客室扉のステップの再考

銅線を素材に自作したステップを旧客車両の乗降扉に取り付けてきましたが、接着面が小さいせいでしっかりとした接着が出来ていません。。。
d0147534_839307.jpg
現状は軽くL字状に曲げた銅線をつぶして車体の下側にスーパーXを使って接着しています。ある程度、接着剤を多めに盛っていれば、硬化すると指でつつく程度ではユラユラするもののとれることはないのですが、見栄えは悪い。少ないと少し力を入れて引っぱれば取れてしまいそうです。
接着直後は落ち着かず、時々様子をみてやらないとズレてあさっての方を向いていたり、外れかけていたりと、世話が焼けます。。。

そこで接着面を拡大させるために構造改革を。
曲げの回数を1回増やしてクランク状にしてみます。
d0147534_8393989.jpg
クランクの幅はアルミアングルの1mmの厚みを利用。挟んだ状態でアルミを起こしてやります。
d0147534_8395060.jpg
扉の裏側まで回して接着するようにしてみました。
d0147534_840015.jpg
これなら見えないところなので、こんもりと接着剤を盛っても大丈夫そうです。

試作品をステップがとれ気味のオハネフ12に取り付けて強度実験です。
d0147534_8401076.jpg
2本の足が扉の裏側にピタッ!と張り付いてくれず調整に難儀しますが、接着強度は格段に向上して頑強になりました。今までだとステップを支点に立たすと、くた〜っとステップが広がってきていましたが、今度は大丈夫そうです。がっちりしてます。

この接着している足の上から「当て板」を貼付けるともっと頑強になりそうですが、そうすると床下パーツを削ったりと手間もかかりそうなので、とりあえず「2回曲げ扉裏接着」で様子を見てみます。
[PR]
by miki6375st | 2009-02-04 08:48 | 10系 | Comments(8)
Commented by トータン at 2009-02-04 21:16 x
ナイスアイデアですね!早速頂きま~す!
Commented by i-qss at 2009-02-06 16:03
こんにちはー。
こういったちょっとしたアイデアがなかなか思い浮かばないのですよね。
今後も参考にさせていただきます。(^_^)
Commented by LTDpegasus at 2009-02-06 21:04
そうたさんのブログ(作業)は参考書ですね!
でも私がやると上手く出来ないのです。 (泣
Commented by 動力車操縦者 at 2009-02-06 22:46 x
そうたさん、こんばんは
なるほど・・・勉強になりますねぇ~☆
こうして接着面積を増加させることによって
接着強度がUPしますね!!
参考にさせて頂きますぅ~♪
Commented by そうた at 2009-02-07 09:17 x
トータンさん、ありがとうございます
裏側まで接着範囲を広げたことでしっかりと固着することができました。ただ接着剤の厚みで床下パーツに干渉するので、少し削らないといけないようです。
Commented by そうた at 2009-02-07 09:24 x
taka@さん、ありがとうございます
このステップの接着はずっと前から懸念材料で、出来るだけ手間がかからず、大量生産もしやすい方法を模索していたんです。
まだまだいい方法や材料があるかも分かりませんね。。。
Commented by そうた at 2009-02-07 09:34 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
参考書だなんて、、、恥ずかしいです~
自分自身が楽に作業できるように試行錯誤しているだけなんですよ。しばらくやらない作業はすっかり忘れてしまうので健忘録としてブログに記録しておくと便利ですね ^ ^
Commented by そうた at 2009-02-07 09:37 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
接着面を広げることでしっかりしてきました。ただ接着前に足のバタつきを調整してやらないとうまくつかないので、そこがちょっと面倒ですね。。。
<< オハネフ12にハシゴとカーテンを 10系 オロネ10車両整備 終〜了〜 >>