EF57-1 パンタグラフのデコレーション

旧型茶釜つながりで、EF57-1のパンタグラフの別パーツ化を。
d0147534_11251910.jpg
バネ部は0.26mmの銅線、ガイシ部は0.25mmの白いケンタカラーのステンレス線で。

台座部はサフを吹かした後、パステルをまぶして茶色のボディになじむように。
d0147534_1128989.jpg


組み上げました。
d0147534_11294714.jpg
作業中台座の塗料が剥がれtので、タッチアップついでにパンタ周りもパステルでちょいとウェザリング。
d0147534_11311218.jpg
d0147534_11303560.jpg
d0147534_11305261.jpg

[PR]
by miki6375st | 2013-08-25 11:33 | 電気機関車 | Comments(2)
Commented by ミズ at 2013-08-26 16:56 x
そうたさん、こんにちは。
いやはやEF57 1にもやっちゃってくれました!
こんなに拡大してもコレなんだから、肉眼で観たら凄い事でしょうね。
小生にとっては「参考にします」とは到底言えない“職人技”ですね。
目の保養をさせていただきました。スゴイ!!!
Commented by そうた at 2013-08-29 21:06 x
ミズさん、ありがとうございます
ED53とほぼ同じ加工ですが、むふふ♪度が増してきます。もう少しウェザリングなどで視覚効果を上げていきたいと思っています。
<< EF57-1 デッキ周りをいじる ED53 デッキ手すりの金属線化 >>