潤滑剤CRC 6-66の効用<その後>

たまたま家に転がっていた潤滑剤CRC 6-66をチラツキの激しい車両の車輪に歯ブラシで擦ったところ、チラツキが嘘のようになくなって低速走行でもキレイに点灯するようになった・・・というのが1週間前。その後、毎晩のようにテスト走行を繰り返しています。

で、気になるその後の経過はというと、、、良好です ^ ^
低速でも滑らかでチラツキのないストレスのない走行を続けています。
それでも長いこと(1〜2時間ぐらい)走らせているとチラついたりしだしますが、6-66を含ませた歯ブラシで車輪を数回ゴシゴシしてやると復帰します。6-66は車輪磨きの度にいちいち歯ブラシにスプレーしなくても、一度微量を含ませてやっておけば数日間は効果が持続するようです。
レールのメンテは、動きが怪しくなった箇所に6-66をスプレーした布でレールを擦ってやってます。

6-66を塗布したレールを布で拭うと
d0147534_12381671.jpg
このように黒い汚れがつきます。ですが、これだけ汚れが付いたからといって拭く前の動きは決して悪くないんです。
全くの私感のシロート考えですが、、、今までレールや車輪にこびり付いていたスパーク汚れが、レールや車輪に潤滑剤を塗布して被膜が出来たことによって固まらずにレール上を浮遊しているのかなと思ったり、、、今までの汚れが分解されているのかと思ったり、、、定かではありませんが。。。

そんな中、気になっていたコレを入手しました。
d0147534_12382912.jpg
早速みやび鉄道3系統の最内線(ちなみに6-66は大外線で検証中)に試してみましたが、、、6-66との効果の違いは・・・・・よく分かりません。。。
当初2-26を塗布しても動きも悪くチラツキもありましたが、これは半年以上放ったらかしだったレール自体の状態も悪かったせいもあるようで、布で擦ったりするうちに不具合も解消されていきました。

その走りがこちら。まずは10系昼行編。



続いて夜行編。



スロー走行にしているのですが、ズームをきかせた動画を見ると結構なスピードで走っているように見えてしまいます。。。
それに古いカメラなので感度が悪く光をうまく拾ってくれないですね。。。機関車のすぐ後ろのワサフもどきは室内灯無灯火のように見えます。


1時間以上走らせたキハ82の車輪の状態です。
d0147534_12383954.jpg
厄介でしつこいスパーク汚れも付着することなくキレイな状態を保っています。

ただ不吉な出来事が・・・・
d0147534_12385086.jpg
キハ80の動力車のトラクションゴムタイヤがちぎれて外れてしまいました。もう片方もそろそろ千切れそうな状態になっています。

潤滑剤の影響でゴムが痛んだのか!? 切れた状態を見るともともと劣化していて朽ちてしまったような気もするし。。。そうであって欲しいのですが、潤滑剤を塗布する前のゴムの状態を確認していないので何ともいえないですね。。。ただ同じぐらいの時間走らせていたEF81のトラクションタイヤは特段異常は見られません。
ゴムタイヤを取り替えたのでここらあたりも注意して見守ってみます。

1週間経過しての印象ですが、チラツキのない滑らかな走行に大満足しています。心配していたスリップも勾配のないみやび鉄道では気になるような場面には遭遇していません。レールに溶剤が付き過ぎたかなと思ったら布で拭ってやっています。

引き続き潤滑剤の効用や6-66と2-26の効果の違いなども検証していきます。
こんなことばかりやっているので、車両整備工場は一足早く長期正月休みに入ってしまったようです。。。
[PR]
by miki6375st | 2009-12-12 13:00 | 床上レイアウト | Comments(16)
Commented by LTDpegasus at 2009-12-12 21:25
そうたさん、こんばんは。
車輌整備工場は正月休みに入っても、こういう事が今後に役立つでしょうから良いのでは?
動画アップ方法のご指導ありがとうございます!
貸レでの動画をアップ出来るように、もう少しがんばってみますね!
Commented by ミズ at 2009-12-12 21:43 x
そうたさん、今晩は。
トラクション・タイヤ・ゴムの件はさておき、5-56,6-66,2-26の効用はアリそうですね。クリーニング・カーに使っても良さそうです。
小生、自分の家での運転はテスト・コースだけなので、暫く放置状態のレールでクリーニングしてみます。
Commented by nabet at 2009-12-13 00:20 x
初めまして
5-56,6-66,2-26はゴムには影響が無い訳でないそうです。
KUREのHPのFAQには詳細が記載してあります。
Commented by トータン at 2009-12-13 09:26 x
これも大事な作業です 鉄道模型には直接関係内のですが 実際に走らせるには欠かせない作業ですね トラクションタイヤの磨耗って結構あるんですよ~ 原因は何か? 当方ではこの様なもの使っていませんが それでもぼろぼろになります 電車用のトラクションタイヤは少し確保出来たのですが 電機用、蒸機用のものは入手できません 81北斗星がピンチなんです 平気なものはいつまでも平気なのに なにが原因なのか? 難しい問題です!
Commented by mawashiw at 2009-12-13 11:55 x
5-56の無香性はゴムに影響がなさそうですね
無香性の説明にはゴム・プラスチックにも使用できるため、いちだんと幅広く、
防錆・潤滑効果を活用できます。

と書いてあります    

あと、youtubeで招待しているのは私です 宜しくお願いします
Commented by mawashiw at 2009-12-13 12:20 x
ペンタイプの5-56で試してみることにします
(家にありませんのでいつになるかわかりませんが・・・)
Commented by そうた at 2009-12-14 17:12 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
チラツキのない滑らかな低速走行に、毎夜見入ってしまって2週間近く経ちますので、そろそろ何か手を動かしたいという気持ちも芽生えはじめた感じです。
動画投稿成功、おめでとうございます。これから貸しレでの動画アップを楽しみにしていますよ。
Commented by そうた at 2009-12-14 17:29 x
ミズさん、ありがとうございます
チラツキ防止にはびっくりするような効果がありました。効率よく通電できるようになったんでしょうね。
小さなコースだと溶剤を含ませた布でレール上を擦ってやるだけで効果がありますよ。付きすぎたかなと思ったら布でぬぐってやってくださいね。
今のところうちでは特に不具合は出ていないですね。前出のトラクションタイヤの件も溶剤の影響ではなく劣化していたのだろうと思われます。かえって適度にウエットな状態になっているので、ゴムを乾燥してひび割れるという事態から守ってくれるのかなという感じもしています。
Commented by そうた at 2009-12-14 17:36 x
nabetさん、初めまして、ありがとうございます
私もメーカーのその注意書きには目を通していますが、メーカーがこんな風な書き方をする場合は、ほぼ大丈夫だろうという気持ちを持っています。今回のトラクションタイヤの件も溶剤使用の影響ではなくて、それ以前からの劣化が原因ではないかと。。。
とはいえ確証が持てないので、走行終了時にゴムの状態を確認するようにしています。
Commented by そうた at 2009-12-14 17:42 x
トータンさん、ありがとうございます
トラクションゴムタイヤって、ホントに消耗品ですよねえ。各メーカーも補充しやすいようにしてくれればと思います。それに動力車には販売時に予備に2~3個付けて欲しいですよね。
うちでも全く大丈夫なモノもあれば、すぐに劣化して千切れてしまうモノもありますね。これはゴム成分の違いでしょうか?それとも大量に仕入れて保存状態の悪いものがあるのでしょうかねえ???
Commented by そうた at 2009-12-14 17:52 x
mawashiwさん、ありがとうございます
ゴムやプラスチックにどれぐらいの影響があるのかは未知数なのでこれからも注意して見守っていきたいと思っています。たぶん大丈夫じゃないかなという感触も持ってるし、程よいウエット状態になっているので保湿効果でゴムの乾燥劣化を防いでくれるのかなという思いもあります。
Commented by i-qss at 2009-12-14 21:59
そうたさん、こんばんは。
先ほどのレスは、こちらを見ないで書いてしまいました。失礼しました。
やはりレールは黒くなりますね。
でも、こちらのレポートを見る限り、悪いことは無いように見受けられます。
長期的に見てみたいですね。(^_^)
Commented by 動力車操縦者 at 2009-12-14 22:36 x
そうたさん、こんばんは
今回のテストは参考になりました☆
レールのメンテには効果ありそうですね!!
トラクションタイヤのゴムの劣化は仕方ないようですね・・・。
原因は走行による磨耗、酸化や温度変化、紫外線などによる劣化のようです!
当鉄道管理局では予備品として電機カマ用、電車用をストックしています。
KATOから発売されていますので予備品のストックをお勧めします!!
今後も何か変化がありましたらレポをお願いします♪
Commented at 2009-12-15 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by そうた at 2009-12-15 11:20 x
taka@さん、続けてありがとうございます
全くの私感のシロート考えですが、黒い汚れはスパーク汚れが固まらずにレール上を浮遊しているのか、空気中の汚れが被膜に付着しているのか、そんなところではないかと考えています。
平坦なレイアウトではスリップすることなく滑らかな走行を続けていますので、今のところ問題はなさそうです。
今後もこれの経過報告は随時させていただきますね。
Commented by そうた at 2009-12-15 11:26 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
ちらつかなくなった低速走行にホントに見とれてしまうほどです。
トラクションタイヤも前にMA車両が立て続けに外れるという事態が起きたときに消耗品だという認識を持って、ある程度数種類の予備を確保しています。
メーカーさんも消耗品だという分かっているんだったら、常備してもらってもう少し入手しやすくしてもらいたいですよね。
<< CRCの効用<その後のその後> 救世主現る!? >>