KATO DD51中期耐寒型のちょっことイジリ

空調設備のないレイアウト部屋での作業は夏期中断中で、基本的には私一人での制作作業なんですが、盆に遊びにきた小3の姪っ子がこのレイアウト制作にかなり食いついてきて、何かさせろとしつこいので海ゾーンの絶壁エリアの崖の土木工事を下請けさせることに。
d0147534_19451838.jpg
この子はこういう工作事が好きなようで、蒸し暑い中もくもくと歯ブラシとくしゃくしゃにしたアルミホイルを使ってなすりつけた木紛ねんどに岩表現を施していました。

で、その出来栄えは・・・
d0147534_19502490.jpg
こんな感じです。


DD51が入線しました。ボンネット上のライトがいいですねえ〜。カプラーもナックルが付属しているし、細かい仕上げも上出来です。
d0147534_19553142.jpg
ただ運転席窓のツララ切の防護柵がちょっとごついような。。。見る角度によると運転席窓が全面赤く見えてしまいます。


で、これの登場。
d0147534_20011185.jpg
DD51のプロテクター。
数年前に既存のDD51にとりつけようと購入したままお蔵入りになっていました。


部品の比較。
d0147534_20025324.jpg
装備品の3本格子に対してエッチングパーツは4本格子。


取り付け状況。
d0147534_20041632.jpg
エッチングパーツに交換した右の方が、かなりシャープですっきりした感じになりました。

運転席側面のタブレットプロテクターはモールドのため、エッチングパーツとの交換作業はスルーしました。


d0147534_20065830.jpg
d0147534_20072626.jpg

[PR]
by miki6375st | 2014-09-01 20:10 | ディーゼル機関車 | Comments(0)
<< DD51 3灯形に解放テコとエ... 左官作業 橋台と石積アーチ橋 >>