救世主現る!?

ここのところ夜毎行っているひとり運転会。低速で走らせる車両をゆったりと眺めて作り込んだ車両内部を覗き込みたいというのが理想形ではありますが、、、実際にはいくらレールや車輪をクリーナーで磨いてもある程度スピードを上げないとチラついてしまうし、スピードをあげると車内をじっくりと覗き込む間もなく車両は通り過ぎてしまう、という何とも悩ましい状況になっています。

特にキハ82のチラツキには頭に来るほどで。この車両はライトユニットをコンパクト化したせいで床パーツと床下パーツとの噛み合わせが甘くなって接触不良を起こしている可能性もあると思われ、構造改造工事も頭を過る中、腹立ちまぎれに、とある溶剤を車輪に塗布したところ・・・なんと!チラツキ防止に驚くような効果がありました。

まずは映像をご覧下さい。中間車2両は室内灯未装着です。
10年前の古いデジカメの動画機能なので、画質も悪く音声もない見苦しい画像でゴメンナサイ。



画像が悪いので分かりにくいかと思いますが、今までだとコンディションのいい車両でもチラチラしていた低速レベルでも全くチラつかなくなりました。


とある溶剤とはコレ!
d0147534_1095667.jpg
既にお試しの方もいらっしゃるかと思いますが、潤滑剤CRCです。私の使用したものは船舶用のものですが、性能自体は一般的な5-56とあまり変わらないようです。

使用方法は歯ブラシに微量含ませてそのまま車輪をゴシゴシ。
なじませるために高速で床上レイアウトを何周かさせます。そうすることでレールにも塗布できて表面は滑らかスベスベ状態になります。
ただ付けすぎると潤滑剤なのでスリップしやすいです。ほんの微量で良さそうです。

KURE工業のHP掲載の5-56のFAQを見ても、レールや車輪に悪影響を与えるモノではなさそうな感じです。
コレ自体は通電しないものの皮膜が薄いので接点部位では通電するとのこと。それに接点復活剤の効果もあるとか。チラツキがなくなったのはこの影響でしょうか???
機関車もこころなしか滑らかな動きをするようになった感じがします。

ただやっぱり車輪や集電用パーツ、レールのクリーニングは欠かせないようです。ここらあたりをしっかりやった上で、仕上げに使うという感じでしょうか。

土曜日にやってまだ3日目。まだまだどんな影響がでるのか検証中です。あくまでもベータ版的な情報だということでことわっておきますが、もし追従レポをして下さる勇敢な方(自己責任で ^ ^ ;)がいらっしゃればお願いしたいと思います。
私も随時、状況報告をしていきますので。

今回のことで分かったことはLEDの性能は低速走行時の電圧でも十分に光るということ。チラツキの原因はレールから車輪に効率よく通電していなかったということで、ひとつ勉強になりました。

2-26という防錆・接点復活剤というのも気になっています。
[PR]
by miki6375st | 2009-12-08 10:24 | 床上レイアウト | Comments(8)
Commented by ミズ at 2009-12-08 20:20 x
そうたさん、今晩は。
6-66にこういう使い方があるのは知りませんでした。
小生は、海釣りの後のリールのメンテナンスに使っていました。5-56と6-66の違いはラベルにマリーン用と書いてあったので購入しましたが、潮に強い成分が入っているのでしょうかね???
ライトがチラ付く車両がかなりあるので早速トライしてみます。いい情報をありがとうございます。
Commented by LTDpegasus at 2009-12-08 22:49
あの、車輪に付いた厄介な黒い汚れがCRCでササッと取れるのでしょうか?
私はいつも爪楊枝などでコリコリと取っていましたので、ナイスな情報に感謝です!
しかも動画付き! 
私も以前、動画をアップしようと思ったのですが、方法がさっぱり解らずに諦めました。
もう一回トライしてみようかな・・・?
Commented by 動力車操縦者 at 2009-12-10 22:29 x
そうたさん、こんばんは
なるほど・・・こういう使い方があるんですね☆
室内灯のチラツキも解消され、効果も検証済みなんですね!!
この他にも2-26というモノもあるそうで・・・コチラをお試しされましたら
ブログへのレポをお願いします!
また今後の経過も気になります♪
Commented by そうた at 2009-12-12 13:25 x
ミズさん、ありがとうございます
私もこの効果にびっくりしました! これでチラツキが解消されるとすごくお手軽で安価な手段なので万々歳なのですが。まだまだ走行検証中なのでどんな影響があるのか、落とし穴があるのかは分かりませんが、チラツキのない滑らかな低速走行に大満足しているので、しばらく健勝実験は続けてみます。
もし試されたのであればブログでのレポをお願いします。私もいろんな情報を欲しいので。
Commented by そうた at 2009-12-12 13:31 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
車輪にこびりついてしまった黒い汚れはやっぱりコリコリと落とさないといけないようです。これは磨いて状態がよくなったレールや車輪に仕上げに塗布するという使い方でしょうか!?
でもこれを塗布して被膜ができたせいか、黒い汚れがこびりつくことはなくなったような気がします。
動画、私もやり方がわかりませんでしたが、再生画像ページの右の欄にある「埋め込み」のコードをコピペしてブログ原稿に貼り付ければOKでした。
Commented by そうた at 2009-12-12 13:36 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
わたしもこの効果にびっくりです。今までギヤなどに塗布したことはありますが車輪やレールには「スリップ」が頭をよぎって試したことはありませんでした。
2-26も試してみましたが、違いはよく分かりません。
検証実験と称して、滑らかでちらつきのなくなった低速走行に大満足で、夜毎ゴロゴロししています。経過レポも随時やっていこうと思っています。
Commented by i-qss at 2009-12-14 21:50
そうたさん、こんばんは。
CRCの意外な使い方、驚きました。
ちょうどさっき買ってきたところでしたので、試してみようと思います。

ところで、「LOCO」はご存じありませんか?
20数年ぶりにN復活したとき、これを使って昔の車両のメンテをしました。全然走らなかった車両がエンドレスを数周する間に完全復活しまして、驚くべき効果があります。
ただ、反面レールを布で拭くと真っ黒になり、CRCと同様に付けすぎはスリップの原因になりました。そのため、一部の貸レでは使用禁止になっている品物であります。
このCRCも同様な印象を受けますが、レールの汚れはどうでしょうか?

私は今はLOCOは使わなくなりました。どうしてもヘンな動作をする場合のみごく少量使い、そのあとは布で拭き取っています。
Commented by そうた at 2009-12-15 11:14 x
taka@さん、ありがとうございます
私もこの効果にびっくりしました。ただ潤滑剤なのでスリップしやすいという痛し痒しの面もありますが、程よく塗布する分には今のところ問題はなさそうです。
LOCOはチラツキ防止に効果がありそうだったので使ってみたかったのですが、なにしろ高価なシロモノなので躊躇しているうちに買わずじまいになっていました。
LOCOもCRCと同じような症状になるんですね。スリップするということは潤滑効果が通電を良くするのでしょうか???
なにしろ試し始めたばかりなのでこれからも検証を続けていきたいと思っています。
<< 潤滑剤CRC 6-66の効用<... EF57-1 カプラー交換 >>