反射を生かして車端部まで明るく!

前出の24系25型のような取り付け方をすると光源より後方にも光がまわって明るくなったので、別の車両にもライトケースを取り除いて取り付けてみます。

キハ82です。ライトケースをこんな風に加工して、LED化した回路を組み込みました。
d0147534_10324728.jpg
ライトケースの上側のプラ部分はニッパでプチプチして、金属部分の側壁は折り返すと簡単にポキッといきました。

点灯してみます。
d0147534_10331352.jpg
上がライトケースをつけている状態で、下は今回加工したライトケースを外したものです。光源の後方まで光がまわって、死角だった場所にある窓も明るくなっています。
導光板に反射したのだと思いますが、結構な光量がありますね。車端部の窓を照らすには十分な明るさです。

今度は既にライトケースのある状態で取り付けた10系の車両を同様の加工をしてみます。オハネフ12です。
d0147534_10334785.jpg
同じようにLEDを覆っていたライトケースの上面と側面を取り除きました。
ライトケースのあるなしを比較してみます。
d0147534_10343429.jpg
イイ感じで車端部にも光がまわるようになりました。トイレ窓も明るくなりました。これでお子さんたちにも怖がらずに用をたしてもらえると思います ^ ^

座席側には今回の加工による光量の変化は見られないですね。影響がないようです。ただ座席側の光量ムラをなんとか改善しなくては・・・
ちなみに妻面側はブリッジダイオードが塞いでいる状態なので、通路扉の窓からは光は漏れていないですね。

これで死角だと諦めていた車端部にも光をまわすことが出来るようになりました。
こんな簡単な作業で「サボにも光を」大作戦も大幅前進できそうです ^ ^

・・・ということになるとMAの室内灯を取り付けているトワイライトもサボに光をまわすのに光ファイバーを使って、、、というややこしい作業をするよりはKATOの室内灯をこんな風に付け替えていく方が早いかな ^ ^ ;
[PR]
by miki6375st | 2008-04-29 10:45 | キハ82系 | Comments(4)
Commented by 動力車操縦者 at 2008-04-30 22:32 x
そうたさん、こんばんは
「サボにも光を大作戦」は大成功ですねぇ~!!
当鉄道管理局はKATOの室内灯ユニットを白色LED化しましたので
この方法でしたらライトケースをニッパ等で余計な部位を切断すれば
簡単に側面の方向幕サボを点灯できるんですねぇ~☆
この方法をパクらせて頂きますぅ~♪
Commented by くさたん at 2008-05-01 19:41 x
そうたさんこんばんわ(^^)
そうたさんのブログを見ていると各所有車輌にLED室内灯を取り付けたくなりますね^^
しかも今回はサボまで光が回ってイイ感じです^^
Commented by そうた at 2008-05-03 11:40 x
動力車操縦者さん、こんにちは
>大成功ですねぇ~!!
ありがとうございます ^ ^ たなぼたのような感じで意外でした! 既設の車両もニッパでプチプチやっていこうと思っています。
Commented by そうた at 2008-05-03 11:52 x
くさたんさん、こんにちは
>サボまで光が回ってイイ感じです^^
ありがとうございます。思わぬことから好結果が得られてニコニコしています ^ ^
N模の「光り病」に冒されてしまっています ^ ^
取付けやメンテ、調整がめんどくさいこともありますが、 もうこれなしでは・・・・という体になってしまいました ^ ^ ;
<< みやび鉄道 拡張計画 サボにも光を大作戦 思わぬ誤算! >>