室内灯のチラツキ対策

予定整備終了で室内灯の光ムラが軽減したばんえつ物語12系ですが、走らせるとチラツキがすごく目立ちます。特にスローの良く利くC57 180で低速走行させると、室内灯も点いているのかどうかもわからないぐらい暗い。

まあ、しばらく放ったらかしにしていたので、車輪や集電金具もかなり汚れているのでしょう、とりあえず磨いてみます。
d0147534_11531644.jpg
台車をバラして、無水エタノールを爪楊枝の先のティッシュに浸みこませたり、歯間ブラシなんかを使ってきれいに拭っていきます。集電金具の軸受の窪みのところは、かなり黒ずんでいました。

次に、これも放ったらかしで通電状態が悪くなっている線路を磨きます。
使うのはこれ
d0147534_11535635.jpg
皆さんやっていると思いますが、割り箸の先に布を巻きつけた磨き棒。
これに無水エタノールを浸みこませて擦っていきます。

仕上げに何かの本でみたのですが、セーム革を使います。大昔仕事で使っていた切れ端です。20年以上前のものなのでちょっと固くなってます。
これで軽く乾拭きして、線路表面がツルっと滑らかな感触になればOK!

ついでにこんなテストを
d0147534_11552054.jpg
去年の秋に買ったままになっていたコンデンサー47μFです。最少容量の4.7μFから47μFまでパーツの大きさが同じだったので、容量の大きなのをチョイスしました。
これを取り付けることでどれだけチラツキ対策になるのか実験してみます。
d0147534_11554784.jpg
取り付け回路を参考にしたのはr34_gttさんComing soon? 本館です。
ちょうどデッキのところに収まりました。

この実験観察のために、今回初めて動画をアップしてみることにしました。
これはお馬さんで儲かったわけではなく、古いデジカメに動画機能がついていたことを思い出し引っぱりだしてきました。すでに電池はお釈迦寸前なので、ACアダプターを探しまくって、何とか撮影できました。
ただマイクが付いていないので、残念ながら音声はありません。

まずはコンデンサーの蓄電効果を確認。
左の車両がコンデンサー取付け、右は未装着。

電圧ボリュームを絞っていくと消え方が違うので、コンデンサーの蓄電効果は表れているようです。

では走らせてみます。後ろの車両がコンデンサー搭載、前の車両は未装着。

写し方がヘタなせいもあるでしょうが、違いが、、、、わからない、、、ですね ^ ^ ;
ひいき目に見て、多少光り方が安定しているような感じが・・・。
う〜ん、47μFでは容量が小さいのか、、、やっぱチラツキ対策は線路や車輪&金具磨きに尽きるのでしょうか。。。

動力車の反応が良すぎると電圧を上げられずチラツキの原因になるので、ちょっと鈍いぐらいの方が室内灯愛好家にはうれしいような・・・。
何はともあれ、チラツキは軽減したようですが、、、牽引していたC57のヘッドライトの暗さが気になってきました。。。
[PR]
by miki6375st | 2008-09-12 11:58 | ばんえつ12系 | Comments(8)
Commented by 目黒のダンボ at 2008-09-12 18:09 x
こんにちは。
ちらつき対策、やっかいですよね。
私は「スニ41」では、470μFを積んでかなり効果ありますが、さすがにデカイ!ので、荷物室がある車両でないと厳しいです。
最近の動力車、超低速スローが効くのはありがたいですが、起動電圧も低くなっているので、これもやっかいですね。
私はモーターに抵抗挟むなんて無茶な実験もやってみましたが、これも抵抗を入れるスペースに制約があるのでちょっと微妙なんです。^^;
Commented by 動力車操縦者 at 2008-09-12 21:48 x
そうたさん、こんばんは
車輌のメンテ、乙です☆
メンテをサボると、すぐ通電不良になってしまうので
こまめなメンテは必要ですね!!
車輪や線路のメンテは簡単なのですが、台車の集電金具のメンテは
結構手間が掛かるので、たま~にメンテするだけです・・・(汗)。
これを機にそうたさんを見習って台車の集電金具をメンテしたいと思います。
コンデンサーの実験、非常に参考になりました!!
車輌へ搭載したいのですが、スペースが・・・!?
何か良いアイデアがありましたらブログにてご紹介下さい♪
Commented by そうた at 2008-09-13 10:34 x
ダンボさん、おはようございます
470μFぐらいだと効果は歴然なんですか!!
でもスニ41に積んでいるところを拝見していましたが、デカイ!ですよね。客車に積むにはちょっと・・・・無理がありますね。
電気的な知識がないので、動力系の改造には踏み込めないんです ^ ^ ;
車両自体の重量を増やして負荷をかけてやれば電圧もかけやすくなるかなとシロート考えを膨らませているので、いろいろと検証してみたいと思います。
Commented by そうた at 2008-09-13 10:46 x
動力車操縦者さん、こんにちは
電飾派はこまめにメンテをしなければいけないのでしょうが、なかなかマメにできないですよね。。。
47μFぐらいのコンデンサーだと、ほんとに多少違うかなという程度のようです。やっぱちらつき対策は線路&車輪&金具磨きが基本なんでしょうか。

Commented by トータン at 2008-09-14 12:52 x
コンデンサの使いかた 知りたいです 室内灯のちらつきが嫌いで今まで室内灯は殆ど考えたことは無かったのですが 確かにコンデンサを搭載すれば安定供給が可能でしょうね この程度の大きさのコンデンサでどの位の効果があるのでしょうか?映像では判断できませんでした
Commented by とりのさんぽ at 2008-09-14 23:20 x
ワタシは軸受けにタミヤの通電グリスをちょこっと入れて、おしまい。
それと、集電金具にあるプレス時のバリを、2000番くらいのペーパーで均しています。
どちらも、やらないないよりは、マシです。
グリスの耐久性などは、まだ判断できません。
もうちょっと、長期的にみていくつもりですが、こんなごまかし方もあるということで。
Commented by そうた at 2008-09-15 09:44 x
トータンさん、こんにちは
47μFのコンデンサーでは、映像をご覧いただいたように違いはほとんどわかり難い感じです。容量の大きなものを使うと効果はあるようですが、パーツのサイズも大きくなるので、取り付けスペースに難がありそうです。
低速走行(低電圧)ではLEDの発光電圧に満たないこともあり、十分な発光ができずちらつくようです。
なのでちらつき対策にはコンデンサーよりも、電圧を上げても低速走行するように、動力に負荷をかける方がいいのかなと、シロート考えを膨らませています。
Commented by そうた at 2008-09-15 09:50 x
とりのさんぽさん、こんにちは
集電金具のバリ取りはやっていましたが、通電グリスというのは初耳なので興味津々です。ちょっと探ってみたいです。
情報ありがとうございました。
<< C57 180 ヘッドライト... ばんえつの中間車 オハ12の室... >>