オハネフ12 室内灯の改革

オハネフ12の室内灯。光源側とその反対側とでは光量の差がありすぎて面白くありません。。。
d0147534_850189.jpg


そこで対策を施してこんな風に。
d0147534_8501184.jpg
光源の反対側の左サイドまで十分な明るさになりました ^ ^
d0147534_8502228.jpg
今まで全く光が届かなかったデッキ部も明るすぎるぐらいの状態です。

タネ明かしは・・・
d0147534_8503426.jpg
こちらを思いっきりパクって、導光板を自作してみました。

光を落とすための溝もとりあえず浅めに削ってみて(深く削るのがちょっとめんどうだったので ^ ^ ; )具合を確かめたところ
d0147534_8504444.jpg
KATOのように深く削らなくてもイイ感じに室内を照らしています。光の通りもよくムラも目立たないので、市販のモノよりはいいんじゃないかという印象です。

寝台車にしては明るすぎるので減光していきます。
d0147534_8505455.jpg
メンディングテープとアルミで調光。
光源側の導光板の断面に薄くクリアオレンジを塗布してほんわかとした光色に。
貫通扉の上部からみえる導光板が目立つので、アルミで遮光して車体色に塗ってカモフラージュ。
d0147534_851537.jpg
右サイドの光源側から左端まで目立った光量の差や光りムラもなくイイ感じになりました ^ ^ v

いいアイデアをもらって、イイ感じに仕上げられたし室内灯の自作に目処がたったのがうれしいですね。それに大きな経費削減になりそうだし。。。動力車操縦者さんに感謝!感謝!です。
溝の削り方とかまだまだ試行錯誤を重ねて、レベルを上げていきたいですね。
ただ、アクリルの切り出しは夜中には・・・。キーキーうるさいので苦情がでそう。。。


乗客の方は着々と。。。
d0147534_8512036.jpg

[PR]
by miki6375st | 2009-02-14 08:58 | 10系 | Comments(6)
Commented by LTDpegasus at 2009-02-14 17:29
アクリル板の溝は、深く削らなくても大丈夫なのですね!
よろしければ、具体的な深さを教えて頂けませんか?
対策後の室内灯はすんごく綺麗です。
室内・外とディテールアップされたオハネフ12なので、更に「イイなぁ!」 と感じますね!
Commented by ミズ at 2009-02-14 18:03 x
そうたさん、今晩は。
着々と進化しているコメントを見ると羨ましいかぎりです。
導光板は正解ですね。
反対側にアルミシートを貼ったのも正解だと思います。光を反射してダブル効果、となるんではないでしょうか?
Bright Chipsの導光板は板自体特殊なモノらしいのですが、天井側・板のサイド側・反対側に薄い光沢のあるアルミ板が張られていて、ムラを減少させているようです。

長くなりましたが、寝台車(?)の乗客、完成がまた楽しみです^^)
Commented by 動力車操縦者 at 2009-02-15 22:45 x
そうたさん、こんばんは
こんなに効果UPして喜んで頂き嬉しいです~☆
当鉄道管理局ではココまで明るくなっていません・・・。(汗)
何か秘策があるのでしょうか??
導光板の溝ですが当方も手抜き(?)で0.1~0.5mmと浅くしています。
この方がムラが少なく見えますね!!
オリジナルのKATO製の溝がナゼ深いのでしょう!?
導光板の断面へのオレンジ塗装で柔らかい光になっていますね♪
Commented by そうた at 2009-02-16 10:05 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
意外と明るかったので、自分でもびっくりしています。しかもムラも光量の差も目立たないのでK社のモノよりはいいんじゃない!という印象です。
溝は光源から離れるほどだんだんと深くしていったのですが、一番深いところでも1mmも削ってないですね。
ベッドが高いB寝台という内装仕様ということもあるかもしれませんね。
Commented by そうた at 2009-02-16 10:09 x
ミズさん、ありがとうございます
やっぱり「反射」というのは重要なんですね!
Bright Chipsの室内灯はすごく出来がよさそうなので、一度手にしてみたいですね。
自作の導光版がことのほか好結果だったので、これをもとにいろいろと試行錯誤していきたいと思っています。
Commented by そうた at 2009-02-16 10:20 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
アクリル板を使った導光板の工作、イイですねえ~。ホントにいいアイデアをいただき、ありがとうございました。予算削減もさることながら、市販のものより仕上がりがいいというのがうれしいですね ^ ^

>KATO製の溝がナゼ深いのでしょう
たぶん、光の弱い麦球用に考えられた仕様だと思いますが、光の強いLEDの場合はそんなに深い溝は必要ないのでしょうかねえ~
溝の削り方も奥が深そうで、試行錯誤が続きそうですね。
<< 寝台車用「くつろぐ人々」完成 オハネフ12 内装整備 ひとまず終了 >>