車止めとバラスト撒き

0.5mmのプラ板で囲い板。バラストを盛る部分はカネライトで上げ底。
d0147534_21534417.jpg
バラストはKATOの茶色と濃茶をブレンド。
d0147534_21560506.jpg
d0147534_21561908.jpg


レールの塗装が終わったので、バラスト撒き作業開始。
レイアウト部屋に詰めての作業ではなく、別の部屋で少しずつ取り外してはテレビを見ながらちまちまとやっていきます。

なので本やネットで紹介されている撒き方ではうまくいかないことも練習作業で出てきたので、こんなやり方で進めることに。
d0147534_22295451.jpg
まずは4倍に溶いたスーパーフィックスをスポイドで滴下。
d0147534_22304323.jpg
KATOのバラスト茶色と儂茶を1対3でブレンド。
d0147534_22332075.jpg
一枡分の量をすくって、撒くというより繰り返し繰り返し置いていく感じ。
d0147534_22364415.jpg
その上から再びスーパーフィックスを滴下してドライバーの先でならしていき、
d0147534_22374971.jpg
仕上りがこちら。
d0147534_22414793.jpg
d0147534_22420293.jpg
さらにレール外側の枕木間にも同様の作業を。バラストは耳かきの先ですくって。
d0147534_22452166.jpg
ここまでの作業時間はテレビを見ながらぼちぼちをやってレール長50cmで1時間半ぐらい。


[PR]
by miki6375st | 2015-04-10 22:54 | レイアウト制作 | Comments(0)
<< フィーダー線をつくる 地形の色づけ&線路のサビ塗装 >>