアウト | Comments(6)

絵に描いた餅

Nゲージに復帰して来年の3月で2年になります。
いつかは自作のジオラマ情景の中を走らせたいとレイアウト制作への憧れは高まるばかりで、どうせ作るんならと思うとあれもこれも取り入れてという欲張る気持ちやら、出来るだけメンテに手間がかからずコンパクトに収納できる方がいいのかなという気持ちやら、いろんな思いが交錯していました。

2年弱、床上レイアウトで遊んでみて、走行する姿をただただ眺めるのが一番好きなようなので、様々な情景を織り込むことを主眼においたレイアウトに思いを巡らせていました。

で、ようやくその構想がある程度まとまってきたので、図にしてみました。シロートの浅はかな考えを笑ってやって下さい(笑)
d0147534_1539359.jpg
複線と単線構成の3系統の三角形状。基本的に線路の高低は作らず、地形で起伏を作って変化を出せたらと思っています。
ベースは分割式でと考えていますが、どうゆう風にベースを分割するかはまだ煮詰まっていません。ただ中央の点線部にはベースを設けない方が視界が遮断されて情景も作りやすく、メンテをする時にも足を踏み入れやすいのかなと思っています。

田園風景と海岸沿いを走るシーンはどうしても欲しい情景でしたが、景色のつながりがうまくイメージできず、いろいろと思案したあげく、急勾配の山で視界を分断してはどうかなと。。。山の裏側にローカル線の渓谷も作れそうだし。。。
それと図を描くのが面倒で直線にしていますが、それぞれの直線部にはゆるやかなS字カーブを設けるつもりです。

簡単に走行車両を入れ替えたいので3系統それぞれに待避線を設けていますが、これだと駅ゾーンの直線が駅ばっかりになってしまいそうだし、、、レイアウトより外側に引き込み線を設けて駅をコンパクトにするか。。。まだまだ悩んでいます ^ ^ ;

設置予定の部屋は7畳半です。作業机やその他いろいろとモノも置いているので設置スペースは限られるのですが、全方向から眺めるようにしたいという気持ちも捨てきれずレイアウト全体の大きさも決めかねてます。

まだまだ空想段階ですが、頭に思い描いた餅を絵にしてみました ^ ^
[PR]
by miki6375st | 2008-11-08 15:50 | 床上レイアウト | Comments(14)