CRCの効用<その後のその後>

毎夜のごとくやっている潤滑剤CRCの効果や影響を検証する走行会。みやび鉄道の3系統のうち大外線に6-66、最内線に2-26を塗布して、それぞれ走らせる車両も振り分けて効果の違いを見ています。
1週間弱の検証では何ともいえない部分もありますが、使用感としては2-26は6-66に比べて効果の持続力がないようです。
CRCの接点復活剤としての効果がレールや車輪の通電状態を良くしたのではと狙いをつけて、より効果のありそうな2-26を試してみたんですが、6-66より効果が薄いということは潤滑剤の被膜の方が威力を発揮したということでしょうか???

ということで残り少なくなってきた6-66(今回の検証で使い切ったわけではなく、家で長いこと使ってきて残量の少ない状態でした)の補充に5-56スーパーを買ってきました。一般の5-56に比べてフッ素配合で5倍の持続力ということです。
d0147534_9164389.jpg
早速2-26を塗布していた最内線に試してみることに。効果は2-26よりもありそうで、しばらく走らせていてもちらつくことはないみたいです。というか、2-26を拭い取ろうとけっこうゴシゴシと線路を磨いたので、線路の表面がかなりイイ状態になったんじゃないでしょうか ^ ^ ;
これもまたしばらくは様子を見てみたいと思っています。

車輪のメンテですが、ボディに装着したまま歯ブラシでゴシゴシやると溶剤が飛び散ってボディ側面に油分がついてしまいます。塗装がどうこうということはないようで布で拭き取れば問題ないのですが、インレタやシールが貼りにくくなりそうなので、
d0147534_916542.jpg
台車を外してブラシ掛けするようにしています。直接手で持ってしまうと手にもついてそれがボディについてしまうので、布の中でブラッシングして台車についた余分な溶剤はそのまま包んで軽く拭き取っています。
それと塗布しすぎると車軸受け金具の凹部分に溶剤が溜まって通電が悪くなるようですので、過ぎたるは及ばざるがごとしですね。スリップもしやすいですし。

そんな中、サブテレイン インクライン4%勾配を使って坂道走行の検証を。
d0147534_917343.jpg
牽引車にもよるのでしょうが、DF50では2〜3両だと問題なく低速でも登ってきました。5両ぐらいだと低速では途中でスリップ。
勾配を緩めてやるともう少し登ってくるかもわかりませんね。

CRCの使用についてはtaka@さんのコメントにもありましたが、LOCO同様に貸レや人様のレイアウトで走行させる可能性のある車両には要注意!というかやめておいた方がいいでしょうね。

こんな工作を。材料はKATOの室内灯1個入りのケースをカットしたもの。機関車ケースの中敷スポンジ。1.2mmのプラ板を4枚重ねたもの。ワサフ8000もどき制作時に分解したコキフ10000の残骸。使い古したアルカリ電池。
d0147534_917132.jpg
ひっくり返った状態ですが、出来たのがこちら。
d0147534_9172286.jpg
このように機関車に牽かせて線路を掃除してもらおうという思惑です。
d0147534_9173525.jpg
運用時には電池に布を巻いて使います。丸い電池は転がすというよりはジョイントなどで引っかからないようにという狙いで。

早速2周ほど回ってもらいました。
d0147534_9174543.jpg
期待以上にイイお仕事をしてくれたようです。これで私がいちいち線路の周りを拭いて回らなくてもよくなりそうです。
スケルトンでは味気ないので、色でもぬってやりますか!
[PR]
by miki6375st | 2009-12-15 10:20 | 床上レイアウト | Comments(8)
Commented by ミズ at 2009-12-15 13:48 x
そうたさん、こんにちは。
クリーニング・カーのアイデア、とても面白いと思います。
しっかり目的は果たせていますね。電池は単2でしょうか。
レイアウトにトンネルが有る場合は、他に変える必要がありそうですが、とても実用的で小生の床上レイアウト(めったに組みませんが)の保線用にピッタシです。イッタだきまぁ~す!
Commented by トータン at 2009-12-15 22:19 x
線路のクリーニングは結構大変で 冷や水鉄道ではそれが一大プロジェクトになっています こんなのがあったら良いですね~TOMIXのクリーニングカーを所有しているのですが 線路がうねっていたりポイント部分で引っかかったりでクリーニングには程遠い感じなのですがこれなら電池の重さで結構綺麗に出来るのではって思います 良い事考えましたね~
Commented by LTDpegasus at 2009-12-16 10:59
そうたさん、こんにちは。
ナイスアイデアですね~!
ウチの線路もかなり汚れていると思うので、このアイデアはご馳走になりたいと思います。
なにかイイ名前(型式名)をつけてあげて下さいね。
Commented by 動力車操縦者 at 2009-12-18 22:57 x
そうたさん、こんばんは
CRCでのレール・クリーニングのレポは参考になりますね☆
レール清掃って、結構手間が掛かり大変ですよね!?
車輪のメンテ時に台車を外して行う方がベターです!
ボディーの塗装は耐油性がほとんどないと思います。
飛散したCRC(油分)がボディーに付着してしまうと、
すぐに拭き取っても、後日、飛散跡が表面化する可能性があります。
自作クリーニングカーはお見事です♪
Commented by そうた at 2009-12-20 14:04 x
ミズさん、ありがとうございます
クリーニング車はデモンストレーションとしては見ていて面白いのですが、やっぱり自分の手でやったほうが手っ取り早いようです。。。
通電のわるくなったような線路をきれいにするというお仕事はできませんが、きれいな線路の表面の汚れを落とすぐらいのことなら活躍してくれそうです。
電池は4LR44という長さ2cmの小さな電池ですが、Nに使うにはもう少し小さなものがよさそうですね。
Commented by そうた at 2009-12-20 14:11 x
トータンさん、ありがとうございます
私も線路のメンテにはほとほと手を焼いておりました。電池のローラがそこそこの自重があるので汚れはある程度はふき取ってくれているようですが、やっぱり自分で磨いたほうが手早く確実な気がします。
こいつの出番は走らせる車両を入れ替えるときに、4~5周ほど回って表面の汚れを軽くぬぐう程度で、通電の悪くなった線路を磨くというお仕事まではできないようですね。
Commented by そうた at 2009-12-20 14:17 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
このクリーニング車の性能では表面についた汚れをさらっとぬぐう程度で、磨くということまではできないので、通電の悪くなった線路にはやっぱり自分の手で、ということが手っ取り早いようです。
名前ですが、何のひねりもなくモッパー1号ということにしました。形式名は思いつきません。何かつけてやってください。
Commented by そうた at 2009-12-20 14:21 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
ボディに油分がつかないように注意はしているのですが、いただいたコメントはいい勉強になりました。
線路のメンテですが、やっぱり自分で磨くのが手っ取り早くて確実なようです。それに脱線したり、突っかかったりしているのを世話していると、余計な手間と時間がかかるような気が。。。
<< クリーニング車の仕上げ 潤滑剤CRC 6-66の効用<... >>