ワサフ8000タイプ 床下工作

スニ40とコキフ10000を種車とするワサフ8000タイプへの車体改造工作。
d0147534_931354.jpg
スニ40のをベースに、デッキ部分はコキフ10000のを使いたいと思い、それぞれを切断。

ここで大失敗に気づきました。。。。
d0147534_93233.jpg
床下パーツを切り過ぎてます。まあH鋼構造のような床下部分は、カットするか平面化しようと思っているので、何かで補修する方向で考えておきます。

それぞれの切り口を真っ直ぐにしきれませんが、ウエイトを介して繋ぎ合わせようという作戦です。
d0147534_933335.jpg
テールライトの穴も先に開けておきましょう。

ここでざっくりと組み合わせて具合をみてみます。
d0147534_934314.jpg
側面部分が1mmちょっと長いようだし、車掌室部分もスニ40の床下にうまく収まりきれていません。もうすこし調整が必要ですね。

台車の集電機能追加工作。
d0147534_935229.jpg
金具はTOMIXの集電用を使用。
d0147534_94176.jpg
ピンパイスで適当な穴をあけて組み込んでいきます。
[PR]
by miki6375st | 2009-09-09 09:26 | 小工作 | Comments(2)
Commented by LTDpegasus at 2009-09-10 23:21
ざっくりと組み合わせた状態でもイイ感じになっていますね!
この後、そうたさんの技術でどのようにビシッ!ときまるのかが楽しみです。
TOMIXの集電金具がイイ具合で使えるのですね!
これは良い事を教えて頂きました。 ありがとうございます。
Commented by そうた at 2009-09-11 08:54 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
切断した断面をきれいに平面にしきれないので、弾力性のあるスーパーXでごまかしながら張り合わせていこうかなと思っています。
この集電金具は接触不良なのかどうか、うまく光ってくれなかったので、やりかえることにしました。試行錯誤の連続ですがめげずに頑張っていきます!
<< 台車の集電機能工作 やり直し 初の車体改造に挑戦! >>