開けっ放しに向けて

オハ35の整備作業。今回の目玉は、旧客でよく見られた扉の開けっ放し仕様への改造。
いきなり大きな壁にブチあたりました。
d0147534_2391640.jpg
扉の開口部から床下パーツが丸見え。。。というか全く不自然なので、これは解消していかなくては。

ということで、デッキ部にあたる部分をカット。
d0147534_2316390.jpg
プラ板で床面の段差を解消して、端っこの中央部分をコの字にくり抜いて。これの理由は後ほど。

0.5mmのプラ板をデッキ部の床として床下パーツの赤斜線部分に張り付けていきます。
d0147534_2322051.jpg


無地の床では味気ないので、けがいて板張りっぽく。
d0147534_23235967.jpg
デッキ部の壁や通路扉もちょっとそれっぽく作り込んでみました。

デッキ壁はクリーム1号。室内側はNATOブラウンで。
d0147534_23265056.jpg


室内灯工作。こんな風に組み上げました。
d0147534_23293081.jpg


ユニットと基板の接点とをハンダ付けしてしまいます。
d0147534_2329058.jpg
ユニットの後ろ側に3mmの角帽を設置。これはデッキ壁を出来るだけ垂直に接着するための補助具として。

壁を接着して内装はこんな感じに。
d0147534_23323457.jpg
d0147534_23324662.jpg
壁は多少ウェザリングして古っぽく。
右写真の茶色の壁の上部を塗り残しているのは・・・導光板の光でデッキ部も明るくなるかなという思惑ですが。。。

前出のコの字型のくり抜きはデッキ開口部からみて不自然さがないように・・・
d0147534_23373547.jpg
床パーツの厚みの部分をシートとしてカモフラージュして段差が目立たないようにという苦肉の策です。

ちなみに床は2.5mmほど低床化できました。
d0147534_2347782.jpg

[PR]
by miki6375st | 2011-01-26 23:56 | オハ35系 | Comments(6)
Commented by LTDpegasus at 2011-01-30 13:59
デッキ部の壁・扉の造り込みがリアルですね~。
チラッと見える座席部分の処理もお見事デス!!
開けっ放し仕様の完成がますます楽しみになってきました!
Commented by ミズ at 2011-01-30 17:55 x
そうたさん、今晩は。
上手くデッキを作り込みましたね!
昔は、ドアを開けっ放しにしてデッキから身を乗り出したり、今じゃあ考えられない事もやっていたことを思い出しました。
きっと、そうたさん、そういうシーンを造っちゃうんだろうなぁ。人間も作っちゃったりして・・・
期待してますね!
Commented by 動力車操縦者 at 2011-01-31 22:18 x
そうたさん、こんばんは
上手~くデッキ部を製作されていますねぇ~☆
ドアの開閉状態を再現するのは大変そうですのでウチではちょっとムリかな!?
車内とデッキの仕切りもリアルで室内灯もコンパクトに処置されていますね!!
ドア開の完成が楽しみであり、大いに期待しています♪
Commented by そうた at 2011-02-02 21:14 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
オープンデッキ化はハードルがたくさんあって思ったよりややこしいですねえ〜。でも開けっ放しの扉開口部から見える車内の様子を私も楽しみに、もうひと頑張りしてみます。
Commented by そうた at 2011-02-02 21:19 x
ミズさん、ありがとうございます
テレビでSLの特集をみていたら、機関車よりも牽引していた客車の様子に釘付けになってしまいました。探り探りの作業ですが、開けっ放し仕様に向けてもうひと頑張りです。
デッキに佇む乗客ですか、、、う〜ん。。。。。
Commented by そうた at 2011-02-02 21:26 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
最近のTOMIX製の客車は、扉が別パーツなので作業もやりやすいかなと安易な気持ちでスタートしましたが、オープンデッキ化は「見えてしまう」ところにも気を使わないといけないのでややこしい作業が続きますね。
室内灯はデッキ部までうまく光が回ってくれればいいのですが。。。
<< こまごまと 今年の初入線 >>