C62-2 テンダーライトの点灯化

C62のヘッドライトのLED化、副灯の点灯化に続いて、テンダーライトの点灯化に挑戦してみます。

まずはダミーライト部の穴開け。くり抜いた穴より光ファイバーの径が小さいので、ハンダごての中間の部分に光ファイバーの先っぽを押しあてて、熱で広げてレンズっぽくしていきます。
d0147534_13223910.jpg
このとき押しあてた光ファイバーの表面に小さなひび割れができて、レンズカットのようなイイ感じの模様になって、なんだか儲けたような感じです ^ ^
台車留めのビスのメス穴が真ん中で邪魔をしているので、それを避けるために光ファイバーをこんな風に曲げました。
d0147534_132365.jpg
光源にはKATOの白色室内灯を使用します。この室内灯流用のアイデアはやま♪さんからいただきました。
あまり明るくなりすぎないように光源と光ファイバーを少しずらしています。ライトの色がよくわからないのでとりあえずオレンジフィルターを付けておきました。ウエイトには絶縁のためにビニールテープを貼っています。

発光テストです。
d0147534_13233441.jpg
カプラーもナックルに換えて、後ろ姿もグーになりました!
・・・このテンダーライトって走行中、点きっぱなしなんでしょうか?
色は電球色なのでしょうか? どなたか詳しい方、教えて下さい m ( _ _ ) m

★お知らせ★
NHKの教育テレビ、趣味悠々という番組で3月31日から「鉄道模型でつくる思い出の風景〜Nゲージ・レイアウト制作入門」が放送される予定です。
5月26日までの全9回。放送時間は毎週月曜日の午後10:00〜10:25。
詳しくは番組HPでご確認下さい。
[PR]
by miki6375st | 2008-03-20 13:34 | 蒸気機関車 | Comments(4)
Commented by 動力車操縦者 at 2008-03-20 22:50 x
そうたさん、こんばんは
テンダーライトの点灯でも光ファイバーが活躍していますねぇ~!!
バック走行もありますのでテンダーライトは必需品ですね!
またお約束のナックルカプラー・・・非常にGOODです☆
光ファイバーを上手く曲げていますが、ドライヤーなどで暖めてから
曲げたのでしょうか?
KATOの室内灯ユニットは当鉄道管理局でもやま♪さんの
アイデアをパクって採用しています。
今回のテンダーライトは前進でも後退でも点灯しますので
ダイオードを入れれば後退時のみ点灯にできます。
Commented by トータン at 2008-03-21 23:40 x
テンダーも点灯ですね! ひょっとしたら開放テコにも手を出すのではありませんか? 改造お見事です!
Commented by そうた at 2008-03-22 11:40 x
動力車操縦者さん、こんにちは
光ファイバー、大活躍です。ドライヤーの熱風にあてながらアチチ、アチチ状態で曲げました ^ ^
今度からボール紙で口を小さくした円錐状の筒を作って、熱風がスポット的にあたるようにしてみようかなと思っています。
テンダーライトは後進時のヘッドライトのようなものなんですね!
情報ありがとうございました。ユニットにダイオードを入れる方向で考えてみます。
Commented by そうた at 2008-03-22 11:45 x
トータンさん、こんにちは
副灯の点灯ができたので調子こいて、やってしまいました ^ ^ ;他のディティールアップにもいろいろと挑戦していきたいです。
<< C62-2 雪が積もっても大丈夫?! オシ25 露出した導光板の対策 >>