ちまちまと、、、部品作り

スハニ32に取り付けるパーツ類を自作していきます。
まずは乗降扉用の手すり
d0147534_844690.jpg
素材は0.26mmの真鍮線

0.34mmの銅線を素材に乗降扉下のステップを
d0147534_8441762.jpg
取り付け強度を上げるためにクランクに曲げて扉の裏側までまわして接着していきます。

0.5mm厚のプラ板に穴をあけ、0.3mmのケンタカラーをL字に曲げて
d0147534_8442645.jpg
解放テコを作っていきます。
d0147534_8443553.jpg
0.3mmのプラ板を1mm径に抜いてジャンパ栓の素と、ケンタカラーと銅線を組み合わせてエアホースの素も。
[PR]
by miki6375st | 2009-08-13 09:00 | オハ35系 | Comments(4)
Commented by LTDpegasus at 2009-08-14 20:29
スハニ32の外装部品の準備完了ですね。
とにかく、部品を自作できるって事がスゴイ!!
HGスハニ32の完成を楽しみにしています。
Commented by 動力車操縦者 at 2009-08-16 22:53 x
そうたさん、こんばんは
暑い中での細かい作業、乙です☆
つい既製品に頼っていますので、こういった様々なパーツを
自作されているのには感心します!!
こういったところも見習いたいです!
スハニの準備も進んでいるようですので完成が楽しみです♪
Commented by そうた at 2009-08-21 08:44 x
LTDpegasusさん、ありがとうございます
部品作りもだいぶ慣れてきました。雰囲気重視なので、適当にやっていますが、黒く塗って床下に取り付けてしまえば、それなりにイイ感じになってくれています。
カメ作業ですが、ぼちぼちとがんばります!
Commented by そうた at 2009-08-21 08:50 x
動力車操縦者さん、ありがとうございます
部品作りももっと精度をあげていけばスゴイものができるのでしょうが、うちの技術力ではこのぐらいが精一杯です。。。
黒く塗って床下に取り付けてしまえばそれなりの雰囲気がでるようです。旧型の車両は資料写真も少ないことをいいことに、雰囲気重視の工作になっています。
作業スピードは格段に落ちていますが、ぼちぼちとやっていきます!
<< スハニ32 部品の取り付け 夏ダレ・・・ >>