DF50 解放テコを自作

DF50のディテールアップの続きです。
運転室側面の窓下の手すり。実車写真を観察すると手すりの両端に取り付け台座のようなものがあるようです。それを表現するために、0.5mmのプラ板に0.3mmの穴をあけて0.25mmの塗装済み金属線ケンタカラーを取り付けます。
d0147534_943367.jpg
これの接着方法はスーパーXでボディに張り付けるだけなので、ひとつだけ試作して接着強度を検証してみました。
硬化すると結構な強度があって、指先でつつくぐらいではびくともしません。

この工法であと3つ・・・なんですが、硬化待ちの間に作業していたエアホース取付用のスカートの穴あけ作業中に、0.3mmのドリルがポキン・・・ T T ) スカート部品は固いので力を入れ過ぎたようです。。。

で、ただ今お取り寄せ中なので、手すり工作はおいといてカプラー周り工作を。
製品に付属していた解放テコが破損していたので作成しました。
d0147534_945461.jpg
うちの解放テコプレス機ではちとデカイし中央部の凸部の形状も違いますね。。。

まぁ~曲げ工作も大変なのでこれでOK!ということで塗装まで作業を進めましたが、「待てよ!」・・・と妙案が浮かんでこんなことを
d0147534_95620.jpg
2mmほどの隙間を空けてアルミアングルをこんな風に組んで、その部分をプレスしていこうと。
曲げる素材はケンタカラーを使ってみましょう。塗装の下処理が省けて手間がなさそうです。
1mm厚のアルミ板と0.5mm厚の定規を合わせて1.5mm厚を作って、隙間に押し付けます。
d0147534_935389.jpg
が、ステンレスのケンタカラーは少し柔らかいのか、ふにゃっとなってうまくプレスできません。。。
そこで真鍮線で作り直し。
d0147534_94359.jpg
両サイドを曲げてテコの形に。

エアホース類も塗装が済んで取り付けていくだけの状態に。
d0147534_953896.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-03-28 09:10 | ディーゼル機関車 | Comments(10)
Commented by LTDpegasus at 2009-03-28 19:51
そうたさん、こんばんは。
部品の準備が整い取付けを待つばかりですね!
いつもながらパーツの出来ばえが素晴らしいなぁ、 と感心しています。
0.3㎜のドリルの到着が待ち遠しいですね。
Commented by ミズ at 2009-03-28 20:59 x
そうたさん、こんばんは。
0.3mmのドリルの刃はちょっと残念ですが、いつも手馴れた工作は羨ましい出来です。
自分もそうたさんに綾かって、アルミ・アングルを買ってしまいました。
買っただけで、そうたさんに近づいた気分を味わっています^^

ドリルの刃でお勧めは「ルーマー型マイクロドリル」(カナモリ)というものがあり、軸が1mmで刃の部分が小さくなっています。
ちょっと高価ですが0.05mm単位でラインアップされています。
(ショップのURLを載せたら<スパム>警告が出てしまいましたので、検索してみて下さい。)
自分は「ジャパンホビーツール」というショップで専らこのドリルの刃だけ購入しています。
ご参考までに。
Commented by くさたん at 2009-03-29 06:06 x
そうたさんおはようございます(^^)
DF50のディテールUP作業 乙 です^^このカマは手すりしかも白いのが特徴ですから作業のやり甲斐もありますね^^
いつものように真鍮線を使ったレベルは感動ものです(^^
Commented by 動力車操縦者 at 2009-03-29 22:21 x
そうたさん、こんばんは
DF50には運転室側面に手すりがあったんですね、勉強になります☆
このケンタカラーは側面の手すりにも使えるんですね!?
ちょっと柔らかいそうですがエアーホースには使えそうですか??
細かいパーツ類も揃いDF50の完成が楽しみです♪
Commented by そうた at 2009-03-30 17:47 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
パーツ作りもだいぶ手馴れてきているので、要領が良くなっているようです。ケーブルに一部ケンタカラーを使ってみました。あまりいじり回すと塗装もはげてきますが、使い勝手はいいようです。
今度は0.3mmのドリル刃を折らないように力加減を気をつけます。。。
Commented by そうた at 2009-03-30 17:49 x
ミズさん、ありがとうございます
ドリル刃の情報、ありがとうございました。私の購入しているミネシマ製のものより安価なので今度はそのお勧め品を調達してみようかなと思っています。
アルミアングルを使った金属加工を楽しみにしていますよ!
Commented by そうた at 2009-03-30 17:58 x
くさたんさん、ありがとうございます
塗装済みの金属線が入手できたので挑戦してみましたが、予想以上に良く目立ってくれて満足!満足!です。
ただだんだんと扱いに注意しないといけないデリケートな状態になりつつあります。。。
Commented by そうた at 2009-03-30 18:05 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
ケンタカラーはいじくりまわすと塗装もはげてしまうこともありますが、使い勝手はいいですよ!
無理なプレスをすると真鍮線に比べて柔らかいのでうまくいきませんでしたが、ケーブル類に使用する分には十分な硬さがあってしっかりしていますよ。
Commented by mackbeemer at 2009-09-21 23:23 x
はじめまして。乗務員ドアの手すりや、梯子の線材での加工、素晴らしいですね!
僕には老眼でもう無理!!

さて、乗務員窓したの手すり・・・あれはタブレットキャッチャーなんです。

実物を見られるのは大阪の交通科学博物館と伊予西条、大阪の東淀川区の菅原神社だけなのですが、是非実機を観察して下さい!!

失礼致しました。
Commented by そうた at 2009-09-22 11:43 x
mackbeemerさん、ありがとうございます
私も老眼が進んで近視めがねをずり下げながら工作しているんですよ。ホントに見えなくなるというのは困ったモノですよね!
窓下のものは、タブレットキャッチャーでしたか!勉強になりました。
機会があればぜひ実車を観察したいですね!
またコメントをいただけるとうれしいです。今後ともよろしくお願いします。
<< DF50 ディテールアップ進捗... DF50のディテールアップ >>