スハ43&オハ47 手すりの曲げ工作

スハ43のボディいじり。手すりを別パーツ化していきます。
ただこの車両には手すりがモールドされています。削り取ってタッチアップしていくのも手間がかかりそうなので、今まで面倒くさくてスルーしてきた手すりのL字加工をして、手前に被せてカモフラージュできれば・・・・。

今までの車両同様に0.3mmの真鍮線を素材に。
d0147534_84955100.jpg
このL字の曲げ加工。曲げる部分がわずかなのでうまくいく確率が低い。。。
それに車両より出っ張って手前に来た分、オーバースケールも目立ちます。
そこで0.26mmの真鍮線に使用素材変更! 曲げやすい分、曲がりやすく成形した直線がくにゃ〜となりやすいので一長一短あるのですが。。。
d0147534_850684.jpg
左が0.3、右が0.26。曲げの違いがありますが少しすっきりした感じです。
あとは塗装でぼってりにならなければ・・・ ^ ^ ;

金属パーツの下地処理の間に、、、興味はないと思いますが、曲げ加工の風景を。
コの字に曲げた真鍮線をアルミアングルを挟んだ大きなクリップにセット。
d0147534_8501698.jpg
0.5mm厚のプラ板を噛ませて出っ張り具合を調整。
d0147534_8502845.jpg
この後もう一つのアルミアングルを押し付けて曲げていきます。
d0147534_8503894.jpg
アルミアングルの角があまりシャープじゃないので、キレイに曲げきれません。
そこで仕上げに小さなクリップで曲げた先を挟んで、鋭角に曲げていきます。ついでに足部分の歪みも整えて、曲げ加工終了。

PhotoShopでサボを作成。
d0147534_8504926.jpg
広島の秘境線、山陰に抜ける木次線の普通列車にしてやろうと思います。
備後落合発着があったかどうか不明ですが、私の中で「びんごおちあい」という響きがローカルっぽい印象なので。。。
d0147534_851083.jpg
いつものシール用紙にプリントして。切り抜き作業がしやすいようにシールの剥離紙に張り替えておきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-05-29 08:54 | スハ43系 | Comments(8)
Commented by ミズ at 2009-05-29 15:40 x
そうたさん、こんにちは。
はっ、早っ!
どーも手すりはやったことがないのに、苦手意識が働いて手をつけられないままで今まで来てしまいました。
やはり0.3より0.26mmの方がリアル感がありますね!
曲げ方も難しそーです。あーぁ、無理じゃ!!!(泣)
シールはPhotoShopはElementsじゃあ出来ないし・・・。
そうたさんはPhotoShopの何をお使いですか?
せめてシールぐらいはマネさせてくださいね。
Commented by 動力車操縦者 at 2009-05-29 22:16 x
そうたさん、こんばんは
手すりの取り付け、乙です☆
いつもながら上手く取付けられていますねぇ~!!
写真で見るとΦ0.26の方がシャープに見えます!
手すりの出っ張り具合の調整など、細かい手すりの曲げ加工の方法は非常に参考になります!
旧客の完成楽しみです♪
Commented by ぼうず at 2009-05-30 18:56 x
真似して0.25mm燐青銅線と0.2mm真鍮線を買ってきました。あ、0.25φや0.2φのドリルは持ってなかったなぁ(^^;

しかし....同じ材料使っても出来上がりが違うのを思い知らされてイヤになるのも間近ですな(^^;
Commented by LTDpegasus at 2009-05-30 20:27
そうたさん、こんばんは。
手摺りの曲げ加工法はとても参考になります!
旧客の普通列車に『備後落合』という響きは絶妙!!
こういう所からもそうたさんのセンスの良さが感じられます。
Commented by そうた at 2009-06-01 16:05 x
ミズさん、ありがとうございます
この車両、左右に乗降扉があるので、1両8ヶ、2両で16ヶ。単調に数をこなさなければならない作業に多少飽き気味です ^ ^ ;
曲げ工作はやり直しが効くので気も楽なのですが、車両への穴あけはいつも緊張します。今回は車両側面への穴あけなので穴あけ位置のズレも目立ちそうなんです。今からその修正方法を思案しています。。。
PhotoShopは「7」を使っています。ただこのアプリじゃなきゃできないというわけではないと思うので、他のソフトでもイケルと思いますよ。ちなみにシール用紙はキャノンのプチシール16面光沢フォトシールを使っています。
Commented by そうた at 2009-06-01 16:12 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
手すりの曲げ寸法と穴あけ位置がうまいくとすんなりと作業がはかどりそうなんですが、穴位置が合わず無理してはめ込もうとするとくにゃっとなるんですよね。。。複数の穴あけ作業を正確にやりきる自信もないので、今から穴位置の補正方法を思案しています ^ ^ ;
単調な作業で飽き気味なんですが、もうひとふん張り頑張ります。
Commented by そうた at 2009-06-01 16:22 x
ぼうずさん、ありがとうございます
材料を仕入れられて今後の展開を楽しみにしています。合格加工品の傍らには曲げ損ねた残骸が多数転がっているんです。。。
私も0.3mmのドリルまでしか持っていないので、0.26をはめるとちょっとブカブカなんですが、そのブカブカ加減を利用してズレた穴あけ位置の微調整に利用してやろうかと思っています。スーパーXを隙間にパテで埋めるようなイメージで接着していけば、なんとか恰好になるかなと甘い考えでいます。
Commented by そうた at 2009-06-01 16:28 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
曲げ工作はもっとシャープな治具を使えばもう少し楽にできそうですが、またその辺は今後の課題としておきます。
備後落合や木次線はスキーに行く途中によく見かけていました。人里はなれた寂れた雰囲気を思い出してみたいと思います。
<< スハ43&オハ47 乗降扉の手... スハ43&オハ47の整備 >>