立体交差の処理

線路レイアウトの組み替えで立体交差を新設しましたが、その処理の第一弾。
曲がり癖をつけた0.5mmのプラ板と1mmの角棒でカーブガータ橋をフルスクラッチ。
d0147534_19394899.jpg
d0147534_19402222.jpg
d0147534_19405467.jpg

地形を作って橋を組み込むんじゃなくて、橋台を固着してそれからまわりの地形を作る作戦で、レイアウトに組み込みました。
d0147534_19412963.jpg
d0147534_19451592.jpg

[PR]
by miki6375st | 2015-07-01 19:45 | レイアウト制作 | Comments(1)
Commented at 2015-12-30 20:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< イレギュラーなトンネル 改修土木工事に突入 >>